ENG JPN

Jesse Osborne-Lanthierが引き継いだ借金と新しいPCの為のドネーションを開始

理想は6月1日までに新しいPCを手に入れること。

 

 

カナダはモントリオールを拠点にするJesse Osborne-Lanthierはミュージシャンとして、これまでにRabit主宰の〈Halcyon Veil〉や、〈Where To Now?〉、〈MIND Records〉、〈Raster-Noton〉など数々のエレクトロニック/エクスペリメンタルの重要レーベルから作品をリリース。ソロプロジェクトの他にもBernardino FemminielliとのプロジェクトFemminielli Noirとしての活動も広く知られており、拠点とするモントリオールではBernardino Femminielli、Marie Davidson、Pierre Guerineau、Bataille Solaire、そしてJesseのパートナーであるMadison Dinelleなどと共にコレクティブが形成されている。またデザイナーとしては、AVYSSのマーチャンダイズのデザイン、〈Halcyon Veil〉などのレーベルやアーティストの作品のアートワーク、フライヤー、ロゴまで多岐にわたり手がけている。

 

 

2016年9月、Jesseの母親は、多発性硬化症と数回の脳梗塞が重なり、長期の闘病生活を送っていたが亡くなってしまう。それにより、Jesseと彼の姉妹は80000ドル以上の住宅ローンと借金を引き継ぐことになった。

 

過去3年間のJesseは、フリーランスのプロデューサー、レコーディングミュージシャン、サウンドデザイナー、キュレーター、DJ、サウンドエンジニア、グラフィックデザイナー、イラストレーターなど、国内外のエレクトロニックミュージックとアートコミュニティのために活動してきた。しかし、2018年11月以来、家賃や食費や機材のアップグレードなど自分の生活の為に必要なお金と、母親から引き継いだ借金の返済、それらを補うお金を十分に稼ぐことができていない状況であるという。

 

さらに音楽制作やデザインなど仕事のツールであるPCまでもが故障してしまった現状の中、Jesseは最後の手段として今回のドネーションを行うことを決意した。3週間以内にアジアツアーに出発しなければならない為、理想は6月1日までに完全に機能するPCを手に入れることがベストとのこと。

 

ドネーションの詳細はこちら

 

category:DONATION

tags:

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more