〈Yegorka〉からWhy Beの新作EP『Caged Animal』がリリース

Elias Rønnenfelt、Patrick Belaga参加

 

 

M.E.S.H.、 Lotic、KABLAMらがレジデントを務めるベルリンのイベント〈Janus〉主催のDan DeNorchと、Why Beによって立ち上げられたレーベル〈Yegorka〉からレーベル共同設立者Why Beの新作EP『Caged Animal』がリリース。

 

11月にはNadine Fraczkowskiが撮影したティーザー映像が公開されていた今作には、コペンハーゲン拠点で日本でも人気の高いバンドICEAGEのフロントマンElias Rønnenfeltと、チェリストでありコンポーザーのPatrick Belagaが参加。奥深いチェロのサウンドから始まる物語は、サンプリングを効果的に使用したフロア向けトラックが続き、Elias Rønnenfeltのボーカルをフィーチャーした幽玄な雰囲気の楽曲まで収録。

 

 

2018年からスタートした〈Yegorka〉は、Uli Kに始まり、bod [包家巷]、ToxeとMechatokによるプロジェクトEmirandaなどの作品をリリース。今年5月にはMechatokが手掛けたPCゲーム『Defective Holiday』のサウンドトラックをリリースしている。(ゲームを制作したのは上海拠点のヴィジュアルアーティストKim Laughton)

 

 

Why Be – Caged Animal

Label : Yegorka

Release date : 7 December 2020

Stream / Digital : https://fanlink.to/CagedAnimal-YGK013

 

Traklist

1. Impiety with Patrick Belaga

2. Smf Teaser

3. Impossible Drops1

4. Impossible Drops2

5. Parental Glide

6. Dragged with Elias Rønnenfelt

 

Mixed by Gil Schneider

Cover by Stewart Uoo

Mastered by Alexis Chan

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more