ENG JPN

エクスペリメンタル・ラップアーティストOHYUNGが最新アルバムから「i hate myself」のMVを公開

『PROTECTOR』より

 

 

SUPER DOMMUNEで開催されたAVYSS GAZE、CHINABOT、Eaatern Marginsによるコラボレーションパーティーにも出演したブルックリンを拠点にするエクスペリメンタル・ラップアーティストで映像作家のOHYUNG、今年4月に〈CHINABOT〉からリリースした最新アルバム『PROTECTOR』から自己嫌悪のメディテーションソング「i hate myself」のMVを公開。

 

アジア系アメリカ人のアイデンティティ、美しさ、ジェンダー、ボディイメージ、ディアスポラをテーマにしたアルバム『PROTECTOR』に収録されている「i hate myself」は、刻まれた自己嫌悪の呪文、イタリアンオペラのサンプル、サッドなシンセのフレーズ、渦巻くようなハープが絡みう楽曲。「コデイン漬けのトリップホップ」とも評されており、映像ではOHYUNG自身がディレクションと出演し、振り付けをVessels (Kris Seto + Shoey Sun)とのコラボレーションで手掛けられた。

 

 

また、今作が収録されたアルバム『PROTECTOR』は、現行エレクトロニックミュージックの他にも、K-POP、ナイトコア、AKIRAなどの映画のサウンドトラックなどから影響されているらしく、ハイパーポップ、トリップホップ、ノイズ・ガムラン、スクリューされたラップトラック、韓国歌謡カラオケのような甘いメロディとジャングル、アンビエントASMR、など様々な要素が実験的に融合したオルタナティブで破壊的な傑作。

 

 

OHYUNG – “PROTECTOR”

Label : CHINABOT

Release date : 8 April 2020

Bandcamp : https://chinabot.bandcamp.com/album/protector

 

Tracklist

1. jade cabbage

2. nba finals

3. spiral spiral

4. no one else (ft. charlie sheena)

5. wrapped in floral sheets

6. fucking pretty

7. fraud

8. shenme gui (ft.space meow doll, qing liberty)

9. i hate myself

10. ga ga ee (ft. hye yun park)

11. now i close my eyes the world i see is so beautiful

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/08/03

総合芸術から織りなすポスト・ヒューマニズム|MIRA新伝統 interview

AVYSSプレイリスト公開
 more

2022/07/21

ビットクラッシュのさらなる高みへ至る|Fax Gang interview

Discord・Rate Your Music発、ビットクラッシュ経由、そして未踏の地へ至る道筋
 more

2022/07/11

Swan Meatに10の質問|惑星の爆発が生むダイナミックな中世のレイヴ

ルーツを紐解くプレイリスト公開
 more