ENG JPN

𝐈𝐂𝟓𝐋𝟒𝐕£がキャリア初となるMIX CD『躁鬱発狂破壊』を発表

DISCIPLINE PRODUCTIONより

 

 

東京・南小岩をREPするDRILL TRIO 「#SKI7」のメンバーとして活動し、過去には東京随一のカルトハードコアパンク「MOONSCAPE」にも在籍した𝐈𝐂𝟓𝐋𝟒𝐕£。名義をCVLTSL4VEから変更し、キャリア初となるMIX CDを、自身も所属する東京地下暗躍クルー「Discipline」のレーベル部門〈DISCIPLINE PRODUCTION〉よりリリースする。

 

血も凍る様な寒空に包まれた都市で繰り広げられる生と死の物語を紡ぐDRILL MUSIC…特にUK DRILLに主軸を置きつつ、DUBやINDUSTRIAL、果てにはCRUST COREを接続させる特異な美学は、決して安易に飛躍したクロスオーヴァーではない。表面をこじ開けて、その深層を覗いてみれば、ロンドン-東京-大阪を結びつける確かな線が見えるはずだ。そして、その繋がりを具現化するセンスは、RUDEとNERDの間に身を置き、電子化された情報だけでなく、街の片隅で囁く声たちに耳を傾けて続けてきたからこそ、培われたのだろう。

 

ここ数日、この街に降り頻る雨も、垂れ流される冗談の様なニュースを洗い流してはくれない。傷口は塞がらず、血は流れる。永遠の痛み、断絶。それでも明日は来てしまうという、当たり前の事実。そんなことを考えながらこのMIXを聴いている。引き締まった音像は、何よりも冷徹な手ざわりを感じさせるが、その脊髄には過去-現在-未来という時間の連なりの中でバラバラに散らばった、異なる側面を持つ魂たちが見事に調和し、熱を持ってひとつの流れを作っていることを感じる。ひどい出来事が繰り返されるこの世界にも、まだまだ知りたいことや大切なことが沢山あったということを、改めて思い出させてくれる作品です。

text by SHV

 

パンクを「パンクロック」ではなく何らかの思想、哲学、美徳として解釈したばかりに、飛び散った硝子の破片の上をのたうち回ることを強いられてしまったすべての血に塗れたPROTESTERに捧ぐ。

by 𝐈𝐂𝟓𝐋𝟒𝐕£

 

 

Artist: 𝐈𝐂𝟓𝐋𝟒𝐕£ 

Title: 躁鬱発狂破壊

Format: CD

Release Date: 2022/11/8

Price: ¥1500

Mixed by 𝐈𝐂𝟓𝐋𝟒𝐕£

Mastered by yori

Artwork & Design by Keigo Kurematsu

 

Tracklist:

Talk Whiff (feat. Jason Williamson) / Scorn

Balki / Lil Asaf & Khadije

The Sanctuary / Veiled

U.A.F.W.M. / Quay Dash & Sega Bodega

Jimmashin (Prod.kuroyanagi) / kuroyanagi (Pre.妖水)

Transience / Jaeho Hwang

outside (Golpe Mortal Remix) / DEAD BITCH

Don’t Give Way To Fear / British Murder Boys

Crime is the Highest Form of Sensuality / JS Aurelius

DEATHDRIVE / Iceboy Violet

London Ting // Dark As Fuck(ft le3 bLACK) / LORAINE JAMES

Parasites ft G19 NE68 / Varg2™

Big Shark / Russ Millions

Headshot / Suspect

Nu Ga Je Dansen / De Schuurman

Issa Revenge / CRYSTALLMESS & Nadsat

Youth of Today (D.O.D’s Murder Xtacy Remix) / D.O.D

AMON (RYOKO2000 Remix) / KLONNS feat HATE

Answer=Ch@os / Gloom

Nada / Vermilion Sands

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more