〈M/E/M/O/I/R MASSACRE〉クリスマスパーティー・デイ&ナイト開催

🎅🎁🖌💍⛄️🧢👻🎸🐢🧟‍♂️🚀🕸💣🔮🐞🦖🕯🎪🧶🥁🌀🎈🍬💥🥽🛋

 

 

今回で4回目の開催となる我々「memoir」。ヴェニューを前回の落合soupからJiyoung Wiらを招聘した第2回と同じく幡ヶ谷Forestlimitに移し、名物企画「K/A/T/O MASSACRE」とのコラボレーションで”クリスマス(直前)・パーティー”を提案します!12月20日(水)デイ&ナイトでの開催となりますので、それぞれお好きなタイミングで是非遊びに来てください。🎅🎁

 

(Text by Kenji)

 

‘Muppet Christmas Carol’ (1992) dir by Brian Henson

 

今回のメモワールのテーマはずばり「クリスマス」!華やかなパーティーから静かに過ごす深夜の家など、様々なロケーションにおけるクリスマスをForestlimitに再現します。’誰かと過ごす’という様式が文化的に一般とされる中で、強く’ひとり’を意識する季節でもあると思います。外と内。双方向への視線を中庸させ、人肌のような温度感となることを期待しつつ、リラックスして楽しむことの出来る空間を提案します。そんな堅苦しいことを言いつつもただのクリスマス・パーティーでしかないので何も考えずに楽しむことができたらいいなと…。随分と冷え込んできましたし、暖かく夜を過ごしたいところです。

 

さて、パーティーの素地となるアートワークを担当してくれたのはこの2人!

 

Utanhole 🖌 2001年生まれ、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻に在籍し、絵画や詩などの制作を行うUtanholeがフライヤーを制作してくれました。氏の作品に初めて触れたのは、今年AMMON TOKYOで開催された個展「新・家族計画」に訪れた時です。「家族」をテーマとし、西洋画/漫画/英語/日本語/詩/メモなど、様々な要素が織り込まれた絵画がありました。江口寿史の影響を感じるカットもあれば、聖書からの引用となる文章が余白に書かれていたり、自由で衝動的な印象でありながらUtanholeでしかない統一感がありました。そこで販売されていた限定100部の詩集がまた素晴らしく、「家族」や「孤独」に対しての複雑な感情が記されていました。今回のメモワールがセットするものを踏まえつつ、人間の裏表を受け取ることが出来る彼女の作風が交わった素晴らしい作品となりました。

 

Utanhole

 

ion100 💍 京都在住、プライベート・ギャラリー「I/O/N」を運営するion100はタイムテーブルのデザインを担当してくれました。彼女は写真データそのものへの加工は控えめに、被写体そのものが持つ神秘性や違和感のポテンシャルを最大限に引き出す優れた写真家でもあります。パーティーのコンセプトを言葉を用いずプレゼンする為にこれ以上ないほどの素敵な作品を制作してくれました。会に対して多面的な印象を持たれるよう設計する中で、フライヤーとタイムテーブルの作者を変える試みを快く受け入れてくれたion100に改めて感謝します。タイムテーブルの公開は開催数日前を予定!ちなみにKenjiの運営するmixシリーズ「Blue XP」にmixを提供してくれており、そちらも不思議で彼女らしさが受け取れるので是非楽しんでください。

 

ion100

 

パーティー本編は「𝙃𝙤𝙡𝙮 𝙉𝙞𝙜𝙝𝙩 𝙋𝙖𝙧𝙩𝙮」「𝙈𝙞𝙙𝙣𝙞𝙜𝙝𝙩𝙏𝙑&𝙍𝙖𝙙𝙞𝙤」と題してデイ&ナイトの2部構成とし、生活スタイルに合わせて好きな時間に遊びに来ていただけるようにしました。フライヤー掲載順に出演者などをそれぞれ紹介していきます。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

「𝙃𝙤𝙡𝙮 𝙉𝙞𝙜𝙝𝙩 𝙋𝙖𝙧𝙩𝙮」は18:00~24:00の開催で、華やかな音楽パーティー会場、そしてその暖色の光が窓から漏れてくる様子を雪の降る外の庭から優しく眺める、そんな関係性を目指します。

 

