ENG JPN

James IvyがデビューEP『Good Grief!』をリリース

自分の声を見つけるためにコンピューターから離れてギターを手にした

 

 

韓国をルーツに持つNY拠点のシンガーソングライター/プロデューサーJames IvyがデビューEP『Good Grief!』をリリース。

 

ニュージャージー州出身の現在22歳、A. G. CookやSOPHIEなど〈PC Music〉周辺のエレクトロニック・ミュージックに触発され、楽曲制作を開始。その後、NYに移ってからエレクトロニック・ミュージックのソングライティングに限界を感じ、自分の声を見つけるためにコンピューターから離れ、ギターを手にして作曲を始めることになる。本作は、その過程で生まれたネオ・グランジ、インディーロック、エレクトロニック・ミュージックなどのユニークな合流点の最初の集大成である。

 

 

 

James Ivy – Good Grief!

Label : FADER Label

Release date : 22 October 2021

Stream : jamesivy.lnk.to/GoodGrief

 

Tracklist

1. Headset Go

2. Snakes

3. Dirt

4. Last Star

5. Pushin’ Thru It

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/06/07

dariacoreは(きっと)蘇る|ネットミームとしてのサンプリング音楽考

dariacoreは死んだのか more

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more