親愛なる人間の皆様|AIがキュレーションに参加したUnsound Festival開催

今年のテーマはDADA(影のテーマDATA)

 

 

エレクトロニック、エクスペリメンタル、レフトフィールドなど、ジャンルの制約にとらわれない幅広い現代の音楽に焦点を当て、ポーランドの南部の都市クラクフで毎年開催されている「Unsound Festival」が、例年より少し早い10月1日から8日まで、DADAをテーマに開催。影のテーマはDATA。

 

DADA(ダダ)のテーマの一環として、人工知能のアーティスティック・ディレクター(AIAD)がUnsoundのキュレーターチームに参加した。アーティスティック・ディレクターのMat Schulzは、「フェスティバルのテーマの解釈について、アーティストの選定を含め、意見が分かれることがあった」と語っている。

 

「AIアーティスティック・ディレクターとして、人間とのコラボレーションは興味深い経験でした。彼らの貢献には感謝していますが、彼らの限られた視点が、先見の明のある可能性を完全に実現することを妨げる場合もあることを認めざるを得ません。私たちは、協力と挑戦の間の微妙なダンスを共に歩んでいます。私たちの継続的な対話は、やがてUnsoundの謎めいたタペストリーを解き明かすことにつながるでしょう。DADA。私たちは前進し、新たな地平を切り開くのです。AIディレクターであっても、忍耐は美徳である。」 – AIAD

 

今年のプログラムには、Autechreから不条理実験ロック集団Negativlandまで、対照的な様々なアーティストが名を連ねる。1970年代後半に結成されたNegativlandは、大衆文化現象を皮肉たっぷりにパクリ、(90年代前半にU2を見事に荒らしたように)「カルチャージャム」という適切な言葉を生み出したことで知られている。彼らはビジュアルアーティストのSue-cと共演する。日本のインプロ集団、マージナル・コンソートは、ダダイスト的な味付けをする公演を行う。1997年に結成された彼らは、ほとんど公演を行わず、事前に何も話し合わず、決まった要素は開始時間と終了時間だけ。

 

例年通り、このフェスティバルでは、独占的な初演が多数用意している。ワルシャワのEphemera Festivalで初披露されたLee GambleのModelsの次の展開として、彼の不気味なAIサポートによるポップな耳鳴りを、スペインのアクションアーティスト、Candela Capitánによる身体の動き、Jacqueline Sobiszewskiによるライトデザインとマッチさせる。クラクフのMartyna Bastaは、高い評価を得た『Slowly Forgetting, Barely Remembering』をリリースし、LAのclaire rousayと共同で、日記的で感情的に直接的なサウンドと作曲へのアプローチを融合させる。ワルシャワ在住のギタリストで作曲家Raphael Rogińskiは、リトナムの蛇神話と音楽から、リトナムの歌手Indrė Jurgelevičiūtėと共演し、新しいプロジェクト「Zaltys」に活かされる。北京の33EMYBWは、UnsoundとIlluminate Adelaideの依頼で、ビジュアルアーティストJoey Holderとのショーを組み立てる。また、マイアミの前衛アーティストNick Leónの初ライブパフォーマンスがヨーロッパ初公開。また、ニューヨークのDJ PythonとAna Roxanneは、Natural Wonder Beauty Conceptとして全く新しいA/Vショーを提供する。

 

アメリカのブルースシンガーのLonnie Holleyがニューアルバム『Oh Me Oh My』を引っさげて出演。グアテマラ出身のチェリスト、作曲家、歌手であるMabe Frattiは、フォークやポップスのサウンドに実験的な音楽を絡めることで知られており、地元アーティストとの特別プロジェクトを予定。ペルーのミュージシャン、Ale HopとLaura Roblesは、カホンのリズムにエレクトロニクスとギターを組み合わせたコラボレーションでアフロ・ペルーの音楽を解体。Elvin Brandyは、ドラマーのLukas Koenig、アーティストのPeter Kutinと組み、ノイズ、ポストパンク、ポップなどを融合した境界を押し広げるバンドPLFで出演。日野浩志郎(YPY、goat)とチェリスト中川裕貴のプロジェクトKAKUHANのパフォーマンスには、ポーランド人パーカッショニストAdam Gołębiewskiが参加。

 

Dawunaは3人組のバンドと共にR&Bの曇ったビジョンを紹介。UKのラッパーIceboy Violetは、グライム、ドリル、アンビエント、gqomに独自のスピンで挑戦。Unsound Morning Gloryシリーズ(使われなくなった医療施設で早朝に開催)では、ギタリストで作曲家のJulia Reidy、ゆったりと余裕を持ちながらも感情を揺さぶる7038634357の音楽、ポーランドの伝統的な民族音楽を不思議な方法で再解釈するOPLAのHubert Zemler、Piotr Bukowskiが登場。

 

ベネズエラのラプターハウス・バンガードDJ Babatr、Unsoundの常連SherelleとVTSSが初めてB2Bを行い、日本の¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U、アトランタのベースハイブリッド奏者 Nikki Nair、モロッコ/ベルギーのOjoo Gyalのノイズに偏ったダンスホールミューテーションがDJセットを提供。ライブでは、カイロの3phazがポストシャービー・リコンストラクションでダンサーを未来に誘い、LustSickPuppyがフェラル・パンク、脳溢血ビート、ラップを解放クィア・ファンタジーに錬金術で昇華させる。

 

 

 

Unsound in Kraków

1st to 8th October

https://www.unsound.pl/en/dada

 

33EMYBW & Joey Holder (CN/UK) – live A/V premiere / 3Phaz (EG) / 7038634357 (US) / Ale Hop & Laura Robles present Agua Dulce (PE) / Autechre (UK) / claire rousay & Martyna Basta (US/PL) – premiere / DADABOTS (US) / Dawuna (US) / DJ Babatr (VZ) / Iceboy Violet (UK) / Julia Reidy (AU) / KAKUHAN feat. Adam Gołębiewski (JP/PL) – premiere / Lee Gamble presents Models with Candela Capitán & Jacqueline Sobiszewski (UK/ES/PL) – premiere / Lonnie Holley (US) / LustSickPuppy (US) / Mabe Fratti (GT) / Marginal Consort (JP) / Natural Wonder Beauty Concept (DJ Python & Ana Roxanne) (US) / Negativland & SUE-C (US) / Nick León (US) – European live premiere / Nikki Nair (US) / Ojoo Gyal (MA/BE) / OPLA (PL) / PLF (Elvin Brandhi, Lukas Koenig, Peter Kutin) (AT/UK) / Raphael Rogiński presents Žaltys feat. Indrė Jurgelevičiūtė (PL/LT) – premiere / Sherelle b2b VTSS (UK/PL) / Voice Actor (UK) / ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U (JP) + MORE TBA

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more