【𝑳𝑰𝑽𝑬】は’インディー’をキーワードにクリスマスが最高に似合いそうな4組のアクトを招聘しました。

 

iVy ⛄️ 埼玉在住、pupuとfukiによるユニットiVy。pupuは現在は大学に通いながらぬいぐるみや装飾品、イラストレーションを主に創作活動しています。fukiは今年5月からSoundCloud上で音楽活動を開始。元々は日記の代わりのようにつけていた写真の切り貼りからzineや映像を制作し、展示を行っていました。自我概念の解体を軸に映像を作ると共に音楽制作も開始し、現在は自身の声も入れて、作るようになりました。そんな二人、iVyは今年7月から音楽活動を開始したばかりのニューカマーです。彼女たちは楽曲の発表と同時にビデオを公開する傾向にあり、音のみならず視覚的にも表現に対しての拘りが深いことが判ります。彼女たちのビデオは何か特殊なエフェクトを使用したりテクニカルな処理をするかというとそうではなく、要素と要素を絶妙な透過によって重ね、遠い記憶のどこかで見たような、それでいてどこにも無かったような意匠で自身の音楽との接続を試みています。楽曲は連綿として続いてきた国産インディーの息吹を感じさせ、そのポップ性は広くリーチする可能性を秘めています。それでいながら、数人規模の小さなイベントにも身軽に出演し、それらを愛でる分け隔てない感覚がまた彼女たちらしさに繋がっているのではないでしょうか。

 

 

Organ Tapes 🧢 イギリスからの映像出演となるOrgan Tapes。現代のインディーを紐解いた際に、ある方向にはCDJの存在が表出するかと思います。ギタリストが次の日にはDJをするというのも今日では珍しくはありません。彼はDJ Corpmaneとしてマッシュアップ・コラージュのシリーズを2010年代に精力的に発表していました。それらをオルターエゴと強くセパレートするのではなく、ナチュラルにOrgan Tapesとしての活動も在る。彼のライブはDJブースにギターを持ち込み、SSW然とした楽曲を演奏した後に、曲間にCMのような小品をミキサーで差し込んだりするスタイルです。時には楽曲に重なることもあります。その姿はいつかの時代では変則的だったかもしれませんが、今では共感できる感性に思えます。それは彼が切り開いてきた”新しいインディー”、ベッドルーム・ロックとでも評することの出来る地平の上に我々が立っていることの証明なのではないでしょうか。Durutti Columnから先日来日を果たしたmalibuに至るアンビエンスまで、そしてそれらをDJとしての感性も併せて優しく結っていく。今回の出演者を繋ぎ、包含するアンカーとして存在するOrgan Tapesのサウンドに是非触れてください。

 

 

serah trax 👻 臣と、前回のメモワールにも出演してくれたmareno!からなるユニット・serah trax。2022年にシングル「everynight」を自主リリースし活動開始。今年、同じくシングル「firefiles」を自主リリース。またチホ&ナコ主催の「ほしのおと」にて初ライブを披露しました。彼らの正式なディスコグラフィーな上記の通りシングル2曲と簡素なものです。しかし、「ほしのおと」で実際にそのライブを体験した身としては、どういう発想で楽曲を製作しているのか、なぜこういう展開になるのか、筆者の定規では測ることが出来ない自由さに溢れていました。その典型的な例がライブ最後の曲です。途中までは2人で進行していた構成が、終盤になり急にサポートでDr、Gt、Baが登場。DJブースとLIVEステージに視線が分散するという未知の展開。彼らのバックボーンにはバンドやギターなどのサウンドへの親近感があります。音楽に対して’混じり気のない’を線引きする必要性が薄れ、これらがスタンダードなのだと強く感じました。先述のOrgan Tapesの精神性にも通じるものがあり、その好例としてserah traxは位置することが出来るかと思います。あと、クリスマスが誰よりも似合う気がしますよね。

 

 

yagihiromi 🎸 1999年生まれ。Cruyff/Nitroday/Larks Louなどのバンドに所属し、作曲とギターを担当するyagihiromi。山本精一の『なぞなぞ』に衝撃を受けて宅録を始め、ノイズ、スローコア、サイケデリック、エモラップなどからの影響を受けたという彼女は、録音開始から5年間の集大成となるソロのデモ音源集『MeV』をシカゴのEye Vybe Recordsからカセット・リリースしています。筆者がyagihiromiを知ったのは彼女が所属するCruyffの音源を聴いたのがキッカケで、冷静と情熱の間を強烈に突くようなバンド・サウンドに圧倒されました。(※Cruyffは現在のようなライブ活動は今年限りで終了することをアナウンス。来春より新しいリリースと共に新たなCruyffを開始するとのこと。こちらもどうなるのか楽しみ!)バンドは共同作業故に調和が必要となりますが、並行した彼女のソロ作品は音源のライナーにもあるように等身大の自分を制限なく存分にさらけ出しており、その内外(どちらが内外とかの話ではないです)のバランスに強く惹かれました。バンド文化特有の人間関係が背景によく見えるのも今回のメモワールに大きく影響しており、先日の調布Crossのイベント(「ほしのこえ」)にserah traxが出演した際にはGtでサポートしていたのがyagihiromiだったことを記しておきます。

 

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

【𝑫𝑱】は5組のアクトがクリスマスらしい選曲をしたり、しなかったりします。

 

ast midori 🐢 parkkingbabiesクルーに所属し、amo clubで友人とパーティーをオーガナイズする在阪のプロデューサー兼DJ、ast midoriが登場します。ハナバギ推薦というのも勿論あるのですが、彼が纏う角の取れた優しい冷感とオーガニックな有機質感のブレンドはしっかりと季節感にアジャストしてくれそうで、個人的にも非常にプレイを楽しみにしています。作曲で好む輪郭を強く確立しているだけあって、DJでも効果的にそれらが発揮されるでしょうし、流麗で伸びやかなサウンドは室内の暖かさを際立たせそうですよね。それぞれの交友には今のところ無いかもしれませんが、温度へのアプローチという点ではserah traxとの相性も実は良さそう。彼らがお互いに反応することを期待しつつ、バトンパスの関係性となる位置をお願いする予定です。

 

 

Hanoi & DMT 🧟‍♂️ SoundCloud~現代のUSヒップホップ文化のサウンドを無駄なトリートをせずダイレクトに消化する2人、HanoiとDMTによるb2bです。Hanoiは2020年代の幕開けを告げる存在だったクルー・WATER DAWGSのメンバーとして活動。2021年よりプロデュースを開始し、2022年にクルーが解散した後はSoundCloudを中心に曲を公開しています。彼の印象はとにかくアメリカの最新のHIPHOPを愛しており、掘りまくっているということ。ビートに乗る歌ではなくラップが好きということ。作曲もHIPHOPベースで軽率にサンプリングすることを信条とし、上書き行為を好んでいます。WATER DAWGSとして強烈に大衆の心を掴んだからこそ、そのパブリック・イメージと現在の自身が愛するものとの乖離に複雑な感情を抱きながら今日も彼は音楽を作り続けています。そんな彼が出会ったマブダチがペアを組むDMT。今年9月にfai青山にて開催された「star tour」にもHanoi & DMTとして出演するも、機材面であまり納得がいくパフォーマンスにはならなかったとのこと。今回のメモワールがリベンジ・マッチとなります。DMTはElysian Cramptonを大家とするここ15年間で醸成されてきたアンダーグラウンドなポスト・CDJのコラージュの質感を受け取りつつ、「アートはやりたくない」の宣言の下、非常に”アメリカ的”というと乱暴ですが、ある種のラフさを徹底しているDJです。両者ともにネット・ミーム的な若干の性格の悪さというか、カラッと乾いている感じでとにかく相性がいい!いま一番新しいところにリーチしている二人だと思いますが、だからといって彼らのb2bに対してシリアスに前のめりにはならず、肩の力を抜いて笑ったりする感じで是非楽しんでください。色々小難しいことを言っていますが、結局はただのクリスマス・パーティーなんで(2回目)。

 

 

 

Kenji 🚀 メモワールの1/2。今回のオーガナイズを担当しています。最近は竹村延和に倣ってチャイルディッシュな表現への興味が強いです。

 

 

maqui 🕸 クリスマスらしい雰囲気に身を委ねたい!そう考えたときにDJ・maquiは外せないでしょう。DJは勿論のこと、Bar スミスでのパーティーへのアートワークやHimagogo & fiveyearoldポップアップのストアBGMの提供の他、映像製作やパーティーの主催など幅広い分野で活動するマルチ・タレントでもあります。先日、筆者も交流の深いポーランド在住の才女・Natalia PanzerのキュレーションでNTSにmixを提供したこともあり、一気に勝手な親近感を覚え勢いでお声がけしました。彼は音楽全般、特にポップスの造詣がとにかく深いことがmix等からも容易に伺えます。「レアグルーヴを聴衆に届ける」という、DJの役割が果たすものの根源的な部分を実行している人物なのではないでしょうか。クリスマスのコンセプトを演者達が音楽で作っていく中で、彼の落ち着いたテンションと豊潤なセレクトは、より一層鮮やかな彩りと深みを与えてくれるはずです。

 

 

ハナチャンバギー速報 💣 代々木上原在住のプリティーユーモラスことmoge!と、神奈川県在住、自主パーティシリーズ「dopa」を主催し、DJやグラフィックデザインなどを軸に活動する五芒星からなるユニット。前回のdopaで彼らが標榜していたこと(’人肌の温度’)に共感して、そういう姿勢のパーティーを企画する人であれば、ダンスより電子音楽的なアプローチの側面が強いメモワールも楽しんでいただけるのではと思いお声がけしました。実際に五芒星と対面で会話をしてその佇まいから確信。彼らが居てくれることで世代間のギャップや特定の人間関係に生じる、ある種の閉鎖性から解放されているように思います。彼らと仲の良いのast midori、じんじんの推薦人でもあります。トラブルシューターのアシスタントとして携わってくれたりもするので、気軽に話しかけてくださいね。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

