ENG JPN

アートギャラリーOpaltimesにてグループ展「treatment Ⅱ」が開催

オープニングイベント開催

 

 

大阪・粉浜のアートギャラリーOpaltimesにて「年の初めに世界のあちこちを潤し補修することから始めること」をテーマにした企画グループ展「treatment Ⅱ」が開催。2022年1月に第1回が行われ、今回は第2回目となる。

 

世界の各所を潤わせるには粒子の細かさがさまざまで、粘度や油分の含有量まで多様である事が望ましいのではないかと考えたとのこと。「treatment」のもう1つのテーマは越境。国籍や表現方法の異なる(絵画、彫刻、Tattoo、グラフィックデザイン、3DCGなど)作家たちの作品を1つの空間で共存させること、そこに立ち登る蒸気のようなものを今年も存分に浴びたいと願う。1/15(日)には北加賀屋のClub Daphniaにてオープニングパーティも開催。

 

出展作家プロフィール

 

 

添田奈那/NANA SOEDA

1994年生まれ。アジアで売るおもちゃや看板、ガラクタから影響を受け、「チープ」らしさを愛おしく感じるかたわら、社会にまつわる理不尽な事柄に憤りや悲しみを感じ、それらをテーマに作品を制作している。

 

 

王之玉 Wang Zhiyu

神話、伝説、神秘学などから着想を得て制作している。生命体と非生命 体の結合、人工物と自然物の調和、男と女、陰と陽など相反する性質を調和させる。天使と交流する方法、異世界との繋がりを探している。 さまざまな要素が混在し、調和する空間を作り出す。

 

 

Lvdian

1995年中国生まれ。2018年BFA Central Academy of Fine Arts卒業。東京在住。2017年、新世紀のタトゥー研究開発を目的とした「Good People Tattoo Studio」を設立。同時に、様々な種類のインスタレーション絵画や、日用品まで独自に研究・制作している。

 

 

ユンボム〈yunbomu〉

1993年釜山生まれ。アーティスト。東京造形大学卒業。

 

 

urisakachinatsu

1997年生まれ。グラフィックデザイナー / ビジュアルアーティスト。大阪芸術大学にてグラフィックデザインを専攻、卒業後デザイン事務所勤務を経て2022年春よりフリーランスで活動中。

 

 

komowear

グラフィックデザイナー / グラフィックアーティスト。主にCGを使用し、おもちゃやゲームキャラクターのような質感のイラストレーションを制作。グラフィックデザイナーとしても活動。京都発レーベルであるPAL.Soundsのイベントビジュアルやマーチャンダイズのグラフィックデザイン、その他音楽イベントのフライヤーデザインなどを手がける。

 

 

「treatmentⅡ」

2023年1/14(土)~1/29(日)火水定休

月木金…13:00~17:00

土日祝…13:00~19:00

出展作家:添田奈那、王之玉、Lvdian、yunbomu、urisakachinatsu、komowear

 

artgallery opaltimes

〒559-0001大阪市住之江区粉浜1-12-1

WEB展覧会同時開催

https://opaltimes.uchidayukki.com/exhibition/

DM design:urisakachinatsu

 

 

treatment Ⅱ Opening Party “Moisture Park”

2023.1.15 SUN 16:00~22:00

at Club Daphnia

(〒559-0011 大阪府大阪市住之江区北加賀屋5丁目5-1)

ADV ¥2,500 / DOOR ¥3,000 

 

・Live & DJ

abentis

cyber milkちゃん

Dove

不吉霊二

Haras

LIL SOFT TENNIS

Mare Interno

松永拓馬

南タン

nazca

Rosa

 

・Shop

賢い猫

opaltimes

oyster service

Ли лин ю Rusty

trust teji (Onegaigoto)

 

前売りご予約はopaltimes@gmail.comもしくはopaltimesのInstagram DMまで

Flyer Design : komowear

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more