ENG JPN

James Kが2ndアルバム『Random Girl』を発表

親密さと痛々しさの異質な混合物

 

press shot by Sam Clarke

 

James Kのバージョンが生まれた。彼女は今、すべての策略を見抜くことができる。これが真実。彼女がガムを噛むとき、どのペルソナが噛んでいるのかはっきりしない。2013年の初リリース以来、入れ替わり立ち替わり、コスプレをし、あなたを孤独な夢に誘う。プロデュース、サウンド、フィルム、編集に精通してきた。クラブや劇場、作曲家、バンド、子供たちと一緒に演奏したり、DJをしたりと、快適に過ごしている。フランスのテレビ局、依頼された展示会、ランウェイでもスターとして活躍してきた。ハンブルグのDial、ロンドンのAD 93からリリースし、She Rocks!の運営も続けている。

 

高い評価を得ているが、コラボレーションが重要なのではない。KはRISDを卒業し、練習に練習を重ね、最終的には必要な箇所の皮膚をすべて剥がし、内側に文字を書き、再生し、歌うことができる。自身の音楽をプロデュースし、不屈の歌詞のための一時的な避難所を作る。その内容はここで確認することができます。それは、彼女の詳細な世界の一部に過ぎない。彼女が捨て去り、そして積み重ねる世界。

 

𝒮𝑜𝓂𝑒𝓉𝒾𝓂𝑒𝓈 𝓎𝑜𝓊 𝒸𝒶𝓃’𝓉 𝒽𝑒𝒶𝓇 𝓉𝒽𝑒 𝓌𝑜𝓇𝒹𝓈…

 

さて、そのような状態で彼女は宣言する。私は文化を始めた、私はすべてに先行している。しかし、そのような言葉には結果が伴う。

 

…𝓈𝒾𝓃𝒸𝑒 𝒶𝓃𝓎𝓉𝒽𝒾𝓃𝑔 𝒷𝑒𝓎𝑜𝓃𝒹 𝑒𝓋𝑒𝓇𝓎𝓉𝒽𝒾𝓃𝑔 𝓈𝒽𝑒 𝓌𝒶𝓃𝓉𝓈 𝓉𝑜 𝑔𝒾𝓋𝑒 𝓎𝑜𝓊 𝒶 𝒽𝒾𝓃𝓉…

 

静寂とスケートの神に引き裂かれそうになったとき、彼女はInciensoのためにアルバムを完成させることができた。その中で彼女は、過去の構文を永久に綴る必要があるとして、一人跨いで立っている。

 

…𝒾𝓉’𝓈 𝓃𝑜𝓉 𝓅𝓇𝑒𝓉𝓉𝓎 (𝒷𝓊𝓉 𝒾𝓉’𝓈 𝓅𝓇𝑒𝓉𝓉𝓎).

 

自分の人生を見下ろすのはどんな気分だろう?あのランダム・ガールはどれだけ散らばっているのだろう?James Kは科学的な方法、シャベルを使う。

 

最初に集められたのは、2014年から2018年の間に集められた、親密さと痛々しさの異質な混合物。まるで残酷な遊び場のゲームのように、Kは複雑なサウンドスケープ、声の操作、眩しいシューゲイズに満ちたトラックリストを、自作のノイズボックス、聴診器の喉声、エクスタシーでフェイクトロピカルの島の録音を壊してしまう。その結果、『Random Girl』は、少女時代の幼児化に対する声であり、表現の死と理解されるものと戦いながら、誠実さへの決定的な拒絶となる。記憶喪失になる前に、一口水を飲んでください。彼女が作る断片化された領域に耳を傾けてみてください。それは明日、あなたが考えていたこととは違うかもしれない。

 

 

 

James K – Random Girl

Label : Incienso

Format : LP / Digital

Release date : September 30th, 2022

 

Tracklist

1. alright

2. Eiv Mude

3. Bound, To

4. pretty song

5. Life Of A Fly

6. Don’t Walk On The Dunes (with Stefan Maier)

7. Marketa (with Drew McDowall)

8. Teen Cruelty (with Stefan Maier)

9. Tropical Island

10. Nude Volvo

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/09

DYGL interview

結成10年を迎えて共有されるバンドの現行ムード
 more

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more