【𝙏𝘼𝙍𝙊𝙏 𝙍𝙀𝘼𝘿𝙄𝙉𝙂】ではタロット占い(1回500円!)を受けることが出来ます。デイ中は外部エントランスと室内喫煙スペースの両方に占いブースを設けています。基本的にはどちらかの付近に今回占いを担当してくれるadanami awaiが滞在しておりますので、希望の方は気軽にお声がけください。

 

adanami awai 🔮 会社員の傍ら、2011年よりタロット占いを続けているawaiがForestlimitであなたの気になることを占います。block.fmへの出演の他、数多の芸能人やミュージシャンを相手に占ってきた彼女。フラッとどこでも占いをするらしく、割と色々な人の占いバージンを奪っているかもしれないとのこと。興味があるけれど中々手が伸びないと感じていたそこのアナタ!今回、超良心価格500円(!)でタロットの世界に足を踏み入れることが出来ます。awaiは占いの他、新宿ドゥースラーにて3ヶ月に1度Awai”Around”Loungeを開催するなどDJとしての側面もあり、クラブ文化に精通している(特に辺境のポップス等に明るい)人物なので、占いだけでなく是非音楽の話もしてみてください。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

「𝙈𝙞𝙙𝙣𝙞𝙜𝙝𝙩𝙏𝙑&𝙍𝙖𝙙𝙞𝙤」は24:00~05:00の開催で、パーティーを終えて、一人もしくは少人数で過ごすプライベートな空間、つまり”家”を志向したコンセプトに移行します。現場で実際にプレイするLIVEやDJの数は最小限とし、映像やトーク、サウンドトラック観賞といった形で「リスニング」としての”グレードダウン”を積極的に図ります。その中で誰かを中心とした主体性は徐々に薄れ、音楽は家具のような存在へと落ち着いていくことでしょう。他人との気まずさを薄める鎹としての役割が強調され、会話をする/しないの選択もそこでは曖昧となれば幸せに思います。一人だけど、独りではない。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

【𝑳𝑰𝑽𝑬】では雪が深く積もる中(妄想)、24時を回った時間帯、なんとなく’部屋’の言葉が似合う3組を招聘しました。

 

Gobby 🐞 アメリカからの映像出演となるGobby。Gobbyは’自分が好きなことを好きなようにする’、のあまりにも素晴らしい好例です。初期ArcaやChino Amobi、Fatima Al Qadiriなどの傑作をリリースしてきたニューヨークのレーベルUNO NYCの看板アーティストであり、Dean Bluntをリミキサーに迎える交友関係を築き、2000年代ダンス・パンクの潮流の中心的役割を果たしたDFAレコーズからもリリースする等、2010年代のアンダーグラウンド電子音楽を牽引する存在でありながら、どこまでもマイペースに小さな表現も並行して続けてきました。現在はポストBandcampとしてアンダーグラウンド電子音楽を盛り上げる気概を感じるNina Protocolを中心に作品を発表しています。プランダーフォニックスやサウンド・コラージュの手法が介入したアウトサイダーなフットワーク、ハウスなどを次から次へと排泄のようにラインナップ。ポップなんだけれども奇天烈で、思わず笑ってしまうようなところもありながらどこか切なさもあったりして。彼の音楽に対しての姿勢に筆者は多大な影響を受けました。偉大なキャリアを築きながらも絶対に権威ぶらない朗らかな佇まいというか、この人は本当に心から音楽を愛しているのだろうなと伺えるところも大好きです。今回は映像出演ですが初めての日本でのパフォーマンスとなります。来年には来日の予定があり(サポート予定!)、彼のことを知らない若い世代にも、是非インディペンデント精神のお手本となるGobbyの、不思議で・小さくも・力強い音楽を受け取って欲しいです。何か感じるものが絶対にあるはず!メモワールが志す音楽観のようなものの一つです。

 

 

Kenshi 🦖 メモワールの1/2。ハッピーな諸事情で今回は欠席ですが5分間のショットライブ映像を上映します。2022年10月に彼と始めたメモワールも4回目を数えることになりました。今後もお互い色々な形で携わることが出来ればと思います。以前ひかりのラウンジで開催されたボーンスリッピーだけを延々と流すパーティーではGobbyキャップを被っていました。この時の彼は優勝。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

reisen 🕯 第2回にも出演してくれたreisenが再登場します。YouTubeでの配信、京都は紫明会館でのDJパーティー、ブリュッセルでの長編映像上映など、形式に囚われない表現で活動してきた京都発のコレクティヴ。今回共演するmareno!やCruyffのメンバーであるmasataka watanabe、yagihiromiらとは友人関係にあり、筆者がreisenに感銘を受けたキッカケでもある、友人の為にプレゼントを買いに行くというプロットの映像作品「.☆.。.:*・° thanks!!! merry xmas!!! agam +*:.。.*:+☆」のagamはmasataka watanabeであり、その仲介をしたのがmareno!という人間関係です。美しいですよね。今回は彼らのポテンシャルがより発揮されるであろう、空間的余裕のあるナイトの深い時間帯に配置します。東京で目撃できる機会が非常に希少ですので、絶対に見逃さないでください! ※reisenのLIVEは配信はありません。

 

 

【𝑫𝑱】はb2bの1組だけとし、パーティーの余波を噛み締めながら深夜のテンションに身を預けます。静かなときに騒ぎたいことだってある。

 

mareno! & masataka watanabe 🎪 デイではserah traxとして出演するmareno!と、同じくデイに出演するyagihiromiとはバンド、Cruyffのメンバー同士でもあるmasataka watanabeによるb2bです。彼らは友人関係にあり、SSW/プロデューサーとして活動するmareno!と、Texas 3000らと並んで国内のインディー/オルタナティヴ・ロックの最もホットな存在であるバンド、CruyffのVo/Gt/Compとして活動するmasataka watanabeが接続する感覚は、今回のメンバーがそれぞれ持つ要素をより強調するのではないでしょうか。masataka watanabeは中学2年で骨折を機にギターを始め、大学受験時にIDM・エレクトロニカにハマり、現在はバンド、そして音楽をやっていなかったらレーサーになっていたとのことで、この良い意味での歪さはmareno!にも通じるものがあります。彼らが今回こうして並んで欲しかったのは、mareno!が前回のメモワールにDJで出演した際に彼のDJを観にreisenのメンバーやmasataka watanabeが遊びに来ており、そこでの彼らの盛り上がりっぷりがとにかく最高で、個人的にとてつもなく明るい未来を見たように思いました。静かな若者達のどこまでも深く熱い情熱を肌で感じました。「演者に対して思いの強い友人が数人いるだけでそのパーティーは最強になる」という定説が実証された感覚があって。彼らには彼らの人間関係があるので、あまり筆者が関与し過ぎるのもよくないと思いつつ、こういう場をセットして生まれる力を諦めるのはまだ早いと勝手に自分を納得させブッキング。今回はmareno!が主にCDJ、masataka watanabeが主にターンテーブルを使用する構成になるとのこと!かなり貴重な機会なので絶対に逃さないでください!

 

 

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

【𝙑𝙇𝙊𝙂】では2組の生活映像を上映します。身辺の映像記録を作品としたジョナス・メカスを代表として、いつの時代にも素朴な表現がありました。スマートフォン時代の到来とその反作用としてデジタルカメラ等への回帰なども手伝い、作家と自称はせずとも日常を切り取る行為はより普遍的となりました。「カメラが一瞬でも回ればそれだけで世界は間違いなく変わる」というメカスの言葉を実践してみましょう。

 

nene & 川 🧶 九州在住の2人。彼女達は正式なユニットではないですが、映像をnene、音楽を川が担当したvlogを今年YouTube上で公開しており、その交流と作品を目撃してここに是非並んでほしく依頼しました。メモワールの為の新作vlogをスクリーンで上映します。neneの映像は生活を切り取り、並べたもので、非常にシンプルな構成です。大袈裟であったり華美なものはありません。しかし、その選択がとにかく詩的で、その人にしか捉えられなかった景色をよく知る人だと思います。ペアを組む川は音楽、詩、写真、映像などを非常に落ち着いた態度で紡いでいるマルチな作家です。川もneneと同じく加工にあまり頼らない、そのものの瞬間的な美しさに目を向けた写真・映像を見せる人で、私たちが気づかなかったものを繊細に教えてくれる人です。彼女たちはvlogというフォーマットの魅力をよく理解しており、私たちに等しく潜む作家性を刺激してくれるのではないでしょうか。

 

 

じんじん 🥁 海抜2,000メートルに位置し、グランドキャニオンも近くに臨む人口約7万人の都市・アリゾナ州フラッグスタッフに留学中のじんじんから、アリゾナ滞在記としてのvlogが到着します。今回のライナーを書くにあたって簡単な自己紹介を送ってもらえないか依頼したところ、アリゾナ留学中であること以外は「・パーティー大好き」「・元ツイッタラー」とだけありました。難易度が高いです。その人が楽しんでいる様子を目撃したらそのパーティーは良いものなんだろうなと推察できる不思議な人っていますよね。恐らくじんじんもそういう人で、今回色々な面で話し合いをしたハナチャンバギー速報の五芒星(Ryota)からも、柔和な空気にしたいことを踏まえて自然と彼女の名前が挙がりました。果たしてじんじんはどんな留学生活を送っているのでしょうか。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

