まよなかに潜りこみ、ほしを探しにゆめの場所へ|Tek Lintoweが初来日

3/10 heavysick ZERO

 

 

ロードアイランド州プロビデンスを出身とするTek Lintoweは、CASIOキーボードで作るルネッサンス擬きのアレンジに、ボーカロイドやガバのキックをぶつける時もあれば、Organ Tapesや Joeyy、Lakerと協力し(又は自分の即興オートチューンボーカルを使い)繊細でエモーショナル なラップバラードも繰り広げたり、時には2000年代R&Bの煌びやかな装飾を誇張したラブソングを作る。新しいアルバムやコラボを発表するたび変容する多彩なプロデューサー。そんなTek Lintoweの初来日イベントをWa?steとsudden starが開催する。

 

Tek Lintoweに続き、Helicaと共にmirror:imageとして活動し、Lauren Ander、DJHともコラボレーションを行うイギリス出身トラックメーカー/イラストレーターのmimics gate来日。都外からは、大阪在住でアルバム『Odorata』をリリースしたプロデューサー/ボーカリストLe Makeup、福井県を拠点にするプロデューサー/ラッパーのIgaが出演。都内からはOrange Milkなどのレーベルからリリースし、感情を溢れ出すポップコラージュを制作するKenji、etherを中心にオーガ ナイザー/DJとして活動するLoci、パフォーマーのNizika(Super Hot Songs)とGenome 6.66 Mbp などからリリースをし、Radixを主催するWa?steで構成される。今回のNizikaのパフォーマンスは Wa?steのコラボレーションで即興音楽に、人間離れする自作衣装を合わせた形式となる。

 

 

Into the light of the night kitchen…

3/10 中野Heavy Sick Zero 23:30~

入場料:2000円+1D

Iga (Live)

Kenji (Live)

Le Makeup (Live)

Loci (DJ)

mimics gate (DJ)

Tek Lintowe (Live+DJ)

Wa?ste x Nizika (Live)

(アルファベット順)

ポスター: Felix Idle

映像&空間デザイン:Felix Idle & sudden star

 

 

Tek lintowe interview

 

テキスト : madjestickasual

訳 : Felix Idle・Kai

 

天才やカルチャー人に聞くと世界一「最高な」ミックスシリーズと称賛され、間抜けな人に聞くと世界一「最悪な」シリーズだと軽蔑されるMadjestic Kasual主宰の「A Mix」シリーズ。これで少しはわかってもらえたかな?

 

今回は「A Mix」でインタビューをしたいと思う。具体的には「A Mix」でミックスを作ってくれた参加者に質問し、答えを聞く。

 

それではようこそ————世界で一握りしかいないトップアーティストを紹介するテキストシリーズ、「An Interview」へ

 

An Interview」第二回はTek lintoweにインタビュー。

 

 

頭の中を覗ける望遠鏡を装備して、そっと遠くからTek lintoweの輝かしい脳内風景を覗いてみたら何が見つかるかな。彼が気を抜いてふと眠りについた瞬間を狙って、そっと中に潜り込む。皮質の外堀を渡れば、領地に潜り、ナイトビジョンを付けて脳裏を張り巡らされるダチュラを漬けた散乱したフレスコの中を覗いてみる。彼の記憶をあさって、恐怖を探る。神経のたんすの引き出しを開け、ピーナツバターとドライピーチを拳いっぱいに盗み食いする。まだ足りない。Tek lintoweの音楽は聴けば聴くほどもっと欲しくなってしまう。 唖然として心臓が止まるくらいの2022年ベストトラックのようなものをもっと。溶けそうなラブアンセムをもっと。古き良きエモトラックも。自分に向けたもの、世界に向けたもの。Lakerとの曲。Joeyyと、remyと、woody、ricky chix、Marlon DuboisやShed Theoryの友達たちとも。ThomasとOrgan Tapes、Bug Bus Piano、aidan swankとも。悪名高いSam HydeのiDubbbzディスの説明欄で評価されるのも。何年か前に旧名義の800としてMadjestic Kasual の「A Mix 」に貢献したミックス。demented tek、作画も。もっともっと。Tek lintoweが新しく作ってくれたMadjestic Kasualの「A Mix」も。

 

 

Tek lintoweが貢献したMadjestic Kasualの「A Mix」。

 

これも「もっと」、そして下にも「もっと」続く…

 

– 今の服装を教えてください。

 

白い綿のポロ靴下。中国製。Lakerのお母さんにもらった

 

淡い茶色のUggブーツ。サイズは10(28cm)。中国製。Lakerにもらった

 

Aeropostaleの青と灰色のポリエステル製ボクサーブリーフ。サイズはM。中国製。 Citi Trendsって店でパクった。

 

変な灰色のひらひらしてる生地で作られた、ゴムのウェストバンドが入っている正装っぽい半ズボン。タグにはAnthony Richardsと言う名前と電話番号が筆記体で刺繡してあるだけ。だから生産地不明。チャリティーショップのGoodwillで買った。黒いピマコットンのPerry Ellisのシャツ。サイズはXL。12歳のときくらいからもってる。オリーブ色のRussell Athleticフリーススエット。サイズは 2XL。中国製。アクリリック・モヘアとナイロンが混ざってるClioニットセーター。アメリカ製。Saversで買った。ちょっとだけ透けて見える。犬の毛とかゴミがついてて汚いから脱がなきゃ笑。

 

 

– 一生同じブランドを着なきゃいけなかったらどのブランドを選ぶ?なんで?

