ENG JPN

Queer House PartyがコンピEP『Now That’s What I Call QHP』をリリース

踊れないなら、それは私の革命じゃない

 

 

ロンドンを拠点にするコレクティブ/コミュニティ・プラットフォームQueer House Partyは、パンデミック時にバーチャルLGBTQIA+パーティーとしてスタートし、クラブ再開以降はリアルイベントも開催。DJ、オーガナイザー、活動家などでメンバーが構成されている。

 

Queer House Partyが、UKガラージやハウストラックを収録したデビューコンピレーションEP『Now That’s What I Call QHP』をリリース。PANOOC、I. JORDAN、passer、J. Aria、Fiyahdred、DJ Soyboi + Salt Pillar、Ms. G、Shaunaが参加。作品の全収益は、フランスの都市カレーで難民を支援する共同募金プラットフォーム「Calais Appeal」に寄付される。

 

「2022年1月、Choose Loveによってこれらの団体への資金提供が打ち切られ、彼らの重要な活動への支援を呼びかけるため、緊急連合を結成しました。」

 

 

Queer House Party – Now That’s What I Call QHP

Release date : 6 June 2022

buy : https://queerhouseparty.bandcamp.com/album/now-thats-what-i-call-qhp

 

Tracklist

1. Panooc – Limerent Object

2. I. Jordan – Movin’ On

3. passer – ur getting vry sleepy

4. J. Aria – NO WORDS

5. Fiyahdred – Sundae Driver

6. DJ Soyboi X salt pillar – Big Splenda

7. Ms. G – Obsession

8. Shauna – All That You Touch

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more