ENG JPN

Marukido interview

闇とポップに向き合い続ける理由

 

 

2019年秋、台風19号の直撃により悪夢のような夜が日本列島を襲った。そんな悪夢から逃れようと誰しもがインターネットにかじりつく中、『合法JK』のミュージックビデオをリリースし、フィメールラッパーとして鮮烈なデビューを果たしたMarukido。中毒性の高いフックと唯一無二の世界観で、彼女はデビューから程なく一気に注目を集めた。その後もHipHopインタビュー番組『ニートtokyo』に出演し、類まれなるキャラクター性を発揮。彼女のエキセントリックなトークに魅了されたリスナーも多いだろう。

 

令和元年を猛スピードで駆け抜けた彼女の勢いは衰えることなく、初EP『Children’s Story』収録の新曲『Lil 宗教 Jr.』のMVを1月17日に公開した。ニートtokyoのインタビューでも挙がった〈宗教2世〉という自身が抱える苦悩や経験がもととなり生まれた作品だ。日本における新興宗教を取り巻く問題に焦点を当てた本作の客演には、同じく特異なバックグラウンドを持ちながらも映画脚本家・俳優など幅広く活動中の宏洋を起用。それぞれの苦悩と強烈なパワーが交差する本作をリリースしたMarukidoを中心に、客演で参加した宏洋、ビートを手掛けたTRASH 新 アイヨシの3人に話を訊いた。

 

Text & Photo by yukinoise

 

 

– 初EP、そして話題の『Lil 宗教 Jr.』のリリースおめでとうございます。『合法JK』に続きまたも衝撃的な作品を発表されましたが、今回の制作に至ったきっかけを教えてください。

 

Marukido : 『合法JK』のリリース後、ニートtokyoという番組に出させていただいた際に、自分が宗教2世であることについて話したんですよ。それが思ったより反響があって(笑)視聴回数はもちろん、SNSで「自分も宗教2世なんです」というDMを多くいただきました。宗教2世の問題について声を上げている人は少ないんですけど、実は内々的に悩んでる人も多いんだなと改めて気づかされました。ちょうどその時期くらいに、以前からファンだった宏洋さんからTwitterをフォローバックされて(笑)これはもう宗教2世についての作品を作るしかない!と思い宏洋さんを誘ったところ、快く引き受けてくださいました。

 

 

– このお誘いを受けたとき、宏洋さんはどんな気持ちでしたか?

 

宏洋:Marukidoとは『合法JK』がバズってから知り合ったし、ラップに挑戦したのも今回が初なんです。本業はミュージカルの舞台や映画俳優なんで、新境地というか「大丈夫かな?」とワクワクドキドキしながら取り組みました。ミュージカルだと、ストーリーを説明する歌詞の楽曲を何百回も練習するんですけど、ヒップホップの現場はそれと真逆のような印象を受けました。流れで歌詞が変わっていったり、雰囲気やアドリブ力を求められたりするのが面白かったです。「霊言」とかはっきりと固有名詞を言っちゃっていいんだ!と驚く反面、安心したというか作りやすい部分もありました。声を上げるべきところにはしっかりと上げていく。すべてが新鮮というかとても勉強になりましたね。

 

 

– 元々エンターテイナーとして活動されていますが、音楽は初めてだったんですか?

 

宏洋:いや、学生時代にバンドはやっていたので初めてではなかったです。でも90年代のヴィジュアル系みたいなバンドの後ろベースをやっていたくらいで、ヒップホップは本当に初めての試みでした。冒頭で召霊したLil Peepすら知らなかったです…(笑)

 

Marukido:Lil Peepを召霊させたのはビートを提供してくれたアイヨシくんのアイデアなんですよ。

 

– そうなんですね。あのアイデアはどこから降ってきたのでしょうか?

 

アイヨシ:デモで作業していくうちに話が広がりすぎちゃって、結局また1からビートを作り直す流れになったんですけど「せっかく宏洋さんを起用しているんだし、誰かを召霊させちゃう?」と悪ノリの提案をしちゃって(笑)その流れで「スゥ…Lil Peepです…」って口に出したところから生まれました。

 

 

– たしかにビートもLil Peepを彷彿させるエモ・トラップのような印象を受けました。ビートの制作で意識した部分はありますか?

