Kelvin T インタビュー

実験の可能性。

 

photo by Harry Chan at Nothing Happens and Lighting by Xu Ranjun

 

Kelvin Tは香港で生まれ育った。Tavi Leeとオンラインで出会い、上海のレーベル/コレクティブGenome 6.66 Mbpに参加。香港のエレクトロニックシーンを支えるレーベルAbsurd TRAXにも所属している。ちなみにAbsurd TRAXに関して言えばMeuko! Meuko!のEP『About Time 關於時間』は食品まつり a.k.a foodmanのリミックスが収録されていたり、アートワークがpooteeだったりと日本のアーティストとも繋がりは深い。Kelvin Tに話を戻すと、今年リリースされたBio Future Laboratoryのコンピレーションシリーズ『TOPOGRAPHY OF FICTION: PART 1』ではYoshitaka Hikawabod [包家巷]ともコラボレーションを果たし、現在のアジアのエレクトロニックシーンを既に担っている才能の1人であるのは間違いないだろう。

 

 

– 音楽はどのように作り始めましたか?

 

Kelvin T – iPad miniでGarageBandに夢中になったのは2014年頃です。すごく簡単に音楽が作れるから。セルフリリースのEP盤のほとんどはそれで作っているんです。それからGarageBandよりもかなり色々とできるのもあって、Abletonを2015年頃から使い始めました。今でも両方のソフトを使っています。あと以前よりもソフトウェアもだけど、ハードウェアもたくさん使ってるかな。

 

– どんなものがあなたの音楽に影響与えていますか?

 

Kelvin T – 音楽を作るときって、大体が実験みたいなものです。僕がやりたいのは多分、シンセの限界を押し広げたり、普通じゃない拍子を試したり、1曲を通してBPMを変えたり、変な音を取り入れたり、トラップを作ろうとしてみたり、っていうことなんですよね。だから「実験」が僕の音楽に影響を与えたと言えます。

 

 

– 香港と上海のシーンはあなたからはどう見えていますか?

 

Kelvin T – 香港のシーンは本当に多様性があるんです。あらゆる種類の音楽があって、いろんなクルーがいろんな音楽のスタイルを持っている。みんな違うことをしていても、お互いに支えあっています。でも、OILとかALLみたいないい感じのクラブは香港には1つもない。DIYの会場とかライブハウスはあるけどクラブはありません。ちなみに上海のエレクトロニック・ミュージックシーンについては僕がコメントできるほど深く掘り下げたことがないんです。Club Allには行ったことがあるけど、上海には行ったことがない場所とかイベントとかフェスがあるので。

 

– 2つの都市の違いはありますか?

 

Kelvin T – さっきも言ったように上海のシーンについてはあまり知らないんですよね。上海に長く住んでいたら違いがはっきりとわかるんでしょうけど。

 

– 普段は何をしていますか?

 

Kelvin T – 今はHKDI(香港知專設計學院)で勉強してます。自由時間には音楽を作るかYouTubeを見るか、寝てます。たくさんの色んな音楽ソフトとハードウェアを試してみているところです。最近興味があるのはKorgのElectribe Waveとモジュラーシンセです。

 

 

– Absurd TRAXとGenome 6.66 Mbpはどんな存在ですか?

 

Kelvin T – この2つのレーベルとは一体感を感じています。レーベルに出会う前は、香港や中国に僕のやってる音楽と近いテイストの人がいるとは知らなかったんです。Absurd TRAXとGenome 6.66 Mbpのおかげで今の僕がいるし、自分のやりたいことが明確になりました。

 

– 『Unlock Voice』をどんなをプロセスを辿って制作されましたか?

 

Kelvin T – このアルバムではリードボイスがあるような曲を作りたくて、『Escaped』では曲のシンセラインの雰囲気をLinkin Parkの曲のようにすごくエモだけどアグレッシブなものにしたいと思いました。『Objects Talking』ではシンセを生き物のように響かせたいなと思いました。Abletonを使ってほとんどの曲を作ったんですが、『Dropbar』と『Exclaim』と『Escape』ではKorgのVolca Kickを使いました。シンセの限界を押し広げたくて、シンセをロックスターだと想像して、曲にできるだけ感情を詰め込むこともしました。それが『Unlock Voice』のポイントかな。1つ1つのシンセの中に、ハードウェアやソフトウェアにかかわらず魂が宿っているんです。シンセは使い方で多くの感情を込められると思っています。激しいリードやアグレッシブなキックは取り憑いた悪魔が泣いているようです。それぞれの楽器が持つ感情の魂を解放するって感じ。アルバムの曲にボーカルがないことに気づかれると思いますが、元々はラップをフィーチャーしたり僕の声を入れるつもりだったんですが、曲だけで十分に良いものができたと思いました。インストゥルメンタルみたいには聴こえないし、むしろシンセが歌う曲みたいだなって。 『Unlock Voice』のVoiceの由来はそこでもあります。僕の音楽から聴こえてくる声です。

 

– 今後のスケジュールを教えてください。

 

Kelvin T – Absurd TRAXは近々たくさんイベントをする予定で、 全てAbsurd – The End Of 2018イベントシリーズのものです。僕はOIL Clubで15日にOrgan TapesScattered PurgatoryYayoyanohASJTzekinWarmchainssと一緒にパフォーマンスします。それと成都市で近々DJします。今は詳しくは言えないんですけどね。

 

View this post on Instagram

ABSURD – THE ƎND OF 2018 → 12月 12—16 號 ABSURD – THE ƎND OF 2018 (ATƎ 2018) 是一個我們特別為年終精心策劃的活動系列,致在將世界各地地下音樂及視覺媒體的藝術家,從互聯網的社區呈現並擴散於我們的現實空間。 非限制於音樂種類的拘泥,今屆的演出囊括了長音、電子流行樂、俱樂部、實驗、現場聲軌、說唱、裝置藝術等等,並以音樂會,Club 和 電台廣播等形式呈現,一同慶祝具前衛思想和具冒險精神的非主流創作。 演出場地包括 HKCR、MOM Livehouse、OIL Club和 Art and Culture Outreach|艺鵠 富德樓 Foo Tak Building。演出期十二月十二日至十六日, 今年我們邀請了 Nick Zhu (bod [包家巷]) 擔當活動的海報設計。 (EVENT DETAILS IN ENGLISH – SEE BELOW) ________ 將於演出的單位: ARTISTS participating this year includes: → @scatteredpurgatory (Live + Club Set) → @corpmane & @yayoyanoh (Live) → @kelvinisnotahuman (Live) → @tamtzekin (DJ Set) → Aporia (@lu_liyang ) (Live) → @lujiachi (DJ Set) → @weareasj b2b @warmchainss (DJ Set) → @videocypher (Visual/ Installation) → @tsalal6669 Against Architecture (Live soundtrack) → @alexmalism (Live) → @yung_raise & @yungbright6 (Live) ______________ 節目表 + 預售流程 PROGRAMME + PRESALE: Link in Bio ______________ 演出場地包括: VENUES: → @hkcronline → @momlivehouse → @oilshenzhen (SZ) → Foo Tak Building ________ 海報設計: POSTER Artwork Design: → Nick Zhu (@baojiaxiang [包家巷]) ________ (EVENT DETAILS IN ENGLISH) ABSURD – THE ƎND OF 2018 (ATƎ 2018) is an event series happening close to the end of the year, with a vision to gather worldwide of 'URL' underground artists via an 'IRL' event series. Unhinged on musical tropes or stylical similarence, this year's performances comprised of a mix of reigonal and international artists with mixed musical background, aggregating drone, club music, experiemental, live soundtracking, rap, visual installations, in the format of concert, club gig and live radio broadcast, to celebrate forward-thinking and advantagtous 'non mainstream' indepedent artistic practices. Between 12th – 16th December, these performances will take places in venues including HKCR, MOM Livehouse, OIL Club and Art and Culture Outreach – Foo Tak Building. We're very happy that Nickolas Zhu (bod [包家巷]) is undertaking the poster design for this year's edition of ATƎ.

