Strip Joint (ex.Ceremony)が改名後初のシングル「Leisurely」を発表

アートワークはKatsuya Sasaki。ミックス、マスタリング等は向啓介。

 

 

東京を中心に活動するインディロックバンド、Strip Joint (ex.Ceremony)が改名後初のシングル「Leisurely」を発表した。

 

Strip Jointは東京を中心に活動するインディロック/ポストパンクバンド。2017年にCeremonyとして結成。DIYなインディおよびパンクシーンでオルタナティブな立ち位置を開拓しながら活動を続け、EP3枚のリリースを経て2019年にStrip Jointに改名した。改名後初のリリースとなる「Leisurely」は、自分自身でいることの痛みについて歌ったもので、結成当初からライブでは演奏されてきたものの、現在のモードを反映して作り直された。初期のサウンドに顕著だった暗さや激しさと、Strip Jointとしての現在地点を繋ぐ曲となっている。

 

アートワークはYoung Lizard、Moonscape等で活躍するKatsuya Sasaki。レコーディング、ミックス、マスタリングはエンジニアの向啓介が手がけている。

 

Strip Jointの詳細については公式ウェブサイトをチェック。

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge more