ENG JPN

Gaul Plusが人生のエピソードEP『Soiled Ether』を発表

恋人、母、コミュニティに感謝

 

 

サンフランシスコを経由してブルックリンへ。母は「my tongue is a machine gun」という歌詞を、反射するオーブントースターに向かって熱唱していた。母は父とはNina Hagenとエクスタシー薬の治療効果についてしか同意していない。パンクスやヒッピー、ペイントされた大きなTシャツ、D N Bが混入された橋脚の最後の姿を横切ったり、回転したりしていた。Lebbeus Woodsの講義は、一見変わらない。なぜ彼はSFに移らなかった?そして、チャンネルUは私のビートに対する概念を変えた。その少し後、ジャパノイズのスピリチュアリティに対する轟音に打ちのめされた。これらはシーンではなくコミュニティなのだと悟った。このようなコミュニティに出会えたことに感謝している。

 

とにかく、このレコードは、私が初めて一日中音楽制作に没頭していた時に作られたものです。東京が恋しくてたまらなくなり、1992年から98年までの実験的なダウンテンポを延々と聴き続けていた。グラフは常に0.08。ありがたいことに、マシンと私には、メッセージを伝えるだけでなく、ちょっとした舌打ちや何かを連想させるような言葉を作り出す余地があった。誰もが人生のある時点でそのような余裕を持てることを切に願っています。でも、私にとってのメディテーションは、何もない空間を必要としない。

 

このEPはミツバチの物語。5つのトラックを通して、みなさんがキュートで仲介のない関係を一緒に見つけてくれることを願っている。この作品は、強制的にデジタル化された過程でのロードトリップ映画のようなもの。確かに私たちは今、電脳化されていますが、だからといって感性を鈍らせる言い訳にはなりません。問題は…。いつから冷静であることが望ましい性格特性となったのでしょうか?

 

感謝の時間。このエピソードのきっかけになったもの。なぜか慈悲深く無慈悲なGina Lee、私はあなたを愛しています。

 

My mom Saam Nomad/Sam and Sam/Gal/Tarwuk/Izumi Suzuki/Nancy Grossman/Coco Fusco/Claude Parent/Amagatsu Ushio/Alexandre Jouveaux/Soil Thornton/Gakuryu Ishii/Juergen Klauke/Tishan Hsu/Olivier Assayas

 

情熱的な友人たちと、彼らが育ててくれるコミュニティは、ただただ酔わせ、非常に思慮深いもの。この12インチが寓話として残るように、The Guardians of the Forestに寄付をお願いします。

 

 

Gaul Plus – Soiled Ether

Releases : April 15th, 2022

Mastering : Nicholas Kazazis

Distribution : Bedouin Records (ROW) & Kudos Records (UK)

 

Tracklist

01. Pierced Veranda

02. Pink-618

03. Soiled Ether

04. Fluttering Pod

05. Motorcycle Angel

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more