冥丁が二十四節気をテーマにミニマルピアノアンビエント小曲集『室礼』をリリース

時の移ろいの抒情性

 

 

日本の文化から徐々に失われつつある、過去の時代の雰囲気を「失日本」と呼び、現代的なサウンドテクニックで日本古来の印象を融合させた私的でコンセプチャルな音楽を生み出す広島在住の作曲家。近年のアンビエント・ミュージックの特異点。冥丁が二十四節気をテーマに、ミニマル・ピアノ・アンビエント作品『室礼』をリリース。

 

日本古来の印象をモチーフにしたサウンドで脚光を浴びる音楽家・冥丁が、古の文化を現代に訳し、その概念を届ける”WARA“のために制作した小曲集。日本の伝統と感性を反映させた世界を創作する”WARA“の思想を体現する音楽として制作した本作「室礼(しつらひ)」。日本の四季をさらに6つに分けた暦「二十四節気」の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」をテーマに、時の移ろいの抒情性を表現。EPのタイトルとなった言葉「室礼」(※飾りつけること、設け整えること)。その概念を体現するように、間に重きを置きながら、冥丁自らがピアノを演奏、録音、そして細心の注意を払った編集とアレンジによって仕立てられた。繊細なピアノ・サウンドと自然音やエレクトロニクスなどの様々なテクスチャーがデザインされた4曲のトラックは、15分という短い時の中で、小さな変化を繰り返しながら小宇宙のように広がる。また、本作のピアノは、季節が変わるごとに新しい環境に囲まれる冥丁個人の存在のメタファーとしての役割も担っている。失われつつある日本の情緒を再解釈するという、冥丁の探求するテーマは根幹にありつつも、本作では、これまでの作品とは異なる新しい視点から、冥丁独自の音世界を垣間見ることできる。

 

WARA

 

“余白をしつらふ”

わらに触れることで 瞑想に近い感覚を覚える

時や場のみでなく心のしつらふことを大切に活動

わらのしつらひから茶の世界にいたるまで 余白の概念を届ける

https://www.instagram.com/wara_japan/

 

 

冥丁 – 室礼

Label : KITCHEN. LABEL

Release date : Feb 4th 立春

Stream : https://kitchenlabel.lnk.to/6rP8pFyR

 

Tracklist

1.立春

2.立夏

3.立秋

4.立冬

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more