【𝙍𝘼𝘿𝙄𝙊】では『この曲を聴け!魂に響く聖夜ソング特集』(仮)と題して、特にクリスマスに拘ることもせずに好きな曲を流しながらゆるめのトークをします。リスニング行為としてのグレードを下げるにあたり、思い返せば誰かがレコメンドする音楽を受け身な状態でラジオ等から受け取るときってやけに良く聞こえる気がして。ロケーションが’家’であれば尚更リラックス出来ますし、その実践をしてみたいと思います。ハナバギ差し入れの特製ケーキなどを食べながら自由に過ごしましょう。セレクターとして参加するメンバーは以下の通りですが、飛び入り参加大歓迎!USBをご持参ください。 ※悩みましたがRADIOパートはセレクターのプライバシーの確保と’家’としてのプライオリティ向上のため、配信はありません。

 

alien.melissa 🌀 現在形、そしてこれからの潮流となるような音楽をインディーを中心に誰よりも情熱と愛情を以てレポートしてくれているBlogger/DJのalien.melissa。10年以上前からTumblrで海外の音楽を中心にレコメンドしてきたという彼女。数人から数百人、更にはそれ以上に至るまで、あらゆる規模に響くピュアネスとしての’ポップス’を知りたければ彼女をフォローしておけば自然と耳に入ってきます。彼女はレポーターとしてシェア・共有の精神が強く、宝物のような偶然の出会いを翻訳し、人々に届け、果てにはいつかの未来に来日公演と繋がるようなエネルギーを産み出しています。こんなに素敵な音楽、みんなで楽しみたい!そんな態度は今回のRADIOにとても有意義な時間を齎してくれるのではないでしょうか。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

KATO 🎈 言わずと知れたK/A/T/O MASSACREのオーガナイザー、KATOが参加してくれます。オーガナイズ業に専念している印象があり、こうした言わば’演者’としてのパーティーへのクレジットは難しいだろうなと以前から考えていましたが、ダメ元で依頼したところ快諾!先日通算450回をめでたく迎えたカトーマサカー。世代を超えて愛される怪物パーティーは、あらゆる人の溢れ出る情熱、衝動、繊細な表現を懐の深い優しさで受容してきました。カトーマサカーで初めてDJをした、LIVEをした、ライブハウスやクラブで遊んだ、新しい出会いがあった、なんていう人は多いと思います。彼がどんな曲が好きなのか純粋に知りたいですよね。あまりハードルを持ち上げてもよくないですが、貴重な機会ですし思わず微笑んだりしてしまいそうなことは想像しやすいのでは。KATOヘッズ大集合でお願いします!

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

pnnikin 🍬 東京在住、何か耳に引っかかるところのある音楽を愛する若きDJ・pnnikin。今年はetherのキュレーションでHKCRにmixを提供するなど対外的な活動も増えてきました。第2回のメモワールのアートワークの担当してくれたりもしています。以前、彼女と下北沢spreadで会った際に楽しそうにDJが流す音楽に踊りながら、「この曲、お父さんが大好きなんだよね」と耳打ちしてくれて。一つ間を置いて「私も好き」と追加情報も教えてくれて。なんだかその時に彼女が持つ魅力の非常にわかりやすい一端を見たように思いました。恐らく幼少期からそういった音楽が身近な環境にあったのだろうなということと、それらを屈託なく人に話せる明るさというか。RADIOで誰の話を聞いてみたいかなと考えた際に彼女の名前が挙がるのは非常にスムーズでした。一曲一曲の区切りをつけてpnnikinのセレクトを味わえる機会はおそらく初めてだと思うので、DJとはまた異なる魅力に触れられるのではないでしょうか。

 

 

shiranaihana 💐 2021年、地元で引きこもりながら録音したmixがKATOに見つかり、K/A/T/O MASSACREに出演したことを機に活動を開始したDJ・shiranaihana。HKCRへのmix提供のほか、deadfish eyesとの共同でイベント「うそをつく子」を主催しています。傾聴する姿勢を自然と導いてくれる選曲は広く信頼を得ており、この1~2年は彼の名前を様々なパーティーで見たのではないでしょうか。彼をブッキングした大きなキッカケがありまして、Forestlimitで開催した2回目のメモワールの際に、パーティーが終わって朝方装飾の片付けを一人でしていた際にseaketaと彼がかなり緩めのb2bをしてくれて。二人とも楽しそうに笑いながらマニアックな曲をかけて、どんな音楽なのか説明し合っていたり。それがとにかく面白かった記憶があります。全く知らなくても当人が楽しそうにしていればこちらも釣られて楽しくなるというか、知識や愛情を前提とした遊び、それが今回のRADIOな訳ですが、案外誰しもが気楽に受け入れることが出来るのではないかと。DJとしての視座を踏まえて、彼らしい選曲を味わってみましょう。

