ENG JPN

不穏と甘美が混交する未体験の冷たい快楽|Smerzの初来日公演が決定

5月27日 WWW

 

 

昨年、名門<XL RECORDINGS>からデビューアルバム『Believer』をリリースした、Henriette MotzfeldtとCatharina Stoltenberによる北欧ノルウェーの先鋭電子デュオSmerz(スメーツ)。表題曲「Believer」は不穏にシンコペートするビートと甘美なストリングス、醒めたヴォーカルが強烈な印象を残し、ビデオではノルウェーの民族的伝統と緑豊かな風景を絵画的スタイルで表現し、北欧が生んだ鬼才ラース・フォン・トリアー作「ドッグヴィル」のようなミニマルな演出を引用。夢と現実の狭間のような彼女たちの音楽を見事に映像表現に昇華した。

 

オスロの高校で出会い2011年にコペンハーゲンに移住してから共に音楽制作を始めた彼女たちの音楽は、コペンハーゲンのシーンと交わりながら(2019年に初来日したErika de Casierとも親交が深い)、ヒップホップやR&B、トランス、そして北欧の伝統的な民族音楽、オペラ、クラシックがシームレスに織り込まれ、最終的に全く未知の不思議なものに仕上がっている。その不穏と甘美が混交する未体験の快楽を生むSmerzがついに日本へ。5月28日-29日に長野県「こだまの森」で開催される野外音楽フェスティバル「FFKT」出演前夜の5月27日、WWWにて行われる初来日公演。

 

 

日程:2022年5月27日(金)

出演:Smerz

会場:渋谷 WWW

時間:open 18:30 / start 19:30

料金:¥4,800(税込/ドリンク代別/スタンディング)

問合:WWW 03-5458-7685

一般発売:4月26日(火)19:00

販売URL:https://eplus.jp/smerz0527/

公演詳細:https://www-shibuya.jp/schedule/014475.php

主催:WWW

協力:FFKT / BEATINK

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE