Collin Fletcher|インタビュー

Halcyon Veil、Ascetic Houseの作品、さらにPost Malone関連の仕事もこなすデザイナーCollin Fletcherとは。

 

Gloxhid Christmix 10th Anniversary Edition, TechMas 2017
CD-R, 100 copies
Collab with James Roemer

 

Collin Fletcherはアリゾナ州のテンピを拠点にしているグラフィックデザイナーだ。エレクトロニックミュージックが好きな人なら、彼の名前を知らなくても彼の手がけてきた作品を一度は見たことがあるor持っているのではないだろうか。Ascetic Houseの初期からデザイン面を支えつつも、Tri AngleHalcyon Veilといったレーベルのアートワークも多く手がけている。今年、彼の名前はエレクトロニックのシーンを超えて一気に世界的な広がりを見せている。Drakeがリリースした今年の大ヒットシングル『God’s Plan』が収録された『Scary Hours』のジャケットはCollinが2015年に手がけたRabitのツアーポスターのデザインを流用したものではないかという騒動が起こった。真相はわからないものの、日本と違いアメリカのメインストリームはアンダーグラウンドに常に注目しているということは言えるかもしれない。さらにCollinは、今年リリースしたアルバム『beerbongs & bentleys』のヒットが世界的な大ブレイクになったアメリカの人気のラッパーPost MaloneのマーチャンダイズもBryan Rivera、Travis Brothers、Dario Alvaと共に手がけている。メインストリームの仕事をどれだけこなそうとも、常にアンダーグラウンドを自分のホームとするスタンスは多くの人が見習うべきところであろう。今回はCollin Fletcherのインタビューと共に彼の手がけてきた作品の一部を振り返っていく。

 

 

– デザインの仕事をどのように始めたんですか?

 

Collin Fletcher(以下、Collin) – 僕は子供の頃からずっとデザインに興味を持っていたんだ、だから大学ではグラフィックデザインを専攻することにした。大学2年生になってから、色んなライブのフライヤーをデザインしたり、地元でライブするような友人たちのためにデザインやアートワークを提供するようになったんだ。ほとんどがAscetic Houseの関連しているものだったね。僕は自分の作った作品を全部Tumblrに投稿してたんだ。そしたら割とすぐにパンクのアーティスト、エレクトロニックのアーティスト、あとはレーベルにも注目されるようになったんだよ。

 

Jock Club – Untitled Mixtape
Hand stamped, 20copies

 

Kali Malone – “Organ Dirges 2016-2017”
AH2018

 

– どんなものが作品のインスピレーションになっていますか?

 

Collin – インスピレーションになるものは仕事によって、それぞれ異なるね。僕はほとんどの場合、ミュージシャンたちと一緒に仕事をしているから、彼らの音楽観を通した高度な共同作業になるんだ。彼らの耳に聞こえている美しさを自分なりに解釈し、視覚的なものに置き換えていくことが、僕にとっての挑戦なんだよ。そのショーが多様なラインナップだったとしてもね。1つのまとまりとしただけではなく、こういったアーティストたちの個性を、どうすれば視覚的に表現できるだろうか? 見かけはクールかもしれないけど、ショーで演奏しているアーティスト達のファンの心には訴えかけられるだろうか? デザインやアートに生じた問題を解決しようとして、素晴らしいインスピレーションが生まれることも少なくはないんだ。それに僕は、デザインにおいて、バウハウスやニューウェイヴ・スイス・ポストモダニズムみいなプロセスベースのムーブメントに、強い影響を受けてきたんだよ。Wolfgang Weingart、Josef Müller-Brockmannとかのね。こういった初期のモダニスト、ポストモダニストのムーブメントは機能的、かつ有益なデザインにとって、美しく抽象的な解決策となることが、わかったからね。それらには関連性こそないけれど、熟考した上での視覚的実験や、その結果があるからね。

 

5/25 – Official Movement Opening Party with Ghostly International

 

HALC010
Dale Cornich – Cut Sleeve

 

– 現在、あなたはデザイン以外の仕事をしていますか?

 

Collin – 僕はフリーランスでグラフィックデザインを仕事にしているんだよ。僕の毎日の仕事の多くは、ニューヨークやデトロイトのプロモーターのために、フライヤーを作る(あるいはアップデートする)ことなんだ。ほとんどの人は、僕の仕事を異端なものとして見ていると思うけど、実はそうじゃないんだ。実際のところ、現時点で自分の制作した物の5%くらいしか投稿していないんだよ。でも最近は、日々の仕事が変化してきている。ヒップホップのツアーで販売されるマーチャンダイズや、アルバムのリリースが増えているんだよね。

去年の秋、自分が卒業したグラフィックデザイン・スタジオの1年生に講義したんだ。今学期も、同じクラスで講義することになっている。だから非常勤講師も、僕の仕事だと言えるよ。

 

HALC016
Rabit – Les Fleurs Du Mal
Photo by Lane Stewart
Collage by Eric Burton

 

Rabit – Supreme
100 copies

 

– Tri Angle、Ascetic House、Halcyon Veilなどのレーベルはあなたと深い関係性にあるのでしょうか?

