愛すべき砂の迷宮|Orchestrollがデビューアルバム『Hyperwide Lustre』をリリース

キーボードは囁き、物語はマウスが決める

 

 

Jesse Osborne-LanthierとAsael Richard-Robitailleの共同プロジェクト、Orchestrollは、現代エレクトロニック・ミュージックへの大胆で多面的なアプローチを体現している。Bernardino Femminielli、Marie Davidson、Feu St-Antoineのようなアーティストのプロデュースとエンジニアリングの深いバックグラウンドを持つこのデュオは、自由な音の探求を楽しんでいる。Orchestrollとしての仕事は、クライアント主導のプロジェクトの制約を超越し、無限のサウンドパレットを駆使して、挑戦的であると同時にユニークなサウンドを生み出す。

 

スタジオとしてのOrchestrollは、職人的テクニックと直感をシームレスに融合させている。EDM、ポップ、ロック、ミュージック・コンクリート、ニューエイジ、民族音楽、アンビエント、オーケストラ、そして常に存在するクラブの鼓動などの要素が、思いがけない形で融合している。 彼らの音楽は、前衛と最先端が衝突するような、技術的な厳しさと陽気な実験の交差点という、深遠な二面性を反映している。

 

2人の活動は、Editions Appærentの共同設立者としての役割にも及んでいる。Will BallantyneとPierre Guerineauとともに運営するこのレーベルは、Sharp Veins、God’s Mom、Anna Arrobas、Lash、Alex Zhang Hungtai、MSYLMA、ISMAEL、belaといったアーティストの作品をリリースしている。また、サウンド・デザイナーとして、Native InstrumentsのAbsynth、Massive X、Pharlight、ArturiaのPigmentsなど、業界標準のプラグインにプリセット、トレーラー・ミュージック、デモ・サウンドを提供している。

 

 

Orchestrollは、著名な会場やイベントでの刺激的なエレクトロ・アコースティック・パフォーマンスを通して、異質な環境をシームレスにナビゲートする。知的で挑発的、そして遊び心にあふれた不遜な彼らの変幻自在のオーラル・アイデンティティーは、大聖堂の神聖なホールでも、地下クラブやスクワットの生々しいセメントの檻の中でも、同じように共鳴する。

 

『Hyperwide Lustre』は、擬似皮肉完全不遜、スペクトラル・ダンス・ミュージックとアヴァン・クラシックのハイブリッド。サイケデリックでシネマティック、それでいて軽妙な華やかさで宝石をちりばめる。愛すべきシンセとゴーストパーカッションがホールが駆け巡る。揺れ動く砂の下に垣間見える迷宮のように、Orchestrollは不可解でありながら妙に親しみを感じるアルバムを作り上げた。これは遊び心に満ちた、特異な不安の領域。操り人形の制御を失った2人の人形師。キーボードは囁き、物語はマウスが決める。

 

 

Orchestroll – Hyperwide Lustre

Label : Garmo

Release date : April 19 2024

https://orchestroll.bandcamp.com/album/hyperwide-lustre-2

 

Tracklist

1. Creedtype Alive

2. Vite-Saignée

3. Smoke Blue

4. Keyclap

5. Piano Sentinel

6. Flatliquid

7. Succubus Ripcord

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more