ダンスミュージックの境界線とは何か|Amor SatyrがEP『Transfer』を発表

サウンドシステムを燃やし尽くす

 

 

ダンスミュージックの境界線とは何か。Amor Satyrの最新EP『Transfer』は、トランスの要素を多分に含んでいるだけでなく、ブラジルのバイレファンキから引用したボーカルクリップを再利用している。このパリジャンの熟練した手にかかれば、この組み合わせはまさに命取り。これはボディ・ミュージックであり、このレコードのテンポと燃えるシンセは、自由奔放なレイヴの伝統に完全に根ざしているが、その轟くローエンドはサウンドシステムを赤字にするほどの力強さを持っている。

 

スピード感溢れるタイトル曲は、壊れたリズムと厚いベースの上にクランチーなメロディーを展開するが、この音楽の2つの精神を最もよく体現しているのは、おそらく「Quer Dançar?」。また、この曲では、ブラジルの繊細なヴォーカルが使われており、Amor Satyrは、この曲の目まぐるしいドラム・アタックにアクセントを加えるために巧みに使う。さらに、「Rebola」では、このテクニックを駆使して疾走感にさらに命を吹き込む。

 

 

Amor Satyr – Transfer

Label : Monkeytown Records

Release date : May 18th 2023

Vinyl : https://www.monkeytownrecords.com/releases/transfer/

Stream : https://amorsatyr.lnk.to/QuerDancar

 

Tracklist

A1/ Transfer

A2/ Quer Dançar?

B1/ Rebola

B2/ Bebe

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more