 

Telfar。とか似た感じのギリギリハイブランドじゃない「新しい」ブランド。理由は面白いし、ゆくゆくの見返りが一番大きいから。20年後に誰かに理由を聞かれたら、「昔ある人と約束してね。話すと長いからまた今度話すいつかね」ってかっこいいセリフで返す。

 

 

– 4人のバンドを作るとしたら誰を入れる?

 

誰でも良いよ。それぞれの担当は?The-Dream、星野康太、王菲、ATB。ATBが入りたいなら彼には歌えるようになってもらいたいけど。それができなかったり声がよくないとかだったらDrake&40(2人1組)と交代かな。メンバーで作りたいものを作ってもらう。でも難しい質問だね。正直最後の3人は保存してた曲あさって決めた。めちゃやばいグループだけどバイブスすぐ飽きるかもね。

 

– 流すのが怖い曲はある?

 

そういう音楽は聞かないかな。

 

– 作ったのが自分だったらいいなと思う曲は?

 

Evergraceのサントラ。

 

 

– もっとも影響を受けたイベントは?

 

2018年アリゾナ州フェニックスのLil Ugly Mane。人生で2回目のイベント。17歳の時に当時の彼女と行った。未成年だけなぜか違うバリケードのエリアに分かれてた。DJが一人と前座ライブが2組いて、DJがBenny Revivalをかけてぶちあがった。最初のライブはシンセポップのグループで、ボーカルの人がすごい派手な格好でオートチューンなしで完璧に歌ってた。すげーよかった。その時はすごい好きだったけど、そのあと自分から探してはないかも。二組目はGatekeeperって現地のデスメタルバンドで、あんま好きじゃなかったかな。未成年のセクションでモッシュが始まって、知らないキッズが手足を振り回したりして彼女の顔面に当たって、そういうノリじゃなかったからそのあとずっとステージのまん前にいた。Little Ugly Maneのセットは本当によかったね。見たかった曲をほぼすべてやってくれたし、ガラガラ声で叫んだりしてた。 ステージから21歳以上のセクションにダイブして、5人分くらいしか離れてないバリケードの先で客と盛り上がってるのを見てちょっと悔しかった。終わった後に彼が会場の裏でタバコを吸ってて、少しだけ話しに行った。彼はまだアドレナリンが残ってて、俺が「大ファンだから見れてよかった、でもライブ中に帽子なくしちゃって悔しい」って言ったら真剣に聞いてくれたんだけど、すごいキレ始めて「くそくらえ!くそ会場が!あの帽子取り返すんだよ、いいな?中戻って取りにいけ!」って言われた。結局警備員が入れてくれなくて取り返せなかったけど。新品で90ドルぐらいした帽子を無くした。それと彼が外で背の高い女の子と立ってて、その女の子すごい感じ悪そうだった 、

 

 

– 嗅ぐと直ぐに思い出が浮かんでくる匂いは?

 

たまに通りすがりの人がつけている香水の匂いがあるんだけど、どう説明すれば良いんだろ。8歳か9歳の時に住んでたマンションが一緒だったHannahと言う友達を思い出す。毎日遊んでて、年上でかっこよくて今でも気に入りのアニメとか音楽をいっぱい紹介してくれた。一回彼女が安い百貨店で箱入りの香水セット買ってるのを見たことがあるから、もしかしたらそれかも。今でも外出ている時に嗅ぐことがある。香りの「香調」とか調べてもっと香りについて勉強したいね。どこから始めたらいいのか分からないし別に知らなくてもいいことだからあんまり調べようとしたことないかもだけど。

 

– 死んだ人を誰か一人を甦らせて社会に貢献してもらう。誰を生き返らせる?

 

100パー セオドア・ルーズベルト。

 

– 後世が役立つために誰か一人を冷凍保存できるとする。誰を冷凍保存する?

 

結構真剣に考えたけど友達意外あんまり思いつかなくて、有名な人をググって答えるのは違うかもな。マイケルジャクソンって言おうとしたけど逆張りすぎるし、まずこのインタビューでふざけた答え出しすぎた

 

 

– 結婚式にかける歌?

 

 

– 死ぬ時にかけて欲しい曲は?

 

ひどくて悲しい質問だね、まだ死にたくない

 

– 惚れている有名人は?

 

Ozarkって番組のJulia Garnerは好き。Paris Hiltonも伝説的な存在。 Breaking Badのヒロインの人。テレビ番組のキャラクターしか思いつかない

 

– Tek Lintoweの伝記映画で自分を演じるのは?

 

Vincent Gallo。監督も任せる。多分自分をだっさくてエモいティーンみたいな感じで演じてくれる、いい意味で。

 

 

– 最高のMVは?

 

最初に思いつくのはLil shineのrelax/stopかな。最初に見た時はカットの速さとかカメラの動きの滑らかさが半端なくてみとれていたのを覚えてる。Goldbloomリスペクト。友達と映像の仕事の都合で俺のルームシェアのアパートに泊まったことがあったけど、帰った後に誰かから聞くまで彼が作ったのは知らなかった。凄さでいえば実際文字通り史上最高じゃないかもしれないけど。他に思い付くMVもあるし、予算かけてるやつだったら何本も思い浮かぶけど、ストリートっぽいビデオなのに最初に思いつくのはすごいと思う。MVはほぼShineが外で立ってるだけのショットか、椅子に座っているショットしかない。最高すぎる。

 

 

– 来世で使うために自分の墓に持っていくものは?

 

パソコン。

 

– 過剰評価されていると思うもの。

 

気になることがあっても感情をこらえて直観的に動かないこと。本当は平気じゃないのにその場の雰囲気を壊さないために平気な顔すること。思ってること言っちゃおうよ、shawty

 

– YouTube一のYouTube動画は?

 

GTASanAndreas12543の「猫たちに怒鳴る人」

 

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more