 

 

ハナチャンバギー速報 💥 デイでのDJに続きハナバギの2人はRADIOパートでセレクター兼ケーキ差入れを担当してくれます。どんなケーキかは当日のお楽しみ!なるべく会場にいる人全員に切り分ける予定です。

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

Kenji & seaketa 🥽 KenjiとseaketaがRADIOパートのMC(兼セレクター)を担当します。本来であればKenshiもここに居れば収まりも良かったのですが、今回は難しいので2人体制で臨みます。seaketaは天性の人たらしと言いますか、口が悪いくせにその柔和な態度で憎めませんし、自然と彼の周りには人が集まってくる印象です。プロデューサー、映像作家、レーベルオーナーとして多角的な活動を展開して自己の求める表現をしつつ、大小問わず様々なロケーションの企画に彼の名前がクレジットされます。どれだけオブスキュアなコンセプトであろうと、彼であればしっかりと解釈してその目的を達成してくれる安心感がある、そしてそれは作家としての技量が抜群であるからこそ達成できる訳で、実は非常に難易度の高いことを実行している人物だと思います。当日はいろいろあーだこーだ言いながら音楽のことを中心に話してみようと思います。

 

 

♢♢♢

 

 

♢♢♢

 

【𝘽𝙇𝙐𝙀 𝙓𝙋】ではKenjiが主催するmixシリーズ「BLUE XP」をフィーチャーします。青いスクリーンは放送終了後のテレビ画面に広がる静寂をイメージすることも出来ます。まどろみを増していく空間の最後。夢と、また迎える(迎えてしまう?)変わらない日常の朝を繋ぐ時間帯に松本望睦によるサウンドトラックに耳を傾け(勿論、寝てもいいのです)、memoirは静かに閉幕します。

 

Nozomu Matsumoto 🛋 サウンドトラックを担当してくれるのは現在マンチェスターに滞在中のサウンドアーティスト、作曲家である松本望睦です。UKのレーベルThe Death of Raveより2018年にClimatotherapy、2020年にSustainable Hours、2022年にImmunotherapyを発表しました。サウンドデザイン作品には、2018年にロスチャイルド館で開催された「深みへ‐日本の美意識を求めて‐」や、パレドトーキョー(パリ)やポンピドゥーセンター(上海)など7国12会場で開催されたナイル・ケティングの「Remain Calm」シリーズがあります。また、2023年SSのパリ・ファッション・ウィークではCFCLの音楽を担当し、2023年AWでは尾島由郎と共に音楽を担当しています。こうして簡単に経歴を振り返るだけでも判りますが、彼は現在の電子音楽におけるフロントランナーの一人です。西洋的な系譜を汲みながら実行する人物として存在感は圧倒的で、彼の立ち位置にいる邦人を筆者は他によく知りません。それは昔から全く変わっておらず、若い頃から人と視点が異なる人物だと友人ながら尊敬していました。彼はいわゆる国内の「音楽イベント」にはほぼ姿を見せないのですが、1年に数回、長時間の電話をして情報交換する仲(主に筆者が興味のある話を尋ねまくっているのですが…あとNBAが互いに大好きなのでそのことも)であるのを利用して、馬鹿なふりをして依頼をしたところ何と快諾!BLUE XPのためにサウンドトラックを提供してくれます。reisenの審美性にも続く機会になることを期待したいと思います。K/A/T/O MASSACREへの出演は2018年のdie Reihe回以来、なんと5年ぶりです。 ※Nozomu MatsumotoのBLUE XPは配信はありません。

 

 

以上、紹介となります。相変わらずメモワールの通底するテーマは演者としても観客としても「忘れられない時間」を提案することです。待望のハングアウトや新しい出会い、そしていつかの交流のキッカケになればと思います。それはあくまでも主観によるのものではあるのですが、少しでも力添えできれば幸せです。それでは、皆様のご来場をお待ちしています。来るのが難しい人はぜひ配信で楽しんでください!

 

 

𝗠/𝗘/𝗠/𝗢/𝗜/𝗥 𝗠𝗔𝗦𝗦𝗔𝗖𝗥𝗘 –𝗫𝗺𝗮𝘀 𝗘𝗱𝗶𝘁𝗶𝗼𝗻

 

🎅🅝🅞🅥🅞!

