ENG JPN

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展

 

 

AVYSSが出会いと集会をテーマに、ポップアップストア、トークセッション、ライブイベント、アートエキシビジョンを連続的に行うプロジェクト「AVYSS Meeting」を12月8日から12月19日の期間にかけて開催。フライヤーはエキシビジョンにも参加するARATA ITOが手掛けている。

 

今回のプロジェクトは、11月3日に東京・千駄ヶ谷にオープンしたばかりのアートギャラリー「Territory Gallery」を中心に開催される。12月8日から始まるポップアップストアでは新たなコラボアイテムが販売され、12月11日のトークセッションではAVYSSのディレクターCVNに加え、解放新平、NordOst、yukinoiseなど所縁のある面々が各自の視点で2022年の音楽/カルチャーのトピックを語り合う。12月15日から始まるグループ展ではAVYSSのロゴや周年ヴィジュアルなどを手掛けてきたDaiki Miyamaや、ARATA ITO、fantaneruran、naka renya、Zero point energyなど、AVYSSにとってフレッシュなアーティストが参加。特別な物販が準備されており、さらにあの人が似顔絵を書いてくれる?

 

「AVYSS Meeting」期間の中日となる12月14日には、会場を幡ヶ谷Forestlimitに移してAVYSSと「K/A/T/O MASSACRE」とのコラボレーション第三弾となる「A/V/Y/S/S MASSACRE」が開催。ライブアクトはベクトルの違うフレッシュ体験が交わる。ぱちぱちコズミックコンピューター!のメンバーとしても活動する・cyber milkちゃん、仮想空間ベースに妨害電波から身を守る謎の団体・いむ電波.wav、そして孤独の道と壁を叩き続けながらキャリアを重ねてきた2組もラインナップ。年齢と共に変化する仕事や環境を受け入れながら今見える景色だけを表現する宇都宮のエレクトロニックSSW・Hitoshi Kojimaが数年ぶりのライブを披露、クライマーの生き様を音楽に変換するゴルジェアーティスト・Kazuki Kogaが福岡から参加。さらに、本イベントの翌日からスタートするグループ展に参加する作家陣がDJ/VJとして参加。ほぼ初DJとなるメンバーに加えて、JACKSON kakiがヨーロッパから凱旋帰国DJ、トークセッションにも出演するDJ/ライターのNordOstも参加。終演後にも何かあるかもしれません。

 

 

■POP-UP STORE

日程 12/8 – 12/12

時間 12:00 – 19:00 (12/12は17時まで)

会場 Territory Gallery

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-23-6 サンビューハイツ北参道101号室

WEB https://territorygallery.com/

 

 

■TALK SESSION

日程 12/11

時間 17:00〜

会場 Territory Gallery

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-23-6 サンビューハイツ北参道101号室

WEB https://territorygallery.com/

 

A-Z

CVN

解放新平

NordOst

yukinoise

 

 

■A/V/Y/S/S MASSACRE

日程 12/14

会場 Forestlimit

住所 東京都渋谷区幡ケ谷2丁目8−15

OPEN 19:00

1800JPY+1D

 

A-Z

LIVE

cyber milkちゃん

Hitoshi Kojima

いむ電波.wav

Kazuki Koga

 

DJ

fantaneruran

JACKSON kaki

naka renya

NordOst

SAKURA (Zero point energy)

 

VJ

ARATA ITO

 

 

■ART EXHIBITION

日程 12/15 – 12/19

時間 12:00 – 19:00 (12/19は17時まで)

会場 Territory Gallery

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-23-6 サンビューハイツ北参道101号室

WEB https://territorygallery.com/

 

出展作家(A-Z)

ARATA ITO

Daiki Miyama

fantaneruran

naka renya

Zero point energy

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展

 

 

AVYSSが出会いと集会をテーマに、ポップアップストア、トークセッション、ライブイベント、アートエキシビジョンを連続的に行うプロジェクト「AVYSS Meeting」を12月8日から12月19日の期間にかけて開催。フライヤーはエキシビジョンにも参加するARATA ITOが手掛けている。

 

今回のプロジェクトは、11月3日に東京・千駄ヶ谷にオープンしたばかりのアートギャラリー「Territory Gallery」を中心に開催される。12月8日から始まるポップアップストアでは新たなコラボアイテムが販売され、12月11日のトークセッションではAVYSSのディレクターCVNに加え、解放新平、NordOst、yukinoiseなど所縁のある面々が各自の視点で2022年の音楽/カルチャーのトピックを語り合う。12月15日から始まるグループ展ではAVYSSのロゴや周年ヴィジュアルなどを手掛けてきたDaiki Miyamaや、ARATA ITO、fantaneruran、naka renya、Zero point energyなど、AVYSSにとってフレッシュなアーティストが参加。特別な物販が準備されており、さらにあの人が似顔絵を書いてくれる?

 

「AVYSS Meeting」期間の中日となる12月14日には、会場を幡ヶ谷Forestlimitに移してAVYSSと「K/A/T/O MASSACRE」とのコラボレーション第三弾となる「A/V/Y/S/S MASSACRE」が開催。ライブアクトはベクトルの違うフレッシュ体験が交わる。ぱちぱちコズミックコンピューター!のメンバーとしても活動する・cyber milkちゃん、仮想空間ベースに妨害電波から身を守る謎の団体・いむ電波.wav、そして孤独の道と壁を叩き続けながらキャリアを重ねてきた2組もラインナップ。年齢と共に変化する仕事や環境を受け入れながら今見える景色だけを表現する宇都宮のエレクトロニックSSW・Hitoshi Kojimaが数年ぶりのライブを披露、クライマーの生き様を音楽に変換するゴルジェアーティスト・Kazuki Kogaが福岡から参加。さらに、本イベントの翌日からスタートするグループ展に参加する作家陣がDJ/VJとして参加。ほぼ初DJとなるメンバーに加えて、JACKSON kakiがヨーロッパから凱旋帰国DJ、トークセッションにも出演するDJ/ライターのNordOstも参加。終演後にも何かあるかもしれません。

 

 

■POP-UP STORE

日程 12/8 – 12/12

時間 12:00 – 19:00 (12/12は17時まで)

会場 Territory Gallery

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-23-6 サンビューハイツ北参道101号室

WEB https://territorygallery.com/

 

 

■TALK SESSION

日程 12/11

時間 17:00〜

会場 Territory Gallery

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-23-6 サンビューハイツ北参道101号室

WEB https://territorygallery.com/

 

A-Z

CVN

解放新平

NordOst

yukinoise

 

 

■A/V/Y/S/S MASSACRE

日程 12/14

会場 Forestlimit

住所 東京都渋谷区幡ケ谷2丁目8−15

OPEN 19:00

1800JPY+1D

 

A-Z

LIVE

cyber milkちゃん

Hitoshi Kojima

いむ電波.wav

Kazuki Koga

 

DJ

fantaneruran

JACKSON kaki

naka renya

NordOst

SAKURA (Zero point energy)

 

VJ

ARATA ITO

 

 

■ART EXHIBITION

日程 12/15 – 12/19

時間 12:00 – 19:00 (12/19は17時まで)

会場 Territory Gallery

住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-23-6 サンビューハイツ北参道101号室

WEB https://territorygallery.com/

 

出展作家(A-Z)

ARATA ITO

Daiki Miyama

fantaneruran

naka renya

Zero point energy

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more