ENG JPN

bedが3rdシングル「Michael Mann」をリリース

10月30日「SLEEPWELL」開催

 

 

2022年から本格的なライヴ活動を開始したバンド、bedが3rdシングル「Michael Mann」を配信リリース。

 

bedはバイオグラフィーを持たず、SNSでは多くを語ることなく、メディアへの露出などプロモーションらしいプロモーションを行わずにパフォーマンス力で着実にオーディエンスを増やし続けてきた。9月22日には渋谷WWW Xにて、DYGLとBROTHER SUN SISTER MOONを迎えて開催した自主企画パーティ『SLEEPWELL』をソールドアウト。その間にリリースした1stシングル「APOLOGIZE」と2ndシングル「Kare Wa」も大きな反響を得た。

 

そんなbedの3rdシングルとなる「Michael Mann」は、エレクトロニックミュージック創世記のレトロ宇宙的なエネルギーや、アシッドハウス、ビッグビートなどのダンスミュージック/クラブ・レイヴカルチャーの文脈と、ロックバンドのタフネスや耽美性とのシナジーが唯一のトリップ感を生む、ライヴでもハイライトのひとつとなっている楽曲。

 

 

– bed コメント –

 

bedは新しい世代のためのものだ。

それは年齢のことではない。

感性をアップデートしている人たちのためのエンターテインメントであるべきだ。

そこから長らく遠いところにいたのが、ロックミュージック・ロックバンドとそのオーディエンス、周りを取り巻くギョーカイの人間たちだった。特にこの国では。

 

変わっていかなければいけない。

それに気付いてる奴らが変えていかなければいけない。

誰でもウェルカムなんてそんな屋号ではない。

線引きはこちらでもさせてもらう。

これは先に言っておく。

 

残念だけど、アップデートされてない人たちには、この曲を聴いたとき15〜20年前のダンスロックバンドたちが浮かぶんだろう。そしてツイートするんでしょ?「○○や○○○や○○の影響を……!!」みたいな。

 

I’m so sorry for you.

きっと全員的外れでしょう。

お引き取りください。

 

この曲を聴いて、何も浮かばない何もチラつかない人たち。

実はそれが正解です。

ただシンプルに、この音がさらなる立体感と熱量で鳴らされる現場を思い浮かべてワクワクできる人たち。

そしてその気持ちだけでbedがプレイするヴェニューに遊びにくる人たち。

この音楽に見合ったパフォーマンスをフロアで俺たちに見せてくれる人たち。

最高です。それだけが圧倒的に正しい。

 

ちなみにMichael Mannの『HEAT』はベストオブベストな映画のひとつ。どちらかといえばこの曲は『MIAMI VICE』のシーンのほうが合うかもだけど。

 

 

bed – Michael Mann

Release date : 13 October 2022

Stream : https://friendship.lnk.to/MichaelMann

 

 

また、bedは先述したパーティ『SLEEPWELL』の大阪編を10月30日に中崎町NOON + CAFEにて開催。ゲストライヴにはNo BusesとLuby Sparks、DJには共同主催のSUPERFUZZクルーが出演する。なお、パーティのフライヤー、bedの一連のシングルのアートワークやミュージックビデオなどはクリエイティブチーム、Lossが手掛けている。

 

 

bed × SUPERFUZZ presents SLEEPWELL OSAKA

日程:10月30日(日)

時間:17時~22時

会場:中崎町NOON + CAFÉ

チケット:前売 3000円 / 当日 3500円(ともに要別途1ドリンク代)

出演:bed / No Buses / Luby Sparks / SUPERFUZZ (DJ)

前売りチケットリンク:https://eplus.jp/bed/ 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more