ENG JPN

GAIKAのデビュー作、アートワークはJS Aurelius

SophieやJam Cityが参加したGAIKAのデビュー作がフィジカルでリリース。アートワークはJS Aureliusが担当している。

 

 

ゴシックなエレクトロニックとダンスホールがフュージョンしたGAIKAの正式な?デビューアルバム『Basic Volume』がWarpよりフィジカルリリースされた。

 

すでにMVもいくつか公開されており、アルバム『Oil Of Every Pearl’s Un-Insides』が素晴らしかったSophieや、Jam Cityが参加したことも話題になっている。

 

さらにアートワークを担当したのはDestruction Unitのギタリストで、Ascetic Houseの共同ファウンダーのJS Aureliusである。ザラついた表面など、彼らしさもフロントから垣間見えるインパクトの強いジャケだ。同じくWarpから先日リリースされたYves Tumorのアルバムを担当したのもCollin Fletcherであり、このままWarpはAscetic Houseの過去作をリイシューしないかなと妄想している。

 

 

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2019/04/13

011668 日本&台北ツアー・セルフフォトレポート

S280Fが011668をfeatした新曲も合わせて公開。
 more

2019/04/11

Bambounou Interview

ネクストフェーズに突入したパリの才人。 more

2019/03/28

LISACHRIS Interview

自分である為の表現と理想の在り方へ。 more