酷暑を走破するサウンドクラッシュ|〈Texture〉Vol.2開催

ハードコア・サウンドと美学の折衷

 

 

6月に下北沢SPREADで開催され好評を博した〈Texture〉のVol.2が幡ヶ谷Forestlimitにて8月20日(日)に開催。フライヤーデザインはKazuma Watanabeが手掛けた。

 

ボイラールームスタイル・30分ごとのショートセットで”HARD”を追求するサウンド・クラッシュ的な趣向にフォーカスした今回のアクトには、総勢11名のDJが参加。alternadummy (KOMAvictim)、Eichi Abe (みんなのきもち)、elibebi、E.O.U、Etherion、illequal、拳 (liQuid)、Luna Woelle (Mizuha 罔象)、noripi、sine (KOMAvictim)、宇宙チンチラによる、酷暑を走り抜くためのハイエナジーなプレイが披露される。

 

当日の空間演出には〈saifa 砕破〉〈KOMA〉、FUJI ROCK FESTIVAL ’23のTohjiのステージングなどを手掛け話題を集めたyoh murataが参加。一過性のエネルギーの発散に留まらないハードコア・サウンドの美的感覚を探る。

 

 

2023.8.20 (Sun.)

Texture Vol.2

at 幡ヶ谷FORESTLIMIT

DOOR: ¥2000+1D

OPEN/START 17:30 / CLOSE 23:00

 

DJ (A-Z)

alternadummy

Eichi Abe

elibebi

E.O.U

Etherion

illequal

Luna Woelle

noripi

sine

宇宙チンチラ

 

空間演出: yoh

Flyer Design: Kazuma Watanabe

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more