 

アイヨシ:召霊させたのもあって、Lil Peep『Aquafina』のコード進行を参考にしています。自分が YüksenBuyers Houseというドリームポップ系のバンドをやっているのもあって、そのへんのレトロな音づかいも混ぜ込んでみました。あとはブラックフライデーのセールで手に入れた音源集もあったので、それを触りながらMarukidoの要望を聞きつつ作っていった感じですね。作業が終盤に差し掛かったとき、雰囲気を一気に変えたいとMarukidoが言い出したので後半はガラッと変えてみました。

 

Marukido:私は宗教2世の苦悩や悲しみについて歌ってますが、宏洋さんのリリックからは強い怒りのエネルギーを感じたんですよ。彼の特殊なバックグランドや境遇をリアルに落とし込むためには、雰囲気を変えていくしかないなって。

 

アイヨシ:2人のリリックに傾向の違いもあったので、宏洋さんのバースはハードな雰囲気い仕上げています。元々あった仮のビートを後半に使う予定だったんですけど、前半との流れを考えると強引すぎたので、ここは1時間くらいで大枠をガーっと作りました。

 

 

– リリース後、各メディアやSNSで話題になったり物議を醸したりと、本作について様々な捉え方をされていますよね。興味深いテーマではありますが、Marukidoさん自身が本作で本当に伝えたいことはなんですか?

 

Marukido:無宗教と自負する人が多い日本ならではの社会問題というか、宗教ハラスメントについて伝えたかったんです。親が信仰している宗教を強制的に信仰させられるだとか、強引な宗教勧誘などが宗教ハラスメントにあたるのかな。宏洋さんはまさに親子間で宗教ハラスメントを受けていますし。なので、特定の宗教や団体を批判する曲ではないんです…!

 

宏洋:思いっきり「霊言」とか言っちゃってますけど、あれはあくまでエンタメです。椎名林檎さんが「シドヴィシャス」って歌ってるのと近い感じ(笑)

 

Marukido:宏洋さんがかつて属されていた宗教を信仰しているラッパーのItaqくんが、この曲にアンサーをくれたんですよ。その際、宗教ハラスメントについて彼と少し話したんです。私たちは信仰を強要された側ですが、彼の場合は信仰していることに対して周囲に悪く言われてしまうようで。信仰しないことを強要するなという彼のフラストレーションと、わたしたちの伝えたいことの本質は『信教の自由』という点で一致しているなって結論に至りました。

 

 

– 宗教ハラスメントのように、今の世の中では様々なハラスメントが蔓延しています。Marukidoさんは他にもハラスメントを受けた経験はありますか?

 

Marukido:最近、リアルハラスメントを受けました(笑)他のラッパーさんとかに「お前みたいにお遊びヒップホップでこっちはラップやってねぇんだよ」「曲が全然リアルじゃない」と言われてしまい、ショックというかモヤモヤすることあって。流行りのトラップにちょっとエッチなMVを載せるようなコンテンツにラップを利用するな!みたいな。でも『合法JK』も『Lil 宗教 Jr.』も私の人生で悩み苦しんだことや問題を題材としてますし、これが私のリアルなんです。この3人だって全然違う人生を歩んでいるし、悩んでることだって違う。人それぞれのリアルがあるのに、なんでそっちのリアルを強要してくるんだろう…って思いました。どのへんがお遊びのように映ってしまっているのかも考えさせられましたね。

 

アイヨシ:お遊びヒップホップってか、そもそも遊ばないと楽しくなくない?

 

Marukido:あれは完全にdisとして言われてますね(笑)でも「悪いことをしてお金を稼がなきゃいけないような境遇の中、ラップを使ってちゃんと正攻法でお金を稼いでいく」みたいなスタンスの人にとっては、私はお遊びなのかもしれません。

 

 

– 自分なりに問題と向き合っていくという根底の姿勢は彼らと一致するように見えますが、それでもリアルハラスメントを受けたり、物議を醸してしまうのはテーマのチョイスやプロモーションが理由なんでしょうか?

 

Marukido:PRの仕方は色物だと自覚してます。社会問題を提起していくためには多くの人に知られないといけないので、あえてバズるように仕掛けてますね。だから自然と色物になってしまうのかも。

 

宏洋:彼女は話題を察知する力があるというか、嗅覚が鋭いんですよ。『合法JK』のように、みんななんとなく知っている問題に対して切り込む人ってあんまりいないじゃないですか。『Lil 宗教 Jr.』では、珍獣みたいな僕を上手く料理してくれたし、自己プロデュース力に溢れているなとは思います。

 

Marukido:そもそも宗教2世って今の社会ではあまり知られていない問題なんですよね。宏洋さんを知らないリスナーも多かったし。だからこそヒップホップを入り口にして問題に触れてもらおうというか、あえて社会に切り込んでいくようなテーマを意識して選んでいます。

 

 

– なるほど。なぜヒップホップを問題提起の場として選んだのですか?

 

Marukido:言いたいことをしがらみなく言える場としての音楽が、わたしの場合はヒップホップだったんです。宏洋さんがヒップホップで感じた「こんなこと言っちゃっていいんだ」じゃないですけど、自分の言いたいことは100%で発信したくて。「女が音楽語るな」「アイドルでもやってろよ」とdisられてしまうこともありますが、どう言われても自分なりのかたちで問題と向き合っていきたいんです。昔はヒップホップの現場と直接繋がりがないとライブや音源を出すことができなかったと思うんですけど、今はインターネットやSNSで自分の城を築けるじゃないですか。そこで自分の世界を守っていきながらも発信できる時代だからこそ、ヒップホップを選べたのかもしれません。

 

– ありがとうございます。最後に、Marukidoとしてどのように問題と向き合っていきたいか教えてください。

 

Marukido:今回のEPのテーマでもあるんですけど、社会の闇や問題に対してあえてポップに向き合っていきたいと思っています。以前、起業のために資金調達しようとした際に、投資家から身体の関係を求められたんですよ。最初はSNSで晒してしまいたいくらい腹が立ったんですけど、ちょっと違うなって思って。怒りを別のかたちで昇華したくて作ったのが『合法JK』で、そこからMarukidoが生まれました。なのでこれからも自分なりの捉え方で問題と向き合いながら、Marukidoとしてリアルを伝えていきたいです。2020年の歴史に残る気持ちでやっていきます!

 

 

Artwork by Daiki Miyama

 

Marukido – “Children’s Story”

01. Lil 宗教 Jr. (feat. 宏洋)

02. 合法JK

03. 資本主義Workers

04. AV女優

05. ひよこのぬいぐるみ

link : https://linkco.re/DXXXhYbE

 

 

〈Marukido info〉

 

 

2020/2/7 深夜

VENUE : CIRCUS Tokyo

OPEN・START: 23:00

ADV: 2000 / DOOR: 2500 / U23: 1500

 

LIVE:

S亜TOH

gato

なかむらみなみ

OKBOY Dogwoods

Menace無

論理

Marukido

 

DJ:

stei

eitaro sato (indigo la End)

mesugorillachan

nasthug

ALICHANMODE

東京亜種

Clayton Fox

TRASH 新 アイヨシ

 

VJ:

たすけてセンター街

 

Flyer:

shun mayama

 

 

〈宏洋 info〉

宏洋主演監督作品 映画『グレー・ゾーン』

2020年下半期公開予定 詳細はこちら

 

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE

2020/09/29

リメイクされたバーチャル渋谷PARCOで「AVYSS GAZE vol.4 Exhibition -Remake-」が開催

期間:9/29〜10/6 more

2020/09/18

AVYSS GAZEが、JUN INAGAWA、BBBBBBB、Masatoo Hiranoとのコラボアイテムを公開

トレイラーや仮想世界URLも公開 more

2020/09/17

Mass Infection Virtual Gig Report

JUBEEがバーチャル空間で見せた新しいエンターテインメントの可能性
 more