🎁🅜🅔🅜🅞🅘🅡

 

𝟮𝟬𝟮𝟯 𝗗𝗲𝗰𝟮𝟬𝘁𝗵 (𝗪𝗲𝗱𝟭𝟴:𝟬𝟬 𝗼𝗽𝗲𝗻

𝗱𝗼𝗼𝗿: ¥𝟮,𝟯𝟬𝟬+𝟭𝗗

𝗮𝘁 𝗙𝗼𝗿𝗲𝘀𝘁𝗹𝗶𝗺𝗶𝘁𝗛𝗮𝘁𝗼𝗴𝗮𝘆𝗮

 

𝗧𝘄𝗶𝘁𝗰𝗵

twitch.tv/novo_kato

𝗦𝘂𝗴𝗴𝗲𝘀𝘁𝗲𝗱 𝗳𝗲𝗲: ¥𝟭,𝟱𝟬𝟬~

paypal.me/NOVOkato

 

𝔽𝕃𝕐𝔼ℝ

Utanhole

 

𝕋𝕀𝕄𝔼 𝕋𝔸𝔹𝕃𝔼

ion100

 

—-

 

↪︎🌇 𝙃𝙤𝙡𝙮 𝙉𝙞𝙜𝙝𝙩 𝙋𝙖𝙧𝙩𝙮 🌇

 

𝑳𝑰𝑽𝑬

iVy

Organ Tapes 🇬🇧 ※📹

serah trax

yagihiromi

 

𝑫𝑱

ast midori

Hanoi & DMT

Kenji

maqui

ハナチャンバギー速報

 

𝙏𝘼𝙍𝙊𝙏 𝙍𝙀𝘼𝘿𝙄𝙉𝙂

adanami awai

 

※TAROT READINGではadanami awaiによるタロット占い(1回500円!)を受けることが出来ます。デイ中は外部エントランスと室内喫煙スペースの両方に占いブースを設けています。基本的にはどちらかの付近にadanami awaiが滞在しておりますので、希望の方は気軽にお声がけください。

 

—-

 

↪︎🌠 𝙈𝙞𝙙𝙣𝙞𝙜𝙝𝙩𝙏𝙑&𝙍𝙖𝙙𝙞𝙤 🌠

 

𝑳𝑰𝑽𝑬

Gobby 🇺🇸 ※📹

Kenshi ※📹

reisen

 

𝑫𝑱

mareno! & masataka watanabe

 

𝙑𝙇𝙊𝙂 

nene & 川

じんじん

 

𝙍𝘼𝘿𝙄𝙊

『この曲を聴け!魂に響く聖夜ソング特集』(仮)

alien.melissa

KATO

pnnikin

shiranaihana

ハナチャンバギー速報

Kenji & seaketa

 

※ハナバギ差し入れの特製ケーキ有り

※掛けたい曲がある方、飛び入り参加大歓迎!USBご持参下さい

 

𝘽𝙇𝙐𝙀 𝙓𝙋

Nozomu Matsumoto

 

 

※📹マークは映像出演、VLOGは映像の上映、RADIOはリスニング&トーク、BLUE XPはサウンドトラックの観賞となります。’パーティー会場(デイ)’から’家(ナイト)’に至るまで、様々なシーンにおけるクリスマスをリラックスしてお楽しみください。

 

※ナイトにおけるreisenのライブ、RADIOパート、Nozomu Matsumotoのサウンドトラックは配信をしません。他は全編配信されますので、遠方の方も是非ご参加ください。

 

※エントランス会計後は外での休憩はOKですが、地上に出る場合は近隣他店や看板の邪魔になるような場所での溜まり、ゴミ放置等は厳禁です。地下踊り場に留まるか、建物から離れた場所での休憩をお願いします。

 

※デイ&ナイトのパーティーとなりますが、ナイトのみ参加の方についてもエントランス料金はバーカウンターにて確実に支払いをお願いします。デイ+ナイト両方参加、ナイトのみ参加も一律¥2,300+1Dとなります。デイは入口外部に受付あり。

 

※エントランス料金会計後はリストバンドを着用していただきます。リストバンド着用が確認出来れば再入場料金は掛かりません。

 

※トラブル等が発生したり不審な行動を目撃した場合は、バーテンのKATO、主催のKenji、アシスタントのハナチャンバギー速報(Hanano&Ryota)のいずれかにご報告ください。早急に確認及び対応を致します。上述のメンバーは当日蛍光カラーのリストバンドを左腕に着用予定ですので目印にしてください。些細なことでも気軽にお声がけください。みんなで温かいパーティーを作りましょう!

 

🎅🅝🅞🅥🅞!

https://www.instagram.com/_n_o_v_o_/

 🎁🅜🅔🅜🅞🅘🅡

https://www.instagram.com/memoir.party/

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more