ENG JPN

Lorenzo Senni率いるPresto!?から日本人コンポーザーTasho Ishiの組曲『Dentsu2060』がリリー ス

感動系組曲。

 

 

最近ではTriad Godの復活作でも話題だった〈Presto!? Records〉は、〈Warp Records〉所属で点描トランスと評されるLorenzo Senniが率いるレーベルである。

 

そんな〈Presto!? Records〉の新作は日本人コンポーザーTasho Ishiによる9曲入り感動系組曲『Dentsu2060』。Tasho Ishiは、BRF名義で〈BACON〉のイメージ音楽、〈 TOGA〉のランウェイ音楽の作曲などを手がけたことでも知られている。また。今作のリリースを経て、夏にはイタリア・ミラノでのリリースパーティー及びヨーロッパツアーも控えている。

 

購入はこちら

 

〈Tasho Ishi本人によるアルバムコンセプト及び楽曲解説〉

東京の建物、ファッション、イルミネーション、広告。それらによる不可抗力の刺激とストレスが無意識下に表出された「サイエンスファンタジーシンフォニア楽章」。9曲全てが異なるシチュエーションを想起させる楽曲で構成される「サウンド・トレンディドラマ」である。 表題曲「Dentsu2060」の後半部の演奏は、武満徹「ノーベンバー・ステップス」の演奏で知られる薩摩琵琶師、鶴田錦士の再召喚。超集団と超個人の精神イルミネーティブ交響曲。「Satoshi Nakamoto」は、中国深圳のドキュメンタリー、サトシ・ナカモトの表情、JG Ballard『Crush』を連想させる。意識膨張Erectile Dysfunction Funk。キックはここでは挿入されない。 「I Always Still Yakuza」は、パークハイアット新宿52階で録音された「ラグジュアリーフィールドレコーディング」である。映画『Lost in Translation』と同じ空間アンビエンス。トランスヤクザのポエトリー。「Children of Bodom」は、ヴァンゲリス調のオリンピックの聖火リレー風EDM(Electric Dream Muzak)。「Dentsu2060」は東京ルミナリエのような巨大なスケールの都市型エピックソング。万博、オリンピックで使われればいいなと思います。「Window of Honey Trap」は、Tinder Concreteのレガシーである。ハニートラッパー達が奏でる天使のささやき声と悪魔の嘲り声の自主オートチューン声楽、マクドナルドでのフィールドレコーディング、フォーリーなどで構成される超現代メロドラマ。そしてマキシマイズされたロマンチックシンドロームのリフレインが延々と続く。「Chase The Rainbow Bridge」は、レインボーブリッジからお台場までのドライブのために考案された。また漫画『イニシャルD』にもインスパイアされている。

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/07/18

『far go』by Norihito Hiraide

CVN / Koeosaemeの北米ツアーでNorihito Hiraideが撮影した景色。 more

2019/07/16

「CVN and Koeosaeme US/CAN tour」後編|photo by Norihito Hiraide

北米ツアーを写真で振り返る。
 more

「CVN and Koeosaeme US/CAN tour」前編|photo by Norihito Hiraide

北米ツアーを写真で振り返る。
 more