ENG JPN

Weed Rave主催「HALLOWEED」がLAで開催|Kelman Duran、Julien Andreasら出演

10月25日開催

 

 

Weed Rave」を主催するMichelle Lhooqは、LAをベースにする音楽ライター/ジャーナリスト。2014年から2017年までVICEのエレクトロニックミュージックサイトTHUMPの編集を担当し、現在はLos Angeles Times、GQ Magazine、The FADER、Pitchforkなどの編集に関わっている。The Village Voiceからは「Best Music Editor」と称され、2016年にはBrooklyn Magazineからブルックリンで最も影響力のある人物の一人にも選ばれている。

 

今回「Weed Rave」がLAで「Halloweed」を開催。DJ Assault、〈Bala Club〉のKamixlo、新作『6AM』をリリースしたばかりのKelman Duran、DJ Speedsickの〈Snake Eyes & Sevens〉から作品をリリースしている要注目のノイズレイヴJulien Andreasなどが出演。他にもウィードとエナジードリンクのカクテルが飲めるウィードバーなど様々なスペースが用意されている。

 

チケットの購入と詳細はこちら

 

category:NEWS

tags: / / /

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more