ENG JPN

収益はマングローブ植林へ|99CHANTSが初のコンピレーション作品を発表

99回目のリリースでプロジェクト完了

 

 

2018年からローマとベルリンの間に拠点を置く〈99CHANTS〉は、古代と中世の詩を手がかりに、聖歌の輪郭を現在の形で辿りながら拡張するレーベル/アートプラットフォーム。ジャンルやフォーマットに制限されることなく、文化的な人工物、その時代性を反映したものとして存在している。99Cは、環境と全ての人のための表現への具体的なコミットメントという、進歩的な倫理観を前提にしている。そして、このプロジェクトは有限であり、99回目のリリースで完了する。

 

『IMAGINARY LANDSCAPES』は、KMRU、Yu Su、Kareem Lotfy、Hadj Sameer、Sara Bertsらが参加するDavid Augustのインプリントによる初のコンピレーション作品。David August自身による2つの新しいプロジェクト、Aşa (with jazz-noise vocalist Cansu Tanrikulu) と Madrā (with Carnatic vocalist Sushma Soma) も含まれている。

 

「世界が絶えず変化している様子を観察し、モーションというアイデアが浮かんだ。プラトンの運動の概念に触発され、99CHANTSは参加アーティストに「想像の風景」をクリエイトすることを呼びかけました。私たちはこの環境の変化をどのように乗り越えていくかを考えなければならない。これは、レーベルとしての責任だけでなく、今この瞬間の音楽の役割を考え抜くことを意味します。私たちは、創造性を発揮し、自分の内面を見つめることで、希望と行動を起こすことができると信じています。私たちは、音楽がそのようなインスピレーションの入口を作ることができるのか、さらに探求していきたいと考えています。謙虚さと感謝を込めて、このコンピレーションがより大きな絵への小さな貢献となることを願っています。2018年に99Cをスタートさせて以来、環境を守ることは私たちの存在意義にとって最も重要なことです。目に見えるインパクトの可能性を考え、補償行為について熟考し、全ての収益を非営利団体「ONE TREE PLANTED」に直接寄付することにしました。2014年に設立されたOTPは、世界中のパートナーと協力し、森林破壊の影響を受けている地域に木を植える活動を行っています。2020年時点で1000万本の木が植えられ、生物多様性が刺激され、雇用が創出され、コングロマリットやエネルギー企業が世界のCO2排出の大部分を占めていますが、利益の名の下に破壊された地域は再び生命を繁栄させることができるのです。」

 

 

VA – IMAGINARY LANDSCAPES

Label : 99CHANTS

Release date : 2 December 2022

Bandcamp : https://99chants.bandcamp.com/album/imaginary-landscapes

 

Tracklist

1. KMRU – Temporal Frame

2. Aşa – Su

3. Delawhere – UFO Perspective

4. Liila – (co)becom(ing)

5. Dave Saved – Present Tense

6. Kareem Lotfy – Nano Voodoo

7. Sara Berts – Echoes from Planet New

8. Yu Su – Oltre

9. Hadj Sameer – Jeunegueule

10. Rehab Hazgui – Homeomorphy

11. Biophony – Waldhorn Choir

12. Madrā – Asarīri | அசரீரி

13. Aria Rostami – Monochrome

category:DONATION

tags:

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more