ENG JPN

Dasychira & Yikii interview

自分の秘密や真実に立ち向かう儀式

 

Dasychira’s photo by Sam Clarke

 

NY拠点のプロデューサーDasychiraが、FaltyDL主宰の〈Blueberry Records〉と、先日の来日ツアーも話題になったQUALIATIKも参加するコレクティブ〈UNSEELIE〉による共同リリースという形でデビューアルバム『xDream』をハロウィンにリリースする。ゲストにはMalibu、Embaci、Baby Blue、Vivek Menon、Yikiiが参加。アートワークはSwan Meatなどの作品も手がけるS.A Mayer、マスタリングはJesse Osborne-Lanthierが担当している。現在アジアツアーのDasychiraとアルバムにも参加しているYikiiにインタビューを行った。

 

 

– どんな子供時代を過ごしましたか?

 

Dasychira – 南アフリカで美しい幼少期を過ごしましたが、郊外のかなり保護されたような場所でした。両親が幼い頃からクラシック音楽に触れる機会を与えてくれて、6歳の時にはリコーダーのレッスンを始めていました。大好きな音楽の先生に、音楽をさらに追求するように勧められ、ピアノのレッスンを受け始めましたんです。母は、いつもこの話をしてくれるのですが、ある日ピアノのレッスンを終えて家に帰ると、『ドヴォルザーク交響曲第9番』のCDがほしいと頼んだのです。繊細で女の子らしい子どもだった私にとって初めてのアルバムでした。年をとるにつれて、少年時代のプレッシャーは関係ないと感じられるようになりました。そして、それを拒否したことで、学校の意地悪な子たちに悩まされるようになったのです。他の子どもたちや先生たちが私に対し抱いていた期待に添うように、優しさを昇華させなければならなかったように思います。

 

Yikii – 子どもの頃は、本ばかり読んでいました。両親が遊びに行くことをめったに許してくれず、インターネットが厳しく制限されていたので、ほとんど外の世界に触れることができませんでした。一人で家にいて、時間の大半をいろんな種類の本を読み、一人遊びをし、犬と一緒にいて、絵や何かを書いたりして育ちました。日々繰り返される現実の世界に織り込まれた鮮やかな記憶などはあまりないように思います。魔法が広く使われている中世であろうと、誰もが鉄の翼を持つことができるユートピアであろうと、網膜に映らないファンタジーの世界は信じられないほどのリアリティとなり得るのです。

 

– あなたのパーソナルなヒストリーを知りたいです。

 

Dasychira – ポケモン、特にゴールド、そして次はルビーにハマりました。お気に入りは、ゲームキューブ用にリリースされた『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』、ゲームは私の人生の大部分を占め、想像力を魅了しました。

 

Yikii – 私は毎日たくさんの夢を覚えておくことができます。

 

– どのように音楽を作り始めたのですか?

 

Dasychira – 他の作曲家の作品を練習している時の私は、一番ピアノができる生徒ではなかったのですが、私が即興するのが好きだということに先生が気づき、耳の訓練に集中させてくれました。私は家にあるアップライトピアノで小さな4小節を作曲していて、ピアノのレッスンの時間より早めに来ていた時、先生はレッスンを始める前に私が演奏しているのをこっそり聞いていたものでした。後に、友達の影響でロックに出会い、ギターとベースを弾き始めました。 14歳のときには”Poison Apple”というバンドに所属していました。まぁその後、何度かバンド名を変えましたが。Garagebandで曲を書いたり、録音したり、Cubaseでプロダクションを追加したりすることにのめり込みました。エンジニアリングへの関心が高まり、デモCDに付いている『Future Music』などの雑誌を購入しました。Ableton live 7のデモを入手してからは、これをメインのDAWとして使ってます。その後、友人とダブステップを作って、それからインディーポップ、そして最終的には今作っているような”keepsakecore”に至ります。

 

Yikii – 書くことが大好きで、歌詞を書いて音楽に外国語を入れるのが好きでした。子どもの頃にピアノを習い、よく自分で作曲していました。その後、コンピューターでGaragebandを使って自分の歌を作り始めたのです。作品が普遍的だと感じられるアーティストに憧れていたので、私も自分で歌詞、メロディ、アレンジなどを手掛け始めました。心の中心に存在する世界をずっと表現したかったことに気づいたのです。痛みを書くことで悲しみが解き放たれると、気分は詩的な要素に変わるのです。私にとって作曲することは人生で最も重要で本質的なことなのです。

 

 

– コラボレーション作品『Bubble Wrap Armor』について制作過程など教えてください。

 

Dasychira – Yikiiと私は、Facebookで友達になり、約1年前に交流を始めました。〈Quantum Natives〉で、『Gentle Nightmare 溫柔惡夢』という彼女のすばらしい作品を発見したんです。彼女の作品の誠実さと感情の深さに、泣き叫んだ後の安堵感と同じようなカタルシスを感じました。連絡を取り合った際、私は彼女の仕事がどれほど好きなのか、また彼女がコラボレーションに興味があればうれしいということを伝えました。ボーカルが必要だと思った「Pandora」という曲のデモがあったので、彼女にインストゥルメンタルを送ったら、ほぼ一晩で完璧なレコーディングを送り返してきたんです。ボーカルテイクがたくさん残っていたので、アルバムの他の曲、「Skitty」と「Scribble Chalk Drawing」に組み込みました。私たちはお互いにコラボレーションに向いていると、直感的に感じていました。やり取りを始めた当時は、私たちは二人ともひどい鬱状態だったんです。私たちにとって音楽とは共に希望を与えてくれた唯一無二な存在であり、さらにコラボレーションすることで、自分たちを元気づけることができることに気づいたのです。Yikiiは、「Future Tell」と「Faerie Circus Waltz」のために、まずデモを2曲送ってくれました。2曲ともすぐに形にする価値があるものだと確信したので数週間以内で完成させました。友情はますます深まり、手作りの物を送り合うようになりました。冬の寒さが厳しい日に、私は彼女に妖精の彫刻を送り、彼女は私に美しい手作りの宝石を送り返してくれました。お互いを支え合うことは、世界の暗闇の中での盾や気泡シートで作られた鎧のように感じられます。

 

Yikii – Dasychiraの音楽を初めて聴いたとき、まったく新しい世界、新しい次元、つまりDasychiraの音楽世界、とてつもなく大きく、多様で、生き生きとしていて美しいものに触れたように感じました。私にはDasychiraと共鳴する部分がかなりあります。私たちはお互いを理解し合っていて、完全に一心同体なのです。一緒に曲を書いているとき、多くのインスピレーションが自然に生まれてきます。最初は「Future Tell」で、私はまるで自分が自分ではないかのように感じます。書いているのに、魔法のように自然に私の手からこぼれ落ちるのです。最初はただの原稿だったのに、Dasychiraは正しく完全に理解し、完璧な形へと推測するのです。Dasychiraが最初のデモを完成させて送ってきたとき、とっても感動しました。この歌がこんな夢のような作品になるとは想像できてなかったんです。その時、私は、人生が希望を再燃させ、これほどすばらしい表現をともに作り上げることができるのだと感じました。この音楽は本当に素晴らしいんです。それから一緒に他の3曲を作りました。Dasychiraは常に私のアイデアを極限まで広げました。Dasychiraとの出会いは、私の人生で起きた最も幸せなことの1つだといつも感じています。

 

 

– デビューアルバム『xDream』のコンセプトを教えてください。

 

Dasychira – 『xDream』とは、子供の精神の”さらなる目覚め”です。この精神は子供のころに形成される内なる良心で、人としての基礎を築くものです。このアルバムには、成長する子どもの精神がどのようにして放たれるかが描かれています。それにより、外の世界のアイデンティティへの社会的圧力と期待に屈し、この精神が死ぬか消え去るのです。正しいことと間違っていることを伝える頭の中の小さな声を聞くのをやめると、人は、自分自身の一部を失います。私の場合、この精神は思春期に死んでしまい、タイムカプセルに閉じ込められました。『xDream』は、このタイムカプセルを開き、自分の秘密や真実に立ち向かう儀式なのです。

 

– 普段はどのような生活をしていますか?

