ENG JPN

『マトリックス 4』が制作決定|キアヌ・リーブスが主演を続投

ラナ・ウォシャウスキー監督・脚本・プロデュース。

 

 

アメリカのWarner Brosが、ウォシャウスキー姉妹が手がけたSF映画の金字塔『マトリックス(Matrix)』シリーズ第4作目の製作を発表。

 

シリーズ1本目の『マトリックス』は今年で公開から20周年。続編のリローデッドとレボリューションズは2003年に公開。『AKIRA』や『攻殻機動隊』からも影響を受けたとされ、その斬新な映像表現は映像革命とも称された。正式タイトル未定のマトリックス新作は、主人公ネオをキアヌ・リーヴスが続投。キャリー=アン・モスも再びトリニティを演じる。そしてシリーズ3部作の監督を務めたウォシャウスキー姉妹の姉、ラナ・ウォシャウスキーが脚本・監督・製作総指揮を担当。ウォシャウスキー姉妹は近年、Netflixドラマ『Sense8』でもその映像表現が話題になっている。公開日は未定。

 

category:FILM

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/11/21

ソウルのコレクティブ〈Free Collision〉のDohyotaが展開するアンダーウェアブランド「Dohyo」

ファーストルック公開 more

2019/11/18

Road to Thunderdome 2019

ハードコアを愛するレイバーたちの楽園
 more

2019/11/05

Malibu interview

鳥の群れ、海に降るチェロの豪雨
 more