ENG JPN

CYKがクローズ目前のCONTACTでのラストパーティーを開催

伝統的なダンス・ミュージックのグルーヴに特化

 

 

2022年に『Rainbow Disco Club』や『FUJI ROCK FESTIVAL』等に出演しエポック・メイキングな体験を経たCYKが、出自であるナイトクラブに帰還する。昨年の11月振りにCONTACTにて開催、9月のクローズを目前にした同ベニューでの最後のCYKとなる。

 

CYKである以上、その夜が盛大なパーティーになることを私たちは期待している。と同時に、ここ数ヶ月でかつてない大観衆との最高潮を共有した今こそ、私たちが敬愛するダンス・ミュージックの原点に立ち帰ろうと思う。

 

今回のゲストは全組がCYK初出演。Little Dead Girlの自身の楽曲に通ずるオーガニックなグルーヴでパーティーは立ち上がる。川崎工場地帯の伝説『DK SOUND』のレジデント・Traks BoysのDJにも期待せずにはいられない。夜が深みに達する頃、札幌の至宝・Kuniyukiの精細極まるライヴ・セットが披露され、パーティーのクロージングはお馴染みとなったCYKの4人ーNari、Kotsu、Naoki Takebayashi、DNGによるB2Bセットだ。

 

CONTACTフロアは、道玄坂の爆心地・MITSUKIを率いるディスコ若頭 YAMARCHYのロングセットでスタート。京都West Harlemで成長を遂げるホープChanazが続き、MAYUDEPTHがクィア・パーティー『MOTORPOOL』のレジデンシーで培われたタフでアイデア溢れるグルーヴでフロアを導く。KAITOによる大阪屈指の退廃的なディープハウスが迎える最後の瞬間まで、見逃せない。また今回も、CYK初期から活動を共にするkenchan + LOYALTY FLOWERSによるインスタレーションが出現する。

 

今回のCYKはこれまで以上に、伝統的なダンス・ミュージックのグルーヴに特化したラインナップとなった。連なっていく音楽が導く場所、深夜のグルーヴに身を任せた先にある何か。多くのダンサーと共に大舞台を経験した今でも(今だからこそ)、暗い地下のフロアでのぼんやりとした美しい瞬間は忘れ難い。数々の夜のハイライトをもたらしてきたCONTACTという場所は終わってしまうが、これからもパーティーは続いていく。CONTACTでの最後のダンスで、類い稀なるアーティスト達、そしてこの夜を期待し待ち望んでくれているクラバー諸兄と共に、ダンス・ミュージックがもたらす「あの瞬間」を探し求めたい。このパーティーと「その瞬間」が、集った人々が先へ向かうための節目になることを切に願っている。

 

 

CYK -THE STORY CONTINUES-

DATE:2022.8.19 fri

VENUE:CONTACT

OPEN/START:22:00

ADV./ DOOR:¥2,500 / ¥3,000

UNDER 23:¥2000 / BEFORE11PM: ¥2,000 / GH S MEMBERS:¥2,500

 

Tickets & More Info:CONTACT

https://www.contacttokyo.com/schedule/cyk/

 

Line Up(A to Z)

STUDIO X:

CYK(Nari / Kotsu / Naoki Takebayashi / DNG)

Kuniyuki

Little Dead Girl

Traks Boys

 

CONTACT:

Chanaz (from Kyoto / PAL.Sounds)

KAITO (from Osaka / MOLDIVE)

MAYUDEPTH (四季協会 / MOTORPOOL)

YAMARCHY (DISKO KLUBB)

 

VIDEO INSTALLATION:

kenchan + LOYALTY FLOWERS

 

FOOD&COFFEE

Hon’s Tacos

osmo coffee roaster

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE