ENG JPN

言語の不十分さ、複数の自分を理解する|JASSSが新作『A World Of Service』を発表

インナースリーブに塗布した土、花、森の香り

 

 

スペインのプロデューサー、DJ、サウンドアーティストSilvia Jiménez AlvarezによるプロジェクトJASSSが、新作アルバム『A World Of Service』のリリースを発表。Berghainのレコードレーベル〈Ostgut Ton〉から11月26日にリリースされる。Floating Points、The Bug、Clarkなどの映像を手掛けてきたSander Houtkruijerによるタイトル曲のMVが公開。

 

JASSSは、IDEALからのデビューLPやAD 93 fka Whitiesからのダンスフロア向けEPなどのリリースで知られており、テンポや時代をスムーズに行き来するセレクターであると同時に、A/Vライブセットを発表したり、Carsten Nicolai (aka Alva Noto)がキュレーションするBerlin-Rom Expressなどでアーティスト・イン・レジデンスを務めたりしている。これまでにPrimavera Sound、Mutek Montreal、Dimensionsなどの国際的なイベントに出演し、今後はSonar CCCB 2021、Re-Textured、Boiler Room Festival、MiRA Festivalなどへの出演が予定されている。

 

今作での進化は、ジャンルの崩壊と予想外の変容を中心に広がる。それはJASSSがベルリンで毎月ホストしていたラジオ番組の名前であり、Ben Kreuknietとのコラボレーションによる広大な多感覚ツアーのコンセプトのタイトルでもある。JASSSは、このアルバムを通して、相互接続性を阻む人間と技術の障壁について考えている。歌詞と音の両方で、自己を解体し、不安を解き、ジェンダー、アイデンティティ、対人関係に適用される言語の不十分さを問いかける。それに応えて独自の流動的でニュアンスに富んだ語彙を形成し、複数の自分を理解しようとしている。思春期の怒りと成熟の知恵を経て、アブストラクトなエレクトロニクスとバロックなインダストリアル・ポップでリミナリティを横断し、Matt Lambertが描いた花柄のジャケットや、Meri Bonastreがアルバムのために開発し、インナースリーブに塗布した湿った土、花、森の香りなど、聴覚以外にも視覚と嗅覚を通してそれは強調される。

 

 

 

JASSS – A World Of Service

Label : Ostgut Ton

Release date : November 26th, 2021

2xLP / CD / digital

https://jasssinc.bandcamp.com/album/a-world-of-service-3

 

Tracklist

1. Birds You Can Name

2. Camelo

3. Luis

4. Busto

5. A World Of Service

6. In Your Mouth

7. Vapor Dentro

8. Wish

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more