ENG JPN

The Death of RaveがVerekerのガバプロジェクトService AnimalとCrime Unitの曲をリイシュー

313枚限定、スプリット12インチ。

 

 

Boomkat傘下のレーベル〈The Death of Rave〉がまた変な物をリイシューするようだ。これまでに、Sam Kidelの話題になった『Disruptive Muzak』、MumdanceとLogosとShapednoiseのユニットThe Sprawl、〈Planet Mu〉に移籍したRian Treanor、Delroy Edwardsの10代の頃のデモトラック集『Teenage Tapes』、Mark LeckyのVHSテープを基にコラージュ作品のLP化など、基本的に一筋縄ではいかないアウトサイダーな作品しかリリースしないレーベルである。もちろんNozomu Matsumotoの『Climatotherapy』も忘れてはならない。

 

〈The Death of Rave〉の新作はService AnimalとCrime Unitが〈Live Adult Entertainment〉からそれぞれリリースしたカセット作品のスプリット12インチ化である。元々のカセットは20本限定。

 

Service Animalとは〈The Trilogy Tapes〉や〈Berceuse Heroique〉からリリースし、自身が主宰するレーベル〈Endangered Species〉では、RestraintやGraceなど変名プロジェクトでもリリースし、SkanderとはRenoirというユニットも組んだことがあるVerekerの最近のガバプロジェクトである。そして、そのService Animalのカセットをリリースしたのがギリシャのテッサロニキを拠点にするレーベル〈Live Adult Entertainment〉であり、共同ファウンダーを務めるのがCrime Unitである。Crime Unitは、DJ Speedsick主宰のレーベル〈Snake Eyes & Sevens〉で7曲入りの『Paranoia Loops』をリリースしていたりもする。

 

〈Live Adult Entertainment〉は2017年にスタートしたレーベルのようだが、ネットに何かしらのオフィシャルアカウントは見つからない。Discogsの情報だけが頼りだ。しかし、そのカタログ見るとDJ Loserのカセットもリリースしており(DJ Loserもこのレーベルの主宰かも?)、この辺りがDJ Speedsickとも繋がる。さらに中国のXIAO QUAN、日本の?DJおやすみなど、よく見ると異常なペースでリリースしている。ちなみに〈Live Adult Entertainment〉周辺を日本で他に言及しているSIMしかなかった。

 

Service Animal / Crime Unit『RAVE026』オーダーはこちら。313枚限定。

 

category:NEWS

tags: / / /

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more