Sebastian Cowan(Arbutus Records)|インタビュー

GrimesやTOPSなど輩出したArbutusファウンダーのSebastian Cowanインタビュー。

 

 

GrimesTOPS(前身のSilly Kissers時代から)、Sean Nicholas SavageBlue HawaiiTonstartssbandhtBraidsなど錚々たるアーテイストを輩出したカナダはモントリオールを拠点に置くインディレーベルArbutus Records。1年、数ヶ月単位でトレンドが入れ替わり、浮き沈みの激しい音楽業界でクローズするレーベルも多い中、なぜArbutusは10年もレーベルを続けてこられたのか。今回のインタビューを読むと、ArbutusのファウンダーがSebastian Cowanだったからこそ、ここまで続いているのではという印象を受ける。まずはアーティストとレーベルの信頼関係を重要視している点は、日本も見習うべきかもしれない。今回のインタビュアーはSebastianと以前から交流があるTeen RunningsSauna Coolの金子が担当している。

 

 

– モントリオールのレーベルとしてやりづらさを感じることはある?

 

Sebastian Cowan(以下、Sebastian) – モントリオールが好きだよ。ロンドンにも数年住んでいたことがあって、あそこは音楽業界と密接に関わるにはいいところだと思う。ただ、アーティストやミュージシャンとより近く深い関係を築くことができるという点ではモントリオールの方がいいかな。音楽業界で働いてる身とはいえ、仕事の関係者よりもアーティストとより一緒に時間を過ごしたいのが本音かな。

 

– モントリオールとロンドンの大きな違いは?

 

Sebastian – ロンドンは、同じ業界にいて、どのバンドも業界関係者も高いレベルにあって、とても刺激を受けた。逆にモントリオールは庶民的でDIYな感じが強いかな。

 

– レーベルのアーティストはどうやって探している?

 

Sebastian – ほとんど友達からの紹介で。

 

– 誰かアジアのアーティストは知ってる?アジアの音楽シーンやアーティストに興味をもったり調べたりしたこととかは?

 

Sebastian – アジアのアーティストにはすごく興味があるんだけど、なにしろ行ったことがないから情報を仕入れることができなくて・・・。いつかArbutusのバンドとツアーでアジアを回りたいな。

 

– これまでArbutusのバンドは日本によく来ているのにセバスチャンはどうして来ないの?忙しすぎて来れない?

 

Sebastian – 飛行機代が高いから!バンドはライブで飛行機代をまかなうことができるけど、僕には一銭も入ってこないから僕は全額支払わないといけないし・・・。

 

– 日本では一切なかったんだけど、僕がモントリオールに住んでいた頃、Arbutusが主催するイベントが、ジェンダーやジェントリフィケーションの問題があると地元の人にFacebook上で言われて、中止になったことがあったよね。レーベルオーナー、イベントのオーガナイザーとしてどうやってそういった問題に対処すべきか聞きたい。

 

Sebastian – そういう問題はいつも気をつけて意識を向けるようにしている。「人は常に学んでいる」と知ることが大事だと思う。

 

View this post on Instagram

Don’t even know where to start. It’s crazy that what started as a make-work art project has blossomed 10 years on. Couldn’t have done it without the countless ppl that have helped along the way, and it was an honour to be able to share this party with so many of them from the past, present and future. Endless thanks to @sebdiamond & the team at @redbullmusic, to @shaydakid & @whoisarock who were able to do up the space in a way that delivered a next level experience without compromising the roots from which we grew, and all the musicans & artists who traveled near & far to stay up all night ringing in the next decade. @editorialmag, @julianbozeman, @krisguilty, and @charmantetcourtois for their art installations. And the performers @danielb_w, @sorrygirlsband, @grahamvanpelt, @shedevilsinc, #seannicholassavage, @tttopsss, @trubluhawaii, @mariedavidson.official, @projectpablo, @genetellem, with a special shoutout to @cadenceweapon’s unbelievable 6am dj set closing out the party. To anyone and everyone who has ever listened to our music, come to our parties, booked our shows, distributed & manufactured our records, and more. You are the inspiration. Love for decades to come. One way or another, we are poised on the edge of forever 🌈

A post shared by Arbutus Records (@arbutusrecords) on

レーベル10周年の記念パーティーは所属アーティストなどに加え、Marie Davidsonも出演。

 

 

– 日本のメジャーレーベルがアーティストに月に何十曲も作らせてる(※諸説あります)とは前から言われていて、でもそれってアーティストに対する敬意が全くなくておかしいと思うし、業界やレーベルはアーティストの創造性を尊重すべきだと本当に思う。Arbutusには色があると思うけど、色が違うからと言って、上がってきた曲を修正させたり却下したこととかってある?

 

Sebastian – それはおかしいね。僕には全く想像できない。Arbutusでは自分はアーティストのためにいることを心がけている。彼らがやりたいことなら、それが何であっても手助けするのがレーベルかな。

 

– ということは、バンドの新曲に「ノー」といったことはない?時々?(笑)

 

Sebastian – アーティストを信じているのなら、サポートに徹するべきかと。

 

– 日本では大きなレーベルと契約することがいまだに最終地点だけど、他の国ではMac DeMarcoのように世界的に有名になっても当初のレーベルにとどまるアーティストがいるよね。それはプロモーション費用がなくても大きなレーベルと競合できるある程度の環境があるのかなと思う。つまり、ArbutusのBraidsがJunoアワードで賞をとったように、音だけがしっかり評価されているということ?

 

Sebastian – 確かに大きいレーベルにはより予算があるけど、レーベルのディストリビューションとプロモーションに基本的な水準があれば、バンドのキャリアは(レーベルではなく)作品の出来次第で決まる。作ったレコードがどれだけ良いか、そして今世の中に求められてるものかどうかってこと。

 

– 印税はどうしてる?

 

Sebastian – レーベルとアーティストで純利益を折半している。ビジネスにおいて道徳的にもっとも正しいとされている割合だね。

 

– 日本では、音楽はアートというよりエンタメとしてみられているけど、カナダやアメリカではみんな音楽をアートとしてみていると個人的に思う。業界の人間としてそれはどう感じる?

 

Sebastian – 北米では音楽は確かにアートとしてみられているね。アートとエンタメの違いは、後者は商業的、ということだと思う。音楽ももちろん売買されて金銭のやりとりがあるから商業的と言えるんだけど。アートと商業の交わる部分というのはいつもやっかいで、多くの西洋人アーティストが日々取り組み続けている難問でもあるんだよ。

 

– 日本ではインターネットやSNSが力を持っていて、リスナーやオーガナイザーはYouTubeの再生回数やツイッターのフォロワーなどの数字を気にして、それをアーティストの良し悪しの判断基準にしている。カナダも似たような感じ?

 

Sebastian – カナダでも同じだと思う。僕自身は音楽面だけを見てやっているつもり。好きか嫌いか。でも多くの人にとっては音楽が多すぎて聴けないから、曲を聴く代わりに数字で判断するのがラクなことが多いんじゃないかな。

 

 – 音楽のトレンドは常に変化しているけど、モントリオールは独特の雰囲気があって、Arbutusはトレンドなんて気にしていないように見えるんだけど、流行りの曲とかって聴く?

 

Sebastian – 流行りの音楽も沢山好きなのはあるけど、Top 40 Radioのほとんどの曲は好きじゃない。大体いつも1、2曲は本当にいいのがあるけど、ほとんどはうっとおしいと感じるな。

 

– トレンドは気にする?それともArbutusがいつかトレンドを作ってやると思ってる?

 

Sebastian – 「敷かれた道を進むより、道なきところに自ら道を築いて進め」 😛

 

– Arbutus10周年!次の10年でセバスチャン自身やArbutusはどうなっていると思う?でかいレーベルにしたい?

 

Sebastian – レーベルのバンドにもっと色んなことをしてあげられたらそれは素晴らしいことだよね。もし今後10年、自分たちの好きなバンドの作品をリリースし続けられるとして、彼らに活動を続けてもらうことができたらそれで僕はとても幸せだね。

 

Interview by 金子(Teen Runnings/Sauna Cool)

 

 

 

そしてArbutusのニューリリースはなんと元Think About Life、元Miracle FortressのGraham Van Peltの本名名義でのデビュー作である。ここにきて、Think About Lifeの名前を聞くとは。以前よりも抜けいいアンビエンス主体のダンスミュージック。

 

レーベルの詳細はこちら

 

 

 

<原文>

 

—Do you feel any difficulty as a Montreal based label?

 

Sebastian Cowan – I like being based in Montreal. I lived in London for many years, where it was beneficial to be more closely connected to the music industry. However, I prefer Montreal as I have a deeper and more direct connection with the artists and musicians making music. While it is true that I work in the music industry, I prefer to spend my time with artists rather the business people.

 

—What is the biggest difference you’ve felt there?

 

Sebastian Cowan – In London I got to see every band play, and I got to meet people at the highest level of their industry. It was very inspiring. Montreal by contrast is more grass roots and DIY.

 

—How do you find new artists for Arbutus?

 

Sebastian Cowan – Almost always through friends.

 

—Do you know any Asian artists?

 

Sebastian Cowan – Have you ever been interested in and checked Asian music scene or artists?I would be very interested in working with some Asian artists, it’s just hard for me to find out about them because I’ve never been there. I hope to join one of the bands I work with on tour someday 🙂

 

—Although many Arbutus bands have come to Japan, why have’t you come here with them? Too busy?

 

Sebastian Cowan – The flights are too expensive! The band’s shows pay for their flights, but because I don’t earn a show fee I would just have to pay for the full cost of the flight 🙁

 

—When I was in Montreal you cancelled some events I wanted to go, because of problems caused by gender or gentrification etc… that are raised by people on Facebook.

 

Sebastian Cowan – I’ve never had that situation in Japan but we may have similar problems so I want to ask how do you handle with these problems as a label owner and an event organizer.

I try to be as sensitive and conscious of these issues as possible. It’s important to recognize that one is always learning.

 

—It is said that Japanese big labels force artists to make over 10 songs a month. That’s so ridiculous because these songs are so away from artists and staffs definitely don’t have respect for artists. I believe music industry and labels respect creativity of artists. I think Arbutus has a particular color, so have you ever tried to modify or reject songs that artists have brought because they are so different from the color?

 

Sebastian Cowan – That sounds insane to me! I couldn’t imagine what that might be like. With Arbutus I try to be here for the artists as much as I can. Whatever it is they want to do, we’re here to help them do it.

 

—So never say no to bands’ new songs? Sometimes? 😉

 

Sebastian Cowan – I learned that if you believe in an artist, you should just be there to support them.

 

—Here in Japan, signing with a big label is still final destination but in other countries, some artists, for example Mac Demarco, stay in their “home” labels for years after they got known worldwide. I think there is a certain environment to compete with big label even if you have less budget to promote, I mean, only the sound is evaluated by people like when Braids won one of the Juno Award. How do you think about that?

 

Sebastian Cowan – While bigger labels do have more money, I think that as long as a label has a basic level of distribution and promotion that the band’s career ultimately comes down to their record. How good is it, and is it the right thing for the public at the moment.

 

—I would like to ask about royalty rate.

 

Sebastian Cowan – All of our deals are 50 net profit split. This is widely considered to be the most ethical way of doing business.

 

—In Japan, people see music as entertainment, not art. But in contrast, Canadian/American people see music as art I think. From the point of view of a man in music industry, what do you think about the difference?

 

Sebastian Cowan – People certainly regard music as art in North America. I think the difference between art and entertainment, is the latter is commercial. Music is, of course, also commercial. It’s bought, sold, and paid for. The intersection of commerce and art is always a tricky, and a conundrum that a lot of artists in the western world struggle with.

 

—In Japan internet/social media have certain power so listeners and organizers really care about numbers, like YouTube plays, Twitter followers to see how good the artist is. Is that similar in Canada? How do you think about it?

 

Sebastian Cowan – I think it’s the same here. For me, I try to work only upon the music: do I like it or not. But for most people, there’s just so much music to listen to, that it’s often easier to look at a number instead of listen to a song.

 

—Music trend is changing every moment but I think Montreal has a certain mood for music so Arbutus doesn’t seem to keep up with it. Do you like or listen to popular songs?

 

Sebastian Cowan – I like a lot of popular songs, but most of what is on the top 40 radio I don’t like. There’s almost always one or two songs on the radio that are really good, but most of it I find annoying.

 

—Do you care about the trends or want Arbutus artists to be a trend sometime? 🙂

 

Sebastian Cowan – Do not go where the path may lead, go instead where there is no path and leave a trail 😛

 

—Arbutus becomes 10 years old! What would you and the label like to be in the next 10 years? Do you want it bigger label?

 

Sebastian Cowan – It’s always great to be able to do more for the bands that we work with. If in 10 years we can continue to release records by artists that we love, and provide sustainable careers for them, then I would be very happy.

 

Interview by Kaneko(Teen RunningsSauna Cool

 

category:INTERVIEW