 

CollinRabitのアルバム、『Communion』が2015年にTri Angleからリリースされて以来、Robin(Tri Angleファウンダー)はアルバムがリリースされるたびに、僕を専属のデザイナーみたいにしてくれている。Tri Angleからアルバムが出る場合には、常にミュージャンからアートディレクションの指示が来るんだよ。だから、僕は彼らの視覚的な側面のコンセプトを実現するよう努力しながら、それがレーベルのイメージと微妙に合致するようにもするんだ。Eric(Rabit)と僕は、Rabitに関係する仕事のあらゆる面で、共に働いてきた。その多くはHalcyon Veilに関連するものでもあるんだ。Halcyon Veilに関するあらゆるものが、たいていEric C. Burton、Lane StewartJesse Osborne-Lanthier、そして僕自身らが、ミュージシャンのアートやデザインとコラボしたものなんだよ。

さっきも言ったように、僕はずっとAscetic Houseのためにデザインを続けてきた。Nick Nappa、JS Aurelius、Andrew Flores、そしてこのレーベルで働くみんなが、僕の隣人であり友人なんだ。僕はアートとデザインでJSとコラボするとともに、ここ数年はカセットテープをプリントしたり折ったり封入したりって作業を手伝ってきたんだ。僕たちはアイデアを共有して、ショーのブッキングをして演奏もするのさ。それが、僕のクルーなんだ。

 

Shy Glizzy – Quiet Strom
Collab with Bryan Rivera

 

with Bryan Rivera, Travis Brothers, & Dario Alva

 

 

<原文>

 

– How did you start design works?

 

Collin Fletcher – I always had an interest in it growing up and therefore decided to study graphic design in college. It wasn’t until my second year there that I started making show flyers and offering design or art to my friends putting out music locally, which was mostly Ascetic House affiliated. I was posting all this work on Tumblr, which helped my work gain traction pretty quickly with other punk or electronic artists and labels.

 

– What is that inspiration?

 

Collin Fletcher – The inspiration is always different per job. Since most of the time I’m working with a musician or other artist, there’s a high level of collaboration taking place in seeing through their own vision for their music. My challenge is always to interpret a sonic aesthetic into something visual, even if its something like a diverse lineup for a show. What would visually represent each of these artists on their own as well as together in one context? It can look cool but does it speak to the fans of every artist playing the show? Oftentimes the most inspiration comes out of that problem-solving approach to design and art.

Besides that I’ve always been very influenced by process-based movements in design like the Bauhaus and New Wave Swiss Post-Modernism. Wolfgang Weingart, Joseph Müller-Brockmann, etc. These early modernist and post-modernist movements found beautiful abstract solutions for functional, informative design. They didn’t have references, they had deliberate visual experiments and results.

 

– Do you have job except the design? Usually what do you do?

 

Collin Fletcher – I’m fully self-employed doing graphic design. A lot of my day-to-day work has been making (and updating) flyers for show promoters in New York and Detroit. I see most of that as non-canonical to what most people associate with my work. I really only post like 5% of my output at this point. But things have been shifting in my daily practice a little lately, moving more towards tour merch and releases in the rap / hip-hop world.

Last Fall I taught a freshman Graphic Design studio class in the program I graduated from. I’ll be teaching that class again this semester, so part-part time instructor counts as a job for me also.

 

– Are Tri Angle, Ascetic House, Halcyon Veil good and deep relations?

 

Collin Fletcher – Since Rabit’s Communion came out on Tri Angle in 2015, Robin’s kept me around as the sort of in-house designer for every release. The art direction always comes from the musician when on Tri Angle, so I’m usually helping execute their concept for the visual aspect, while maintaining subtle consistencies for the label. Eric and I have worked together on practically everything related to Rabit, so a lot of that has been Halcyon Veil related also. Anything HV is usually Eric, Lane, Jesse, and myself collaborating on the art and design with the musician.

Like I mentioned earlier, as long as I’ve been doing design it’s been for Ascetic House. Nick, JS, Andrew, and everyone else involved in the label are my neighbors / best friends. I’ve helped print and fold every tape batch from the last few years as well as collaborated with JS on art and design. We all share ideas, book and play shows together. That’s my crew.

category:INTERVIEW