ENG JPN

Prison Religion|インタビュー

壁を溶解するFalse PrphtとPoozy。

 

 

Prison Religionはバージニアのリッチモンドを拠点とするFalse PrphtPoozyとのデュオである。まだ日本のメディアがどこも取り上げていないこの2人は、暴力的なエレクトロニック、トラップも飲み込んだエクスペリメンタルなビート、ラップ/スクリームが絡みついた音楽である。まさにこの音楽が表すように彼らは現行のアンダーグラウンドにおいて、独自のポジションを確立している。今年彼らは『O FUCC IM ON THE WRONG PLANET』というオリジナル作品と、そのリミックス盤である『RESONANCE IN EXOPLANETARY HYBRIDIZATION』をリリースした。前者のマスタリングはSwan Meatである。後者はRabitが主宰するHalcyon Veilからリリースされており、リミキサーにはRabit、Lee GambleEndgameSwan Meatなどが参加している。一方で、BexeyMidnight SocietyOriginal GodなどとコラボするラッパーCrimewaveとアルバム『Cage With Mirrored Bars』をリリースしていたり、False Prphtのソロ作品『NIGGA IN SHEEPS CLOTHIN’』にはFatherが主宰するAwful Records所属のSlug Christが参加していたりする。彼らは2つのシーンの先端部を巻き込む稀有な存在なのだろうか。それを日本から見ていると(日本から見ているからこそ?)とても興奮するのだが、実際彼らはどう感じているのか。メールインタビューを行った。

 

 

– 音楽をどのように作り始めましたか?

 

Prison Religion – 2人それぞれに音楽のキャリアがあるんだけど、ある時ノースカロライナ空港で再会して、それで一緒にやることを決めたんだ。

 

– 音楽を作る上であなた達に影響を与えるものは何ですか?

 

Prison Religion – そうだなぁ、ポジティブなエネルギー、それにタバコだな。

 

– バージニアのシーンはどんな感じですか?

 

Prison Religion – 幅広いと思う。バージニアのシーンがこんなにも「無名」なのは、本当におかしなことだと思っていて。バージニア州リッチモンド出身のミュージシャンが、それぞれのシーンでかなりの活躍を見せているのにね。(Chino AmobiGoth Money、Missy Elliot、D’angelo、Pharrell Williams、それにSwan Meatがしばらく住んでいたのも間違いないね。)

 

– Crimewaveとは、良い関係性なのですか?

 

Prison Religion – あぁそうさ、 Crimewaveは仲間だし、素晴らしいミュージシャンだ。2016年に、『Cage W Mirrored Bars』っていうアルバムを一緒に作ったよ。

 

 

– Prison Religionはヒップホップとエレクトロニックミュージックのシーンの橋渡しのような存在だと思うんですが、どう思いますか?

 

Prison Religion – 『Cage W Mirrored Bars』では確かに、そのアイデアを試していたね。でも俺たちは、面白い音楽を作ることだけに集中するようにしているだけだと思うんだ。ジャンルの中での創作よりも、アイデアや感情、スペースを押し出すための音を作ることがより大事になっているんだ。

 

– 『O FUCC IM ON THE WRONG PLANET』の制作プロセスを教えてください。

 

Prison Religion – 宇宙を一つの空間として、楽器もしくはデザイン構造と捉えるところから、話し始めたんだ。P(Poozy)がすごくいいビートを持ってきて、それが基礎になった。そこをベースにコラボレーションを重ねて、最終的な曲の形を目指した。そして組織的に、構造的に、ボーカルを乗せたって感じだ。タイトルで表現したかったのは、虚空への宇宙的な叫び。地球は、自分たちにとってホームなのか、それとも一時的な船でしかないのか?そういう、より大きな実存的なシナリオに興味があるね。

 

 

– 今回のリミックスアルバム『RESONANCE IN EXOPLANETARY HYBRIDIZATION』はどのようにしてHalcyon Veilからリリースされたんですか?

 

Prison Religion – リリースについて、しばらくの間アイデアを話し合っていたんだけど。そのうち俺たち両方ともが、『Wrong Planet』で探れることがまだあった、と感じたんだろうね。『Wrong Planet』をRabitになんとなくDMしたのは、彼らの音楽で遊んでいたからっていうのが理由さ。それで純粋に、聴いてほしいと思ったんだ。それからアルバムを交換するようになって、彼から『Life After Death』が送られてきた。その会話の中で、俺たちがもしリミックスを作ることを決めたら、自分がそれをやりたいと申し出てくれたんだ。それで、各地域で「ジャンル」をブレンドしながらヤバイ音を作っている人らに直接連絡を取り始めたんだけど、たまたまその多くが、元々の知り合いだったり以前コラボしたことがあったりした地元の仲間や友人だった。そしたら、そのうちRabitから、Halcyon Veilを通して作品を発表したいかと聞かれたよ。みんなにシャウトアウトだね。

 

 

– 理想の未来を教えてください。

 

Prison Religion – もっと、レーザーとか、火星とか、飛ぶ車かな。

 

 

 

 

<原文>

 

– How did you get into musicmaking?

 

Prison Religion – We both have separate backgrounds in music, then we reunited in a North Carolina airport and we decided to make music together.

 

– What do you make music under the influence of?

 

Prison Religion – Uhhh positive energy and cigarettes.

 

– What is the Virginia music scene like?

 

Prison Religion – Pretty diverse, I think that its really funny how “unknown” VA music scene is when a lot of the people from VA/ richmond,VA have been pretty impactful in their respective scenes ( Chino Amobi, Goth Money, Missy Elliot,  D’angelo, Pharrell, pretty sure Swan Meat was even in the area for a while)

 

– Is Crimewave good relations?

 

Prison Religion – Yeah, Crimewave is a homie/ amazing musician. We made an album together in 2016 “Cage W Mirrored Bars”.

 

– I think, Prison Religion served to bridge the scene between the HipHop and Electronic music. What are your thoughts on?

 

Prison Religion – Cage with Mirrored Bars was definitely experimenting with that idea but I think we are at a point where we are focusing on just making good and interesting music…. less revolving around genre and more around sounds pushing ideas, feeling, and space.

 

– Please tell me the process of production of “O FUCC IM ON THE WRONG PLANET”?

 

Prison Religion – We started off talking about the idea of space as a place, and as an instrument/design structure. P came with a some amazing beats that laid the foundation and based of those we collaborated more to make the final song form. From there vocals were applied texturally and structurally.

The essence of the title is a cosmic cry into a void. Is Earth our home planet or just a temporary vessel? We are interested in these larger existential scenarios.

 

– Please tell me remix album “RESONANCE IN EXOPLANETARY HYBRIDIZATION” story. How was the release from Halcyon Veil decide?

 

Prison Religion – We had tossed around the idea for a while I think we both felt there was still more that could be explored in Wrong Planet.

We had randomly DM’d RABIT our album WRONG PLANET just purely because we fucked with their music and wanted them to listen, from there we kinda traded albums, he sent me Life After Death. Within this conversation he offered to do a remix if we ever decided to make one. From there we began dm’ing people who were putting out amazing sounds in their regions and blending “genres”, it just so happens that a lot of them are homies and friends that we have been in contact with or collaborated with before. Somewhere along the way RABIT asked if we wanted to put it out through HV. Shout out to everybody on it.

 

– What would your ideal future be like?

 

Prison Religion – More, mostly lasers, Mars, and flying cars.

 

 

以下は、Prison ReligionがGrey Matter Archivesで公開したMix。合わせてチェックしてほしい。

category:FEATURE

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/07/18

『far go』by Norihito Hiraide

CVN / Koeosaemeの北米ツアーでNorihito Hiraideが撮影した景色。 more

2019/07/16

「CVN and Koeosaeme US/CAN tour」後編|photo by Norihito Hiraide

北米ツアーを写真で振り返る。
 more

「CVN and Koeosaeme US/CAN tour」前編|photo by Norihito Hiraide

北米ツアーを写真で振り返る。
 more