ヴェールに包まれたモダンニューエイジ|Ana Roxanne来日公演開催

透明人間になったと感じたことのあるすべてのひとへ

 

 

ー透明人間になったと感じたことのあるすべてのひとへ(*)

 

ヴェールに包まれたモダン・ニューエイジ。パンデミックを経験した世界へ、独自の深い探究の中から静けさと遅さを差し出していく。Ana Roxanneの初来日公演が10月18日渋谷WWWにて開催。

 

自主制作EP『~~~』をMatthewdavid主宰のLeaving Recordsからリイシューした後カナダの名門krankyと契約し、2020年にインターセックスであることの経験を探求した『Because Of A Flower』でフルアルバムデビュー。

 

エレクトリック・メディテーション、ドリーム・ポップ、アンビエントの境界で活動するAna Roxanneのインスピレーションは、世俗的なもの(1980年代と90年代のR&Bのディーヴァたち)とスピリチュアルなもの(彼女が育ったカトリックの合唱の伝統や北インド古典音楽)にまたがり、アトモスフェリックでいて古来の、癒しであり閉ざされている感覚が同居する、独特の直感的な音楽へと結実している。

 

自身の感情にアクセスしそれを表現する「声」を探究しながら、ベース、テクスチャーを繊細に扱いオーケストレーションする彼女は、音楽の中に空間と感情を見出し、その瞬間に身を置くことを促す。

 

今年7月には、”ディープ・レゲトン”のオリジナルスタイルで活動するDJ Python(Brian Piñeyro)とのプロジェクト「Natural Wonder Beauty Concept」としてセルフタイトルのデビューLPをMexican Summerからリリースしたばかり。

 

(*)『Because Of A Flower』に収録された「Suite pour l’invisible(透明人間への組曲)』は、1800年代にフランスのエルキュリーヌ・バルバン(Herculine Barbin)によって書かれた、インターセックスの人の最も古い回想録にインスパイアされたもの。この楽曲は彼女に捧げるものであると同時に、何らかの形で透明人間になったと感じたことのあるすべての人に捧げるものでもある。

 

 

<公演概要>

日 程:2023年10月18日(水)

会 場:Shibuya

出 演:Ana Roxanne

時 間:open 18:30 / start 19:30

料 金:前売 ¥5,000(税込 / ドリンク代別 / 全自由)

チケット:

 一般発売:9月1日(金)18:00-

 e+:https://eplus.jp/ana-roxanne/

 Zaiko:https://wwwwwwx.zaiko.io/e/ana-roxanne

問い合せ:WWW 03-5458-7685

公演詳細ページ:https://www-shibuya.jp/schedule/017131.php

主催・企画制作:WWW

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more