ENG JPN

Nick Kleinがダークアンビエント/スローテクノ集『Actor-Network Theory』を今月リリース

Ideal Recordingsより

 

 

『Actor-Network Theory』は、Nick KleinのNY在住者としての最後のレコードであるという。現在、彼はオランダを拠点に活動している。

 

BANK Records、Alter、Ascetic House、angoisse、Summer Isleなど様々なエレクトロニックミュージック・レーベルから作品をリリースするNick Kleinの5曲入りの新作は、今年Helmが主宰するレーベル〈Alter〉からリリースされた『No Shortage Of Rope』に続く作品。不安を煽るようなドラムループとダークアンビエント、スローテクノが印象的な今作について本人は、「寒い地下室で毛布をかぶって寝たり、タバコを吸いながら咳をしたり、自分自身の代謝の気まぐれさを嘆いたりするための音楽」と語っている。

 

今作はスウェーデンの老舗レーベル〈iDEAL Recordings〉からリリースされ、マスタリングをJack Callahan、アートワークをMatthew Adisが担当している。今月中にBoomkat経由で発売予定。

 

 

 

Nick Klein – “Actor-Network Theory”

Label : Ideal Recordings

Release date : Novoember

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/02/24

Yung Kiss interview

『Z-POP』 – 生活のリアリティと音楽 – more

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more