 

Dasychira & Yikii – 音楽を作ったり、家で猫と遊んだりしていますね。

 

– 〈UNSEELIE〉など、あなたの周りのシーンについてはどう感じていますか?

 

Dasychira – 私は運がいいことに、作品の中でファンタジーを実現する才能にあふれ刺激を与えてくれるアーティストをたくさん知っています。〈UNSEELIE〉は、日常生活の魔法の領域を活用して、音楽、アート、パフォーマンスで魔法を増幅するプラットフォームのように感じられます。〈Genome 6.66 Mbp〉、〈s.M.i.L.e.〉、〈Lynn〉などの他の集まりは、周りにすばらしいコミュニティを形成し、似たような個性や経験の感覚を生み出し、最終的には夢を見る空間をもたらしてくれるのです。

 

– 理想の未来はどのようなものでしょう。

 

Yikii – もっともっとたくさん音楽を作り続けていくことです。

 

Dasychira – うん、同じです!

 

 

〈original〉

 

– Please tell me about your childhood.

 

Dasychira – I had a beautiful childhood growing up in South Africa, although I felt quite sheltered in the suburbs. My parents exposed me to classical music from an early age, and I started recorder lessons when I was six. I had a dear music teacher who inspired me to pursue it further and start taking piano lessons. My mom always tells me this story when I ran home one day after a piano lesson begging her for Dvorak’s New World Symphony on CD. It was my first album. I was a sensitive, effeminate child – and as I got older, the pressures of boyhood didn’t feel relevant to me – and my rejection of it resulted in torment from the mean kids in my school. I think I was forced to sublimate my gentleness to fit into the expectations the other kids and teachers had for me.

 

Yikii – My childhood was immersed in books, because my parents rarely allowed me to go out to play, and the Internet was strictly restricted, so I could hardly touch much of the outside world. I spent most of my time alone at home reading all kinds of books, entertaining myself, staying with my dog, drawing and writing things. It seems that there are not many vivid memories interwoven with the real world, which are repeated day after day. The fantasy world outside the retina, whether it is the medieval land where magic prevails or the utopia where everyone can have iron wings, can be incredible reality.

 

– Can you tell us about your personal history?

 

Dasychira – Playing Pokemon religiously, especially Gold and later Ruby. My favorite was the Pokemon RPG release on GameCube – Pokemon XD Gale of Darkness. Videogames are a big part of my life, and have captivated my imagination.

 

Yikii – i can remember lots of dreams everyday.

 

– How did you get into making music?

 

Dasychira – I wasn’t the best piano student when practising other composer’s pieces – but my teacher noticed that I liked to improvise and helped me focus more on training my ears. I used to write small four-bar compositions on my upright at home, and when I was early for piano lessons my teacher would sometimes eavesdrop on me playing them before we started. Later on, I got into rock from my friends and started playing guitar and bass. I was in a band called Poison Apple when I was 14 that went through a few name changes. I got heavily interested in songwriting and recording our songs in Garageband and adding additional production in Cubase. My engineering interest grew and I bought magazines like Future Music that came with these demo CDs. I got a demo of Ableton live 7 and it’s been my main DAW since. After that, I made dubstep with my friends, then indie-pop, and eventually, the keepsakecore I make now.

 

Yikii – I’ve always loved writing, to give a foreign language to songs to by writing lyrics, when I learned to play the piano as a child I often wrote my own music, then later on the computer using Garageband I began to make my own songs. I admired artists whose work felt universal, so I also began to write my own lyrics, melodies and arrangements. I realized that I had long wanted to describe the world that exists fully in my heart.. Whenever I write my pain and sorrow is released, the mood is turned into poetic notes, writing music for me is the most important and essential thing in life.

 

– Please tell me the process of production of “Bubble Wrap Armor” with Yikii?

 

Dasychira – Yikii and I began talking to each other about a year ago after we became Facebook friends. I discovered her genius release on Quantum Natives called Gentle Nightmare 溫柔惡夢. The sincerity and emotional depth in her work gave me that same cathartic feeling as the relief after an intense bout of crying. When we got in touch, I told her how much I loved her work, and if she was interested in collaborating I would be honored. I had a demo for a song called Pandora that I felt needed vocals – so I sent her the instrumental and almost overnight she sent me back perfect recordings. I arranged them into the song and still had multiple vocal takes left over, which I built into the other songs on my album she’s featured on, Skitty and Scribble Chalk Drawing. We both felt a natural collaborative chemistry with each other, and at the time we started to speak we were both in deep depressions. Our music together was one of the only things that gave us hope, and we realized that we could cheer ourselves up with more collaboration. Yikii first sent me two demos in the making of Bubble Wrap Armor, for Future Tell and Faerie Circus Waltz. There was so much immediate potential in both songs that we finished them within a few weeks. Our friendship blossomed deeper and deeper, and we sent each other handcrafted objects in the mail. In one of the coldest days of winter, I sent her a sculpture of a fairie, and she sent me her beautiful handmade gems back. Our support of each other felt like a shield in the darkness of the world, an armor made from bubble wrap.

 

Yikii – The first time I heard Dasychira’s music, I felt exposed to a whole new world, a new dimension, that is Dasychira’s own music world, extremely large, diverse, lively and beautiful. I have so much resonance with Dasychira. We understand each other and are completely interoperable in spirit. When writing a song together, a lot of inspiration naturally emerges. The first one is Future Tell, I feel as if I am not myself. Writing, but it naturally tilted out of my hand, like magic, initially it was just a simple draft, but Dasychira got the right idea and understood it perfectly and deducted it to perfection. When Dasychira finished the first demo and sent it to me, I was so touched. I couldn’t imagine that this song could be made into such a dream. At that time, I felt that life has rekindled hope and can make such wonderful expressions together. The music is really incredible. Then we made three other songs together. Dasychira always took my ideas to the extreme. I always felt that meeting Dasychira was one of the happiest things in my life.

 

– What is the concept behind your album “xDream”?

 

Dasychira – xDream is re-awakening of the child spirit, the internal conscience we form as children that creates the building blocks of who we are as people. The album addresses the way we let go of our child spirits growing up, allowing them to die or fade away by falling into societal pressures and expectations for identity for the external world. When people stop listening to the little voice in their head that tells them right and wrong, they lose a part of themselves. For me, this spirit died in adolescence and was locked away in a time capsule. xDream is a ritual of opening this time capsule to confront secrets and truths about myself.

 

– Usually what do you do?

 

Dasychira – Make music and hang out with my cat at home.

 

Yikii – Stay home with my cat and make music.

 

– What do you think about the scene that you’re a part of? UNSEELIE and more.

 

Dasychira – I am really blessed to know so many talented and inspiring artists who realize fantasy in their work. UNSEELIE feels like a platform to tap into the realm of magic in everyday life and amplify it with music, art and performance. Other collectives such as Genome 6.66 Mbp, s.M.i.L.e., and Lynn create an amazing community around them that encourage a similar sense of individuality and experimentation – and ultimately a space to dream.

 

– What are your hopes and thoughts for the future?

 

Yikii – Keep making more and more music.

 

Dasychira – Me too!

 

category:FEATURE

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/12/09

Loyalty XIX interview

暗闇と悪夢の美しさ
 more

2019/12/05

サイケデリックデザインの新潮流「Acid Graphics」デザイナーリスト150 vol.1

50組づつ、3回に分けて掲載 more

2019/11/23

Palmistry interview

本日11月23日、CIRCUS Tokyoにて来日公演開催 more