ENG JPN

2021年1月1日、The KLFが突如ストリーミング解禁

5部作の第1弾

 

 

アンビエント・ハウスやチルアウトミュージックを広く浸透させながらも、UKレイヴカルチャーに多大な影響を与えたグループ The KLF が、2021年1月1日に突如としてバックカタログから8曲を収録したコンピレーションアルバム『Solid State Logik 1』を配信リリース。さらに全曲のMVが新たに開設されたThe KLFのYouTubeチャンネルにアップロードされた。

 

The KLFとしては、1992年に全てのディスコグラフィーを廃盤にして以来、29年ぶりの公式な音源の解放となる。「3AM Eternal」「What Time Is Love」などの代表曲が収録。

 

 

Bill DrummondとJimmy CautyによるThe KLFは、1992年にブリット・アワードにて最優秀ブリティッシュ・グループ賞を受賞、他にも数々の部門にノミネートされた。授賞式のライブパフォーマンスではUKクラストコアの代名詞的バンドExtreme Noise Terrorを引き連れて、「3AM Eternal」のハードコアパンクバージョンを披露。パフォーマンス後半にはビルが客席に向かってマシンガンで空砲を撃ち、メンバーがステージを去ったあと「KLFは今、音楽業界を去った」とアナウンスされた。受賞式後のパーティーが催されたホテルの外に、「私はあなたのために死にました、どうぞ召し上がれ」というメッセージと共に死んだ羊を放置。その後、実際に全て作品を廃盤にして、音楽業界から引退している。

 

1997年に2K名義での作品リリースもあったが、今回はThe KLFとして今後の展開も予告されている。今作『Solid State Logik 1』は5つのチャプターからなるリリースの第一弾となり、この後も残りのリリースが控えているようだ。

 

BBC Newsによると、イーストロンドンのショーディッチの高架下に2枚のポスターが貼られ、今回のサプライズ復活は予告されていたとのこと。

 

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more