ENG JPN

ギリシャ神話とSFの間に|Ekmanの新作『A Pastime for Semi Gods』から「End Title」が公開

11月22日リリース

 

 

〈The Trilogy Tapes〉や〈Berceuse Heroique〉からのリリースでも知られるオランダの怪人Ekmanが、Salem Rashidが主宰する〈Bedouin Records〉から今月22日にニューアルバム『A Pastime for Semi Gods』をリリースする。

 

本作からアルバムラストに収録されている「End Title」をプレミア公開。”クラシックなギリシャ神話とSFの中間”と説明された作品は、歪んだキックと時にメロディを奏でる冷たい感触のシンセワークが、深く物悲しい霧の向こう側で途切れなく物語を展開。本作のアートワークはKei Sasaki、デザインはZodiak、マスタリングはGoth Tradが担当。

 

Pre-Orderはこちら

 

 

 

Ekman – “A Pastime for Semi Gods”
1. Open
2. Thinking Code
3. If Than Else
4. A Pastime for Semi Gods
5. Metamemory
6. Margin of Error
7. To See You This Way
8. No More Conditional Elements
9. End Title

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more