ENG JPN

ハーシュノイズガバキック|黒電話666が新作『PTN.YLW / HARM』をリリース

多様化する敵の脅威がハーシュノイズ+ガバキックに憑依

 

 

黒電話666 / BLACKPHONE666が、ガバキックを取り入れた新作『PTN.YLW / HARM』を〈Murder Channel〉とダブルネームでリリース。

 

初期デジタルハードコアを彷彿とさせるガバ〜ハードテクノ、三拍子キテレツ曲からパワエレまで、イナたいレイヴシンセと殴打される歪キック、脳に纏わりつく忌ノイズ。Drastik Adhesive Forceとのユニット「tesco suicide」以来8年ぶり、ソロとしては〈死体カセット〉の作品以来15年ぶりのカセットテープリリースとなる(DLコード付)となる今作、カセット版のみB面にスピードコア・ハーシュノイズウォール・トラックが収録。

 

2017年にDotsmarkからリリースされた『Accumulation』でもノイズミュージックに新たなオルタナティブ性を与えた黒電話666が、主軸にビートを突き刺したダンスミュージック。2021年、時代に逆行するパツパツに詰まった激圧トラック全6+1。インダストリアルテクノやベースミュージックがエクスペリメンタルとの融合を進める近年、ノイズ側からダンス側へのアプローチとなる今作は、初期衝動性がオールドスクールなカラーリングを施しているのが特徴。

 

ユニットやDJ名義のMOSHIMOSHIにおいてテクノやダブといったジャンルにもフォーカスしていたが、ソロ名義でビートメインとなるスタイルは黒電話史上初の試み。昨今猛威を振るう「敵」を「PATTERN YELLOW」と識別し、シングル『PTN​.​YLW / SIGNS』(兆候)を落合SOUPドネーションとして発表 。続編となる今作『PTN.YLW / HARM』(害敵)は多様化する「敵」の脅威がハーシュノイズ+ガバキックに憑依。その敵からの自己防衛装備として、イエローを基調としたマーチャンダイズシリーズ「666 PROTECT」も持続的に展開されている。

 

 

BLACKPHONE666 – PTN.YLW / HARM

Label : Murder Channel

Release date : 6 August 2021

Buy : https://blackphone666.bandcamp.com/album/ptn-ylw-harm

 

SIDE A:

1. Immune Rejection

2. Aspect of Disorder

3. Oracle and Risk

4. Blood Stocks

5. Powder

6. In Your Area

 

SIDE B:

7, Believe (Bonus Track For Only Cassette)

 

Written, Mixed, Produced, Artwork: BLACKPHONE666

Masterd by Nobuki Nishiyama

Executive Producer: Yuta Umegatani (Murder Channel)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE