コルヌコピアに広げた鋸歯状表現が溶ける|Tongue in the MindがデビューEPを発表

Juliana Huxtable + Jealous Orgasm + Via App

 

 

溶けたようなスラッシュとシロップのような崩壊したエレクトロニクスの幻覚的な合成物であるTongue in the Mindの挑発的なデビューEPは、粉砕された言葉と親密で文学的な音楽的言及の結晶の残滓を残しながら、ゆっくりと溶けていく。このレコードは、トリオの独特の個人的な物語を包み込み、解きほぐしてくれる:Juliana Huxtableは高名なマルチメディア・アーティスト、DJ兼ミュージシャン。作家であるJealous Orgasmは器用なマルチ・インストゥルメンタリスト兼作曲家。Via Appは多才で、贅沢なまでに実験的なプロデューサー兼DJ。3人は共に、奇抜さと表現の間を不規則に駆け巡り、贅沢で自由なマイクロ・エピックを作曲する。それは、ジャンルの境界を曖昧にするのではなく、アシッド、穀物、蜂蜜がこぼれ落ちるコルヌコピアの大皿に異質なサウンドを重ねたもの。

 

 

「FREE SEX」は灼熱パンクメタルで、リフとビートボックス・ブレイクが燃え盛る。Juliana Huxtableのヴォーカルは、クールでさりげない優美さを漂わせながら、その上を滑っていく。デトロイトで最もねじれた思弁的なSF実験のエトスを弄ぶこの曲は、Tongue In The Mindの創造的哲学をワイドスクリーンで誇示し、パンクロックとサイバネティック・エレクトロの間の溝を濁している。トリオは「PLASMATIC YEARNING (FOR THE HORIZON’S KISS GOODNIGHT)」でメイン・ステージからバック・ルームへと流れ、Juliana Huxtableのエロティックなドリーム・ポップの叫びを、ひび割れた鏡のようなギターとサブウーファーを突き刺すようなベースで支えている。

 

漂着した恋人たちのための、海の洞窟画のような作品。バンドの野心は「KEY AND STRING」で、メタル・ギター・リフとダウンテンポの棘が渦巻くプログレの変則的な展開から、謎めいた言葉遊びと不気味なエレクトロニクスが渦巻く淵へ、そして電化されたシンフォニックな3人の最も鮮やかな融合へと戻っていく。ライブの定番曲であり、バンドの事実上のシグネチャーとなっている「PRETTY CANARY」は、彼らの音の教義を漫画のような色彩で鮮やかに描き出す。

 

 

Tongue In The Mind (Juliana Huxtable, Jealous Orgasm, Via App)

Label : PAN

Release date : May 17th, 202

https://pan.lnk.to/FreeSex

 

Tracklist

1. Pretty Canary

2. Free Sex

3. Key and String

4. Plasmatic Yearning (For The Horizon’s Kiss Goodnight)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more