ENG JPN

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合

 

 

Media : The Face https://theface.com/

Text : Davy Reed and Ivan Guzman

Photography : Ivar Kvaal

 

Smerzのニュー・アルバム『Believer』の予告動画の中で、二人はノルウェーのヴィニエにある人里離れたコテージで作業を終える。メンバーの一人であるHenriette Motzfeldtは、洗濯ロープに洗濯物を干し、井戸から水を汲み、一方もう一人のメンバーCatharina Stoltenbergは、湖で水浴びをし、手で木靴を掘っている。そしてCatharinaは、Eckhaus Lattaの最新コレクションに登場しそうな格好で山登り。作品は、コテージコアのファッションフィルムのようでもあり、ちょっと変わった『大草原の小さな家』をも思い起こさせる内容だ。

 

「私たちは、今回のアルバムの予告動画を、その奥により大きなストーリーが隠されているような作品にしたかった。皆が目にしているのは、そのストーリーのほんの一部なの」とCatharinaがZoom画面の中から説明する。「参照の数々や各時代に行われていた様々な活動を全て混ぜ合わせて、それが一体何なのか判別ができないようにしたのよ。」

 

 

動画のティーザー(ニューヨーク在住の写真家Benjamin BarronとデザイナーBror Augustとのコラボレーションで制作された)では、『不思議の国のアリス』の実写版に出てきそうな、現実では見ることのないランプシェードの形をしたドレスがフィーチャーされ、ショットやサウンドのいくつかは、Ari Aster監督のホラー映画をほのめかす。未来感を出しつつも、参照の多くが19世紀から集められているようにも感じる予告動画。それはどことなく、Smerzが生み出す広大で殆ど不可解な音の世界への完璧な入門書のようだ。

 

2017年にEP『Okey』をリリース後、続く2018年には『Have Fun』を発表し、Smerzは二人の道を切り開いた。彼女たちのサウンドは、内向的でもあり、女の子っぽくもあり、そしてダークなダンスフロアを感じさせる部分も多い。『Believer』は、故郷のオスロの高校で出会い、2011年からコペンハーゲンで暮らしている28歳の二人にとっての新しい領域を感じさせる作品である。16曲を収録したこのアルバムは、彼女たちがこれまでに作った中で最も長いレコードであり、リスナーたちにとっては、もしかすると最も難解で興味をそそる作品と言えるかもしれない。

 

 

会話の中で、CatharinaとHenrietteは彼女たちが使う言葉に細心の注意を払っていた。私が小規模ながらも熱狂的で献身的なファンたちについて話をし始めると、彼女たちは気まずそうにしていた。ある熱狂的ファンは、SmerzのYouTubeのコメント欄に、”アルバム・オブ・ザ・イヤーの到来”と書き込んでいる。「私は地味な女子の一人。新しいSmerzが見れて、私は幸せよ」とコメントするファンも。彼女たちの存在は、一見カルト的熱狂を引き起こしているように感じるが、この控えめなデュオは、自分たちが大勢の前で演奏することよりも、スタジオで音楽を作っている方を好むこと繰り返し述べている。

 

 

『Believer』は、ノルウェーにある様々な人里離れたキャビンでプロデュースされ、歌詞のいくつかは森の中で書かれた。彼女たちがこれまでに製作したEPのように、この新たな作品は、時にクラブ・ミュージックに近い物を感じさせる。しかし彼女たちのサウンドは、少年合唱団の稽古と伝統的なノルウェーのフォーク・ダンスからインスピレーションを得て、より予測不可能に、そしてよりオーケストラっぽく進化。サウンドの殆どは、コンピューター化されたストリングス、ハープのアレンジメントを中心に作られており、不気味とも言える人口水晶体を通して牧歌的感覚を呼び起こす。そして「The Favorite」では、Henrietteが自身の見事なオペラの声域をより深く探索している。

 

一方で、彼女たちの参照の中には、よりコンテンポラリーなものもある。Smerzの音楽には、彼女たちのヒップホップとR&Bに対する愛が染み透っているのだ。「私たちは、50 Centを沢山聴いてた」とCatharinaは説明し、そこに「あと、Cassieもね」Henrietteが付け加える。「Rap Interlude」で、Catharinaはよろめくようなスポークン・ワードを披露。そして「Grand Piano」では、”I just need someone to be the one I’m about”と弦楽四重奏の上にラップを乗せている。

 

 

Smerzの二人は、大学へ通いながら『Believe』の制作作業を行なっていた。Catharinaはオスロ大学で数学の博士号を取得中であり、Henrietteはコペンハーゲンにあるリズミック・ミュージック・コンサバトリーで作曲を学んでいる。「私たち、二人ともちょっと数学的なところがあるの」とHenrietteは言う。「だから、最初は、厳密なテクニックを使って作業することをすごく楽しんでいた。でも、そのあとはそのアプローチからは離れていったの。」

 

実際CatharinaとHenrietteは、楽器初心者のためのYouTubeチュートリアルを見るという共通の好奇心を発見した後、一流の学究的環境から可能な限り遠く離れていく自分たちに気がついていた。「このお馴染みのシンプルさ、全てを剥ぎ取った表現というものに魅力を感じたの」とCatharinaは熱く語る。「簡潔さというものを取り入れて作業するのはすごく楽しかった」。学位というプレッシャーからかけ離れ、補足的なギターコードやピアノのメジャー/マイナーキーが段階的に説明されていくのを視聴するのは、ある種の喜びであっただろう。しかし、彼女たちは、そこにより深い何かを見出そうとしているわけではなさそうだ。「何か役立つことを学ぶためにチュートリアルを見ることは絶対にない」とHenrietteは主張している。

 

 

ジャーナリストとして、アーティストに”あなたの音楽はどんな音楽か説明してもらえますか?”と聞くのは不精だと感じるが、『Believer』の不思議な魅惑の要素を知るべく、私はこの質問を彼女たちに聞いてみる価値があると判断した。

 

「それは私たちが説明するべきではないの」と二人は一緒に答えた。「それは、あなた自身が見つけ出すことなのよ。」

 

 

Smerz – Believer

Label : XL Recordings

Release date : 26 February 2021

Order : https://smerz.ffm.to/believer

日本盤 : https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11668

 

Tracklist

01 Gitarriff

02 Max

03 Believer

04 Versace Strings

05 Rain

06 4 temaer

07 Hester

08 Flashing

09 The favourite

10 Rap interlude

11 Sonette

12 Glassboard

13 Grand Piano

14 Missy

15 I don’t talk about that much

16 Hva hvis

category:FEATURE

tags:

RELATED

FEATURE