ENG JPN

Gobby、EZBによるプロジェクト・MūTが2nd EP『SanTanDer』を リリース

NYのレーベル・Primordial Void発

 

 

〈UNO NYC〉や〈HOSS Records〉からのリリース、Arca、Dean Blunt、Actress、Mykki Blancoなどのアーティストとコラボレーションやパフォーマンスを行うGobbyと、修正主義的なポップパンクから奇怪なサイコノイズなど様々なスタイルで実験的な活動を行うEZB。10年以上制作を共にしてきたNYのプロデューサー2人による初の本格的コラボプロジェクト・MūTが、 2nd EP『SanTanDer』を〈Primordial Void〉からリリースした。

 

長きにわたり一緒に音楽を作り続けてきた2人だが、社会的に離れていた時期もあったそう。その期間を経たのち、NYでの再会をきっかけにMūTを始動した。今回リリースされた 2nd EP 『SanTanDer』は、これまでの作品とは一線を画した仕上がりになっており、現在NYでワイルドかつ独創的な音楽を生み出している2人の雰囲気がしっかりと感じられる。 また、前作『self-titled predecessor』に引き続き、東海岸のエクスペリメンタル・ミュージックシーンでDIY的なヒーローの地位を確立したアーティストとして妥協を許さない姿勢とビジョンが本作でも示されている。

 

「このEPはGobbyが僕のアパートに住んでいた寒い冬の間に作られたもので、当時は夜通し一緒に仕事をしたり、逆のスケジュールでお互いにタッグを組んだりしてた。僕が夕方に作業したものを、朝には彼が調整してくれたんだ。」と、 今回の制作についてEZBは語った。10年前から出していたアイデアも曲中に取り込んでいるが、これらは意図的に作られたのではなく、MūTとして2人が一緒にいるときに生まれたものだと言う。

 

「MūTはお互いを完全に理解し、完全な信頼関係を築いた結果であって、僕たちは何年も離れていても共通の語彙を共有している。それは、毎日の単調な日々への苛立ちのサウンドトラックであり、今までにない友情の記録でもある。この『SanTanDer』は、その間に一緒に作った膨大な量の素材のうちの、ささやかな一片だ。」-EZB

 

 

EP『SanTanDer』 – MūT

Label Primordial Void

Now on listen

https://primordialvoid.bandcamp.com/album/santander

 

Tracklist

1. SanTanDer

2. Chump Change

3. Xylophobicactualization

4. The Happy Hour DJ

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2020/09/18

AVYSS GAZEが、JUN INAGAWA、BBBBBBB、Masatoo Hiranoとのコラボアイテムを公開

トレイラーや仮想世界URLも公開 more

2020/09/17

Mass Infection Virtual Gig Report

JUBEEがバーチャル空間で見せた新しいエンターテインメントの可能性
 more

2020/09/10

AVYSS GAZEが渋谷PARCOとSUPER DOMMUNEをバーチャル化してハイブリッドパーティーを開催

9月18日開催 more