20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge

 

 

魂の帰省か解放か。深淵に広がる沼と暗闇で巨大な光をつかまえて。

 

昨年Pitchforkが掲載した1万2千字超えのトランス復興特集『Trance Is Back—and It’s No Joke』にてメインで取り上げられるなど、現在では2020年代トランスを代表する存在となったカナダ・モントリオール拠点のDJ/プロデューサー。TDJがワールドツアー『Trance D​é​tente Jazz TOUR』を開催。今回のワールドツアーにより、2月22日(木・祝前日)に初来日。一夜限りの日本公演としてAVYSS主催イベント「AVYSS Bliss」(会場:WWWβ + Lounge)に出演。今回「AVYSS Bliss」のフルラインナップが発表。前売りチケットが発売中。

 

前売り:https://t.livepocket.jp/e/avyssbliss

 

βフロアではTDJとレイヴクルー〈みんなのきもち〉、トランスを表現に取り入れる2組をタイムテーブルの中心に置きつつも、それに留まらずに表現の波を崩していく。eijin、illequal、music fmに加えて、ナードコアの第一人者でありJ-COREの開祖として知られるDJ SHARPNELが現地出演。TDJの前名義RYAN Playgroundでのインディ/エモ/エレクトロニカなプロダクションの実験性は、唯一のライブアクトiVyや、特設設置されるラウンジブースを携えたスペシャルシームレスフロア(出演:CVN、dmt、LSTNGT (Screwed Trance set)、n u n、yuha、春麗)で自由回収される、かもしれない。どうでしょう。イラストフライヤーはFumika Kitamuraが、TDJのアーティスト写真を元に制作した。

 

 

 

AVYSS Bliss

日時 2024年2月22日(木・祝前日)

会場 WWWβ + Lounge https://www-shibuya.jp/

OPEN 24:00

 

TICKET https://t.livepocket.jp/e/avyssbliss

前売り ¥3000+1d

 

─β

TDJ

みんなのきもち

DJ SHARPNEL

eijin

illequal

iVy

music fm

 

─Lounge

CVN

dmt

LSTNGT (Screwed Trance set)

n u n

yuha

春麗

 

Flyer by Fumika Kitamura

 

 

About: TDJ

 

「TDJを始めた時、世界はとても暗かったから、みんなに光が必要だと感じました。トランスは、ただ自分を投影して、ちょっと夢を見て、自分を解放するのに最適な音楽です。人々は人生にポジティブなエネルギーを求めている。トランス・ミュージックはまさにそれを提供してくれる。」

 

TDJは、ダンスミュージックの幽玄な領域でメランコリーとほろ苦い陶酔感を融合させた世界を作り上げ、一躍脚光を浴びる存在となった。TDJことGeneviève Ryan-Martelは、前名義RYAN Playgroundでギターバラードの作曲やインディ/エレクトロニカなプロダクションの実験を経て、トランスクラシックやエモの生々しい感情に影響を受けながら、ジャンルを超えた芸術性を発揮している。

 

Casual Gabberzを通じて早くからフランスとの深い繋がりを築き、TDJとしての最初のトラック「Can’t Stop Ravin」を、彼らのクリスマスコンピレーション『Meilleurs Voeux III』に提供してデビューする。2022年にデビューミックステープ『TDJ123』をリリース。このミックステープは、彼女の初期の作品からのヒット曲と独占的な楽曲が緻密にブレンドされている。2023年に発表したEP『BACK TO 123』では、TDJが影響を受けたエレクトロニックミュージックの世界をより深く掘り下げ、さらにユニークな世界を積み重ねていく。8485、blackwinterwells、Panteros666、DJ HEARTSTRINGとのコラボレーションや、〈YEAR0001〉のコンピレーションアルバム『RIFT Two』に参加、Romy(The xx)のリミックスワークを経て、2023年10月にはTorusやNeggy Gemmyなどが参加したオーディオビジュアルシリーズ『SPF INFINI』の3作目を公開している。

 

https://spfinfini.world/

https://www.instagram.com/teedeejayyy/

 

 

 

TDJ – “Trance D​é​tente Jazz” Tour

 

03 Feb – Amsterdam / NL – Nachbar

16 Feb – Zürich / CH – Exil Club

22 Feb – Tokyo / JP – AVYSS, WWWβ

23 Feb – Seoul / KR – Shelter

01 Mar – Shanghai / CN – SYSTEM

02 Mar – Beijing / CN – Groundless Factory

08 Mar – Shenzhen / CN – Antigen Oil

09 Mar – Taipei / TW – FINAL

16 Mar – Poznan / PL – Schron

22 Mar – Berlin / DE – Bau Mich Auf Klub

31 Mar – Lyon / FR – Reperkusound

12 Apr – Paris / FR – Virage

27 Apr – Bourges / FR – Printemps de Bourges

04 May – Melbourne / AU – Xe54

05 May – Sydney / AU – Lost Sundays

10 May – Perth / AU – Barbes

11 May – Wollongong / AU – Heyday

17 May – Prague / CZ – FUCHS2

22 May – Edinburgh / UK – Sneaky Pete

26 May – Attard / MT – XXL

31 May – London / UK – Phonox

 

https://spfinfini.world/

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE

2024/02/28

リマの17才は夢を見る|Acid Stereo interview

ベッドルーム・レゲトン・パンクス more

2024/02/23

音楽の作り方も作りたい|Hyu interview

迷宮作品群を解読するコンピレーション
 more

2024/02/06

20年代トランスを代表する存在、TDJを迎えてクラブナイト〈AVYSS Bliss〉開催

2/22(木・祝前日) WWWβ + Lounge

 

 

魂の帰省か解放か。深淵に広がる沼と暗闇で巨大な光をつかまえて。

 

昨年Pitchforkが掲載した1万2千字超えのトランス復興特集『Trance Is Back—and It’s No Joke』にてメインで取り上げられるなど、現在では2020年代トランスを代表する存在となったカナダ・モントリオール拠点のDJ/プロデューサー。TDJがワールドツアー『Trance D​é​tente Jazz TOUR』を開催。今回のワールドツアーにより、2月22日(木・祝前日)に初来日。一夜限りの日本公演としてAVYSS主催イベント「AVYSS Bliss」(会場:WWWβ + Lounge)に出演。今回「AVYSS Bliss」のフルラインナップが発表。前売りチケットが発売中。

 

前売り:https://t.livepocket.jp/e/avyssbliss

 

βフロアではTDJとレイヴクルー〈みんなのきもち〉、トランスを表現に取り入れる2組をタイムテーブルの中心に置きつつも、それに留まらずに表現の波を崩していく。eijin、illequal、music fmに加えて、ナードコアの第一人者でありJ-COREの開祖として知られるDJ SHARPNELが現地出演。TDJの前名義RYAN Playgroundでのインディ/エモ/エレクトロニカなプロダクションの実験性は、唯一のライブアクトiVyや、特設設置されるラウンジブースを携えたスペシャルシームレスフロア(出演:CVN、dmt、LSTNGT (Screwed Trance set)、n u n、yuha、春麗)で自由回収される、かもしれない。どうでしょう。イラストフライヤーはFumika Kitamuraが、TDJのアーティスト写真を元に制作した。

 

 

 

AVYSS Bliss

日時 2024年2月22日(木・祝前日)

会場 WWWβ + Lounge https://www-shibuya.jp/

OPEN 24:00

 

TICKET https://t.livepocket.jp/e/avyssbliss

前売り ¥3000+1d

 

─β

TDJ

みんなのきもち

DJ SHARPNEL

eijin

illequal

iVy

music fm

 

─Lounge

CVN

dmt

LSTNGT (Screwed Trance set)

n u n

yuha

春麗

 

Flyer by Fumika Kitamura

 

 

About: TDJ

 

「TDJを始めた時、世界はとても暗かったから、みんなに光が必要だと感じました。トランスは、ただ自分を投影して、ちょっと夢を見て、自分を解放するのに最適な音楽です。人々は人生にポジティブなエネルギーを求めている。トランス・ミュージックはまさにそれを提供してくれる。」

 

TDJは、ダンスミュージックの幽玄な領域でメランコリーとほろ苦い陶酔感を融合させた世界を作り上げ、一躍脚光を浴びる存在となった。TDJことGeneviève Ryan-Martelは、前名義RYAN Playgroundでギターバラードの作曲やインディ/エレクトロニカなプロダクションの実験を経て、トランスクラシックやエモの生々しい感情に影響を受けながら、ジャンルを超えた芸術性を発揮している。

 

Casual Gabberzを通じて早くからフランスとの深い繋がりを築き、TDJとしての最初のトラック「Can’t Stop Ravin」を、彼らのクリスマスコンピレーション『Meilleurs Voeux III』に提供してデビューする。2022年にデビューミックステープ『TDJ123』をリリース。このミックステープは、彼女の初期の作品からのヒット曲と独占的な楽曲が緻密にブレンドされている。2023年に発表したEP『BACK TO 123』では、TDJが影響を受けたエレクトロニックミュージックの世界をより深く掘り下げ、さらにユニークな世界を積み重ねていく。8485、blackwinterwells、Panteros666、DJ HEARTSTRINGとのコラボレーションや、〈YEAR0001〉のコンピレーションアルバム『RIFT Two』に参加、Romy(The xx)のリミックスワークを経て、2023年10月にはTorusやNeggy Gemmyなどが参加したオーディオビジュアルシリーズ『SPF INFINI』の3作目を公開している。

 

https://spfinfini.world/

https://www.instagram.com/teedeejayyy/

 

 

 

TDJ – “Trance D​é​tente Jazz” Tour

 

03 Feb – Amsterdam / NL – Nachbar

16 Feb – Zürich / CH – Exil Club

22 Feb – Tokyo / JP – AVYSS, WWWβ

23 Feb – Seoul / KR – Shelter

01 Mar – Shanghai / CN – SYSTEM

02 Mar – Beijing / CN – Groundless Factory

08 Mar – Shenzhen / CN – Antigen Oil

09 Mar – Taipei / TW – FINAL

16 Mar – Poznan / PL – Schron

22 Mar – Berlin / DE – Bau Mich Auf Klub

31 Mar – Lyon / FR – Reperkusound

12 Apr – Paris / FR – Virage

27 Apr – Bourges / FR – Printemps de Bourges

04 May – Melbourne / AU – Xe54

05 May – Sydney / AU – Lost Sundays

10 May – Perth / AU – Barbes

11 May – Wollongong / AU – Heyday

17 May – Prague / CZ – FUCHS2

22 May – Edinburgh / UK – Sneaky Pete

26 May – Attard / MT – XXL

31 May – London / UK – Phonox

 

https://spfinfini.world/