A post shared by Absurd TRAX (@absurdtrax) on

 

– 理想の未来を教えてください。

 

Kelvin T – もっとたくさん音楽を作る。他の人が音楽を作るのを助ける。お金のことを心配しない。

 

 

 

以下はGrey Matter Archivesで昨日公開されたKelvin Tの最新Mix。

 

 

 

<原文>

 

– How did you get into musicmaking?

 

Kelvin T – I got into GarageBand with my iPad mini around 2014. It’s so easy to make something in there. That’s where I made most of my self-released EPs. Then I moved to Ableton around 2015, because it allows me to do so much more than GarageBand. I still use both software now, and I use more software and hardware than before.

 

– What do you make music under the influence of?

 

Kelvin T – A lot of times when I’m making music, it’s like an experiment. Maybe I want to push the limits of a synth, or try odd time signatures, or change the BPM throughout the song, or synthesize some weird sounds, or trying to make a trap beat with my own sounds. The experimentation is what influenced my music.

 

– What are your views about Hong Kong and Shanghai electronic music scene?

 

Kelvin T – The Hong Kong scene is quite diverse. There’s all sorts of music with different crews representing different music styles. Even though we’re doing different things, we’re supportive of each other. However, there aren’t any legit club spaces like OIL or ALL in Hong Kong. There’s some DIY venues and livehouses, but not club spaces.I don’t think I can comment on the Shanghai electronic music scene, since I haven’t dig deep into the scene. I’ve been to Club ALL, but there are other places or events or festivals that I haven’t been to in Shanghai.

 

– What’s the difference between Hong Kong and Shanghai scene?

 

Kelvin T – I don’t know much about the Shanghai scene, so I can’t comment on that. Maybe if I lived in Shanghai for a long while, I’ll get to know the differences thoroughly.

 

Usually what do you do?

 

Kelvin T – I study in HKDI now. During my free time, I make music, watch YouTube, or sleep. I try out a lot of different music software and hardware. Lately I’ve been interested in Korg Electribe Wave and modular synths.

 

– What is Absurd TRAX & Genome 6.66 Mbp like to you?

 

Kelvin T – They are the labels where I can find my sense of belonging. I didn’t know there are people who have similar musical taste as me in Hong Kong or China before I met them. I feel like Absurd TRAX & Genome 6.66 Mbp are the ones who made me who I am now and helped me confirm what I want to do.

 

– Please tell me the process of production of “Unlock Voice”?

 

Kelvin T – For this album, I want the songs to sound like there’s a leading voice. Like in Escaped, I want the song’s feeling the synth line to be like a Linkin Park song, super emo but aggressive. And in Objects Talking, I want the synths to sound like a living being.

 

I used Ableton to make most of the songs, though I used the Korg Volca Kick in Dropbar, Exclaim, and Escaped. Sometimes I want to push the limits of a synth and imagine the synth as a rockstar, putting as much emotions into a song.

 

That’s the point of Unlock Voice; inside each synth, no matter hardware or software, has a soul in it. Depending on how you use synths, you can fill so much emotions in them, making them sound like crying an emo synth lead, an aggressive kick, or a possessed demon. It’s about unlocking the emotional soul inside each instrument.

 

You’ll notice that there’s no vocals in each songs. Originally I was going to find some rap features or include my own voice. But then I thought that the songs are good enough already. They don’t sound like instrumentals, but rather a finished song with synths singing. That’s also where the Voice in Unlock Voice came from; the voices came from my music.

 

– Do you have any future plans?

 

Kelvin T – Absurd TRAX will have a lot of events soon, and it’s all for Absurd – The End Of 2018 event series. I’m performing in OIL Club on 15th with Organ Tapes, Scattered Purgatory, Yayoyanoh, ASJ, Tzekin, and Warmchainss. Also I’m DJing in Chengdu soon. Can’t post any details now though.

 

– What would your ideal future be like?

 

Kelvin T – Make more music. Help other people make music. Never worry about money.

 

 

category:INTERVIEW