「宇川直宏展|FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE」開催

9/10 – 11/5 練馬区立美術館

 

 

史上12度目のDOMMUNE展!!! 今回はRhizomatiksとのコラボにより、DOMMUNEオリジナルモデルのジェネレーティブAIを創生し“描く”という行為の歴史的なアップデートを図る!!!!!!! AI時代の創作において、一体作家は作品のどこに存在しているのか? ストリーミングを装った現代メディア・セラピー13年の痕跡!!!!!!!

 

宇川直宏(1968年~)は、1980年代末より映像作家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、キュレーターなど多岐にわたる活動を展開するするアーティストです。1990年代より活動の舞台を現代アートにも拡張し、国内外で様々な作品を発表してきました。2010年には世界に先駆けてライブストリーミング・チャンネル「DOMMUNE(ドミューン)」を開局し、毎夜、多種多様なトーク、DJプレイ、ライブやトークセッション等を世界に配信し、国内外の先端的なアートシーンに大きな影響を与えています。宇川はスタジオで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの“現在美術表現”と位置づけています。また宇川は日夜配信を続けることを、テレビやラジオや新聞や雑誌、またインターネット等様々な”現代メディア”の盛衰に対し、オルタナティブの側からセラピーを行っている感覚であるとも言います。

 

 

これまでDOMMUNEは、ドイツ:ドルトムントU、山口:YCAM、千代田:3331、金沢21世紀美術館、高松:玉藻公園/披雲閣、ロンドン:コープランドギャラリー、リンツ:アルスエレクトロニカ、札幌国際芸術祭、瀬戸内国際芸術祭、さどの島銀河芸術祭、京都市京セラ美術館他で、サテライトスタジオを開設し、ストリーミング母体を遍在させるパフォーミングアーツや、アーカイヴの定義を問い直すインスタレーションを行なって来ましたが、12度目の本展では、アーティストとしての宇川直宏自身にフォーカスし、13年間に渡ってアーカイヴィングされた1万時間を超えるDOMMUNEの膨大な番組アーカイブを紹介するとともに、それらの映像を素材として、絵画や立体作品など他のメディアに拡張・変換・創造し、“描く”という行為の歴史的なアップデートを図ります。その過程で番組に介在するのは、宇川自らやDOMMUNEクルーだけでなく、日々の配信行為に纏わる視聴者と同じく、様々な年齢・多様な背景を持つ人々、そして人工知能。アーカイブの様々な可能性を探るとともに、近年広く普及し始めたジェネレーティブAIによる画像生成にも着目し、描くとは何か、今世紀的な作家性や作品のあり方とは何か、もしくはそこから創出される価値とは何かなど、“近代・現代・現在美術”を新たに捉え直すプロジェクトとなります。そのために、現在、真鍋大度率いるRhizomatiksとのコラボにより、DOMMUNEオリジナルモデルの生成系人工知能を創生中です。また、ブロックチェーン、そしてスマートコントラクトによる所有や販売などのプロセスを独自考察し、伝統的なメディアである絵画と同時に、NFT作品の制作も行います。また、会期中には練馬区立美術館の中にサテライトスタジオを開設し、ライブストリーミングを行い、さらなる情報の蓄積を目にしながら番組に参加することが可能です。毎日大量の人々が行き交うプラットフォームであり、芸術/文化情報の泉源であるファイナルメディア「DOMMUNE」を、様々に変換し時空を錯綜しながら眺める試みは、仮想空間と物理空間の交通、ユビキタスとモバイルによる超分散的サイバー空間の投影など、Web3.0(※6)以降の社会を取り巻く様々な問いを、更に深める機会ともなるでしょう。

 

 

 

<開催案内>

「宇川直宏展|FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE」AT 練馬区立美術館

●会期:2023年9月10日(日)~11月5日(日)

●休館日:月曜日(ただし、9月18日(月祝)、10月9日(月祝)は開館、翌9月19日(火)、10月10日(火)は休館)

●開館時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで

●観覧料:一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生)400円、団体(一般)800円、団体(高校・大学生)700円、ぐるっとパスご利用の方500円(年齢などによる割引の適用外になります)

 

※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)

※障害がある方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金でご観覧いただけます。

※団体料金は、20名様以上の観覧で適用となります。

※当館は事前予約制ではありません。当日、チケットカウンターでチケットをお求めください。

 

●主催:練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)、DOMMUNE株式会社

●協力:株式会社Rhizomatiks、ANOMALY、池上通信株式会社、BRDG / VRDG

●アクセス:西武池袋線中村橋駅下車 徒歩3分 電話:TEL 03-3577-1821

●住所:〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16  練馬区立美術館

練馬区立美術館 official HPhttps://www.neribun.or.jp/museum.html

 

 

UKAWA NAOHIRO / Portrait of a MEDIA THERAPIST Photo by Toshio Ohno(L MANAGEMENT)「WIRED」JAPAN VOL.38

 

■宇川直宏|Naohiro UKAWA(現“在”美術家|DOMMUNE 主宰)

 

1968 年香川県生まれ。現”在”美術家。映像作 家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、大 学教授など、80 年代末より、極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている。2001 年「Buzz Club: News from Japan」(MoMA PS1・ニューヨーク)、「JAM: Tokyo-London」(Barbican Art Gallery・ロンドン)に参加して以来、国内外の多くの展覧会で作品を発表。2010年には、日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」を個人で開局。記録的なビューワー数で国内外にて話題を呼び、2011年文化庁メディア芸術祭推薦作品に選出される。宇川はDOMMUNEスタジ オで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの”現在美術作品”と位置づける。2016年アルスエレクトロニカ(オーストリア/リンツ)のトレインホールにステージ幅500Mのサテライトスタジオ「DOMMUNE LINZ!」を開設、2019年、瀬戸内国際芸術祭にてサテライトスタジオ「DOMMUNE SETOUCHI」を開設。どちらも大きな話題となった他、これまで DOMMUNEは数々の現代美術の国際展に参加し、ロンドン、ドルトムント、ス トックホルム、パリ、ムンバイ、リンツ、福島、山口、大阪、香川、金沢、秋田、札幌、佐渡島と、全世界にサテライトスタジオをつくり、偏在(いま、ここ)と、遍在(いつでも、どこでも)の意味を同時に探求し続けている。10年間に渡って配信した番組は約5000番組/約1万時間/150テラを越え、トータル視聴者数1億人を超える。2019年、リニューアルした渋谷PARCO9Fにスタジオを移転。「SUPER DOMMUNE」に進化し、5G以降の最前衛テクノロ ジーと共に未来を見据えたアップデートを図る。2021年、第71回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

●DOMMUNE official HPhttps://www.dommune.com/

 

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more