ENG JPN

Baby Blueが2019年の最後に新曲「There Must Be More To Life」を発表

後日配信リリース

 

 

バンクーバーを拠点にするJulian BriggsことBaby Blueは、x/oやJS Aureliusらと共にエレクトロニック/エクスペリメンタルのシーンにおいて、注目の新興コレクティブ〈s.M.i.L.e.〉のメンバー。2016年にNYの〈PTP (Purple Tape Pedigree)〉から『Void Gate』を、今年に入り〈Ascetic House〉からデビューアルバム『Death of Euphoria』をリリースしている。

 

今回新曲「There Must Be More To Life」をサプライズリリース。現在Soundcloudで公開されているが、後日Spotifyなどでも配信されるとのこと。写真とマスタリングはugentが担当。また、先日フランスの〈ParkingStone〉からリリースされた3部作コンピレーションの第1弾『Dandelion1』にもAbyss X、Chino Amobi、CORIN、Crystallmess、Ziúr、IVVVOなど共にBaby Blueは「0d」という楽曲で参加している。

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2020/01/28

Marukido interview

闇とポップに向き合い続ける理由

 more

2020/01/27

「全く過去に結びつかない映画」|『ジェシカ』(原題:JESSICA FOREVER)review

今の感覚のカップルが作り上げた孤独な墓碑
 more

2019/12/28

「AVYSS ENCOUNTERS 2019」-DAY3-

2019年、印象に残った5曲 more