ENG JPN

モダンヒスパニック系パンクとしてのレゲトン・ダンスホール

Clara!の2曲入り新作。ビートはLow Jackが担当。

 

 

ブリュッセルとガリシアを拠点にするDJ/シンガーで、レーベルPRR! PRR!のファウンダーの1人であるClara!は、Low Jackが主宰するレーベルEditions Gravatsからはミックステープ『Reggaetoneras 2』、『Reggaetoneras 3』をリリース。またMaoupa MazzocchettiとのプロジェクトClara! y Maoupaで、EP『Meneo』をリリースしている。彼女の音楽は、Editions GravatsのサブラインであるLes Disques De La Bretagneのカラーとしても言えるがミュータントなレゲトン/ダンスホールミュージックである。

 

そんなClara!の新作『Meiga de Acero』がEditions Gravatsからアナウンスされた。2曲入りのこのEPは、現代のヒスパニック系パンク音楽としてのレゲトンダンスホールをコンセプトにしており、ビートはLow Jackが担当している。先行で収録曲「Meiga」が公開。

 

プレオーダーはこちら。3/8リリース。

 

 

 

Tracklisting

01.「Acero」

02.「Meiga」

category:NEWS

tags: / / / /

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more