ENG JPN

Not WavingとJim O’Rourkeがコラボレーション

PowellのDiagonalから意外な組み合わせの12インチ。

 

 

2010年前後から、そのエクスペリメンタルかつエモーショナルな歌で良質な曲をアウトプットし続けたBanjo Or FreakoutのAlessio Nataliziaが2013年頃から始めたプロジェクトが、Not Wavingである。もちろん初期のEcstatic作品も素晴らしいが、何と言ってもPowellのDiagonalと合流してからの作品が振り切れている。

 

そんなNot Wavingが、大御所Jim O’Rourkeとコラボレーションした12インチがDiagonalからリリースされた。今回、Not Wavingが提供した素材をJim O’Rourkeがリワークする形で制作された長尺トラックが2曲収録されている。特にサイドAは、Not Wavingがアンビエントに寄った前作『Futuro (Music For The Waldorf Project)』に通じる楽曲だ。

 

現在12インチはBoomkatでオーダー可能。こちらから。

 

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more

2022/10/19

AVYSS Circle x NEWVIEW CYPHER REPORT – a子とe5のまなざしから

ライブ+AR体験レポート
 more