bedがニューシングル「mother ship」をリリース

4月22日にWWW Xにてイベントも

 

 

東京のライブハウス/クラブを中心に活動するbedが、4曲目のシングル「mother ship」をリリースした。

 

ニューウェーブのレトロ近未来的で機械的な質感、パンクのフィジカルなエネルギー、サイケデリックな酩酊感や快楽的なエレクトロポップの香り(シンセや打ち込みは使っていないが)など、さまざまな要素のシナジー。それによって今回も、ロックバンドであること意外のカテゴライズは不能で無用の、圧倒的に”bed”と言える曲が仕上がっている、とのこと。

 

 

4月22日に渋谷WWW Xにて、DJクルーSUPERFUZZとのパーティ『SLEEPWELL version 2』を開催。ゲストにはNo Buses、Luby Sparks、Gliiico、Sisters In The Velvetが出演。同日深夜に開催されるアフターパーティには、eitaro sato(indigo la End)の追加出演が決定。

 

bed コメント

 

『東京で活動をスタートして1年。bedがライブバンドであるということは、まだごく小さな界隈ではあるが、ある程度まで周知できた自負がある。そんな流れの中で、昨年リリースした3曲のシングルもまた、ライブ演奏の熱量、フィーリングを閉じ込めることに注力した(それはリスナーに対してでもあり、自分たち自身のためにでもあった)ものだった。それに対して、2023年最初のリリースとなる今回の「mother ship」は、”ライブ感”という軸とは距離を多き、音源(リスニング)作品としてのクオリティーにフォーカスを合わせた。そうなると、英米と日本との音源編集のセンスやレベルの差が立ちはだかる。その問題と対峙したうえで、世界照準で現在進行のロックミュージックのテーブルに並べても独自性があり、勝っていると思えるような曲を作ること。2023年のロックミュージックを鳴らすこと。それがリリースにあたってのジャッジラインだった。音源を作るうえで、“完璧”だと思える日なんて永遠に来ないかもしれない。ただ、今回の「mother ship」で少なくとも第一コーナーは回れたのではないかと、今のところは思う。ロックやロック音楽の何かしらに興味のある人なら、きっと楽しめるはず』

 

 

bed × SUPERFUZZ presents SLEEPWELL version 2

日程:4月22日土曜日

会場:渋谷WWW X

時間:16時~22時

チケット:前売3500円 / 当日4000円(ともに要別途1ドリンク代)

出演:bed / No Buses / Gliiico / Luby Sparks / Sisters In The Velvet / SUPERFUZZ(DJ TAISHI IWAMI & MICHEL)

チケット:https://eplus.jp/sleepwell/

 

 

SUPERFUZZ -SLEEPWELL AFTER EDITION-

日程:4月22日(土曜日)

会場:渋谷Club Malcolm

時間:23時30分~5時

入場:2000円1ドリンク付き

DJ:TAISHI IWAMI / SHINJI MIYAUCHI(bed)/Cwondo / eitaro sato(indigo la End)/ KEIGO & MUSASHI

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more