ENG JPN

BOLT RUINがデビュー作を粉砕して5人のアーティストとコンピ『Obriultn』を発表

5月29日リリース

 

 

ベルギーのプロデューサーBOLT RUINはハードコアパンクのエネルギーとクラシック音楽の繊細さを融合させたエレクトロニックミュージックを制作している。彼が昨年3月にリリースしたデビューアルバムのステムを使用し、5人のアーティストとコラボレーションした作品『Ogriultn』が発表した。

 

抽象的なアンビエントや歪んだSFから、脱構築的なジャングルやエレクトロニック・ブラック・メタルまで収録した本作にはbod [包家巷]の別名義Piano Princess、Siavash Amini、Obsequies (SHAPE 2019)、Fausto Mercier (SHAPE 2020)、Julek Ploskiが参加。また本作は今年4月18日に開催される予定だったレコードストアデイに300枚限定でリリースされる予定だったが、コロナウィルスの影響でRSDが無期限延期となり、リリースも延期になっていた作品でもある。

 

V/A – Obriultn

curated by BOLT RUIN

Label : Circuits (by Consouling Sounds)

Release date : May 29 2020

link : https://boltruin.bandcamp.com/album/obriultn

 

Tracklist

1. BOLT RUIN  – Obriultn

2. Obsequies  – Xenofilia

3. bod [包家巷] as Piano Princess – Enginsess

4. Fausto Mercier  – Bearwitness

5. Julek Ploski  – Uchu & Paznokciu

6. Siavash Amini  – The Crosshatch

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more