ENG JPN

GAIKAのデビュー作、アートワークはJS Aurelius

SophieやJam Cityが参加したGAIKAのデビュー作がフィジカルでリリース。アートワークはJS Aureliusが担当している。

 

 

ゴシックなエレクトロニックとダンスホールがフュージョンしたGAIKAの正式な?デビューアルバム『Basic Volume』がWarpよりフィジカルリリースされた。

 

すでにMVもいくつか公開されており、アルバム『Oil Of Every Pearl’s Un-Insides』が素晴らしかったSophieや、Jam Cityが参加したことも話題になっている。

 

さらにアートワークを担当したのはDestruction Unitのギタリストで、Ascetic Houseの共同ファウンダーのJS Aureliusである。ザラついた表面など、彼らしさもフロントから垣間見えるインパクトの強いジャケだ。同じくWarpから先日リリースされたYves Tumorのアルバムを担当したのもCollin Fletcherであり、このままWarpはAscetic Houseの過去作をリイシューしないかなと妄想している。

 

 

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/12/28

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY3-

2019年、印象に残った5曲 more

2019/12/27

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY2-

2019年、印象に残った5曲 more

2019/12/26

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY1-

2019年、印象に残った5曲 more