ENG JPN

コロナウイルスの影響で売上が急落した文化施設への助成金交付を求める署名がスタート

#SaveOurSpace

 

 

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の影響により、イベント開催への自粛要請が出され、公演の延期や中止が相次ぎ、ライブハウス・ナイトクラブ・劇場の売り上げの急落が起こっている。もちろん、集団感染の発生を防ぐことが大切なことだと理解をしながらも、経済的な事情により営業を続けざるをえない状況に陥っており、従業員はもちろん、出演者、音響エンジニア、照明エンジニアなど多くの関係者にも被害が発生している。

 

そんな中、感染拡大を防ぐために、各会場の代表者を主体として、政府が収束を発表するまでの間、会場に観客を入れることの停止を検討。感染拡大の防止に向けた客入れの停止を行うため、自粛要請が始まった2月26日から政府が収束を発表するまでの期間を対象期間として、助成を国へ求める署名がスタートした。

 

この助成には施設の維持費、従業員の給与、イベントの製作経費(出演料、音響、照明)などを含まれており、新型コロナウイルスの影響でこれまでに中止にした公演に関しては、実損額を提示し、同額の助成を求めるという。

 

これはライブハウス・クラブだけの問題ではないし、一部のジャンルだけの問題ではない、演者もリスナーも関係者も含めたカルチャー全体の問題。この記事を見ている人はほぼ全員が関わりのある問題である。是非署名を。

 

署名は以下のリンクから

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdoS3wgiYphbbmU-c-qnf65nj4oHhknV6LVY3BPpVYoMa6